このウェブサイトはクッキーを利用し、アフィリエイト・リンクを含んでいます。サイトの使用を続けることで、プライバシー・ポリシーに同意したとみなします。

カントの超越論的哲学(00)目次

1997年9月1日

超越論的哲学は、超越的哲学や経験的哲学とどう異なるのか。超越論的哲学における超越とは、どこからどこへと超越することなのか。理論理性と実践理性は別なのか。カントの構成主義を行為論として解釈し、その行為の目的を問いつつ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書全体を、全体部分関係論としてのシステム論の視点から、再構築する。

『カントの超越論的哲学』の画像

1. 目次

  • 本書は、1997年9月に私が運営するウェブサイトで公開した電子書籍、『カントの超越論的哲学』の2019年における改訂版(Version 2.4)です。
  • 『純粋理性批判』からの引用は、慣例に従って第一版をA、第二版をBとして頁数を記し、それ以外のカントの著作からの引用は、アカデミー版全集の巻数と頁数を記して行う。
  • 本文では、氏姓のみを敬称抜きで表示し、人名に言及します。完全な氏名と人物紹介、術語の解説は、有料の電子書籍に記載しています。
  • 引用文中の[ ]は引用者による補足です。著作物の引用の出所は、右肩にある[数字]のリンクをクリックすることで参照できます。巻末までジャンプすることもありますが、その場合は、“↑”をクリックすれば、また元に戻ることができます。

2. 読書案内

カントの入門書や解説書は、山のようにある。私が学生時代に読んだ当時の定番は、

岩崎武雄『カント

であるが、最近のものとしては、

石川文康『カント入門

御子柴善之『カント哲学の核心

などがある。ユニークなアプローチをとっているカントの入門書としては、

坂部恵『カント

中島義道『カントの読み方

などがある。

入門書を読んで、ある程度問題意識を持ったら、カントの著作を直接読んでみよう。カントの名著は、哲学の古典中の古典なので、ドイツ語ができるなら、ドイツ語の原書を読んだほうがよい。まずは、主著である三批判書。

倫理学や法哲学に興味のある人は、

も読むべきだ。

3. 改訂履歴

  • 1.0(1997年09月):: ウェブサイト「超越論的システム論」の第一巻『カントの超越論的哲学』として、ウェブ上で公開。
  • 1.1(2005年03月):: ブログ「永井俊哉ドットコム」の書籍編の第一巻『カントの超越論的哲学』として、ウェブ上で公開。
  • 2.0(2014年12月):: 電子書籍として出版。導入節の全面的な書き換え、第一章第三節と第三章第二節でのアップデートなど。
  • 2.1(2015年01月):: 若干の内容訂正、CSS やフォーマットの変更など。
  • 2.2(2015年03月):: 第三章冒頭部の改変、表の画像化、表紙画像の改変、前付けの追加など。
  • 2.3(2015年11月):: 文中引用から文末引用への変更。ePub 3.0 対応。人名索引と用語解説を掲載。本文の加筆と修正。
  • 2.4(2019年12月):: 一部の図の入れ替えと若干の加筆と修正。