カントの超越論的哲学(00)目次

1997年9月1日

超越論的哲学は、超越的哲学や経験的哲学とどう異なるのか。超越論的哲学における超越とは、どこからどこへと超越することなのか。理論理性と実践理性は別なのか。カントの構成主義を行為論として解釈し、その行為の目的を問いつつ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書全体を、全体部分関係論としてのシステム論の視点から、再構築する。

『カントの超越論的哲学』のイメージ画像

1. 目次

2. 読書案内

カントの入門書や解説書は、山のようにある。私が学生時代に読んだ当時の定番は、

岩崎武雄『カント

であるが、最近のものとしては、

石川文康『カント入門

御子柴善之『カント哲学の核心

などがある。ユニークなアプローチをとっているカントの入門書としては、

坂部恵『カント

中島義道『カントの読み方

などがある。

入門書を読んで、ある程度問題意識を持ったら、カントの著作を直接読んでみよう。カントの名著は、哲学の古典中の古典なので、ドイツ語ができるなら、ドイツ語の原書を読んだほうがよい。まずは、主著である三批判書。

倫理学や法哲学に興味のある人は、

も読むべきだ。