このウェブサイトはクッキーを利用し、アフィリエイト・リンクを含んでいます。サイトの使用を続けることで、プライバシー・ポリシーに同意したとみなします。

社会システム論の構図(02)交換の社会哲学

1997年9月5日

交換とはコミュニケーションであって、物の移動は交換にとって本質的ではない。交換を媒介するコミュニケーション・メディアの分類から、認識・結婚・復讐を扱う第一章の構成を説明する。

『社会システム論の構図』の画像
このページは電子書籍『社会システム論の構図』の一部です。

第一章に入るにあたって、そもそも交換とは何かというところから話を始めなければならない。A と B を交換することは、A=B という等値を前提にするが、交換はたんなる等値ではない。等値以外に置換が必要である。実際「交換」は「置換」と同意に使われることがある。しかし車の部品を交換するとき、私はたんに古い部品を新しい部品で置き換えるだけであって、私と誰かが何かを交換するわけではない。だから社会システムにおける交換は、通常より狭い意味での、つまり他の意識システムの存在を必要条件とする交換でなければならない。

狭義の交換の直観的に分かり易いケースは、二つの主体 S1と S2との間で、所有物 B1と B2が、B1=B2と認定され、相互に移動し合う場合である。さて、いま S1が所有する鳥 B1が S1の腕から S2の腕へ、S2が所有する鳥 B2が S2の腕から S1の腕へ飛び移ったとしよう。この場合二羽の鳥は相互に自分の位置を換えたのであって、決して S1と S2が自分の鳥を交換したわけではない。反対に、B1と B2の物理的相互移動がなくても、S1と S2の間で所有権を交換する同意がなされたならば、B1と B2は交換されたことになる。ここから明らかなように、交換概念にとって本質的なことは、物の移動ではなくて、物の移動を可能ならしめる権利の間主観的相互承認である。

では、権利とは何か。権利とは、相互承認された自由である。ある物に所有権を持つということは、その物を自由にできるということである。しかし、その自由は、他者がその物に対して自由を行使しないことによってはじめて可能になる。その意味で、権利は義務を必要としており、自由は常に相互に制約し合わなければならない。もしも私が無制約な自由を持つなら、他者も無制約な自由を持つことになる。私は、詐欺、窃盗、強姦、殺人など、何でもできるが、同時に他者も私に対して何でもできる。そうしたホッブズ的な自然状態は、何でもできるにもかかわらず、否、それゆえに何もできない状態である。そこで、私たちは、無制約な自由ゆえの無制約な不自由から抜け出すために、相互に自由を制限し合う交換を行い、それによって制限された自由を可能にしているのである。

以上を要するに、交換とは、自由の相互制限による相互実現である。こう定義することで、交換概念を狭義の経済的交換から拡張し、経済システムだけでなく、文化システム、家族システム、法律システムといった他の社会システムにおいても適用することができるようになる。文化システムにおいては、例えば、言語を媒介とした意見交換がそうだ。もしも私たちが言葉を勝手に定義し、勝手に文法を作るなら、コミュニケーションは成り立たない。そうした自由を制限することで、他者と意見交換を行い、豊かな文化を作る上でより大きな自由を手にすることができる。家族システムを作る結婚も、相互に性的自由を制限することで、配偶者との性的関係を独占するという意味で交換である。法律システムは、認められた以上の自由を得た犯罪者に対して、例えば禁固刑を科すなど、自由を奪うことで罪と罰の等価交換を行う。

交換概念を拡張し、対応する交換媒体を求める試みは、これまでにもあった。パーソンズは、拡張された交換媒体を「社会的相互作用の一般化された象徴的メディア generalized symbolic media of social interaction[1]」と呼んだ。よく知られているように、パーソンズは、システム存続のために必要な機能的要件として、適応(Adaptation)、目標達成(Goal attainment)、統合(Integration)、潜在的パターン維持(Latent pattern maintenance)を挙げ、これら四つの要件を道具的/自足的(Instrumental/Consummatory)と外的/内的(External/Internal)という二つの区別を交差させて、以下のように分類している。象徴的メディアも、AGILパラダイムに基づいて、四つ挙げられている。

画像
パーソンズにおけるAGIL パラダイムに基づく象徴的メディアの分類

しかし、どのような意味で、権力や影響力や価値コミットメントが、貨幣と同様に、交換媒体、価値尺度、価値貯蔵手段となるのか不明瞭である。権力や影響力や価値コミットメントは、媒体を通して行われるが、それ自体では媒体ではない。

ルーマンは、パーソンズのメディア論を批判的に受け継ぎ、「象徴的に一般化されたコミュニケーション・メディア symbolisch generalisierte Kommunikationsmedien」を、以下のように、自我/他我(Ego/Alter)と行為/体験(Handeln/Erleben)の区別に基づいて、四種類に分類した。

画像
ルーマンによる四つの象徴的に一般化されたコミュニケーション・メディアの分類[2]

後で説明するが、ルーマンはコミュニケーションにおけるメディアと形式を区別しているのにもかかわらず、彼自身はこの区別に対してかなり無神経である。実はこの四つのうち、コミュニケーション・メディアと呼びうるものは貨幣だけである。真理や愛や権力はメディアではなくて形式である。メディアが何であるかは、それぞれ本章の第一節、第二節、第三節で説明する。

さて、この分類表は、自我/他我、行為/体験という二つのコードの交差から作成されている。行為と体験の区別について、ルーマンは以下のように説明している。

志向的な振舞は、その選択性が自発的システムにではなくて、システムの世界に帰せられるとき、かつそのときのみ体験と判断される。そして行為と見なされるのは、作用の選択性が自発的システム自身に帰せられるとき、かつそのときのみである[3]

ルーマンの分類は、こじつけという印象を受ける。例えば、一つ疑問点を挙げると、貨幣が媒介する売り手と買い手の非対称な関係において、自我がどちらの場合であっても、自我の選択は体験で、他我の選択は行為になるのだろうか。もしそうだとしたなら、行為と体験の非対称性が崩れてしまう。

パーソンズやルーマンによる分類の基準には納得しかねるのだが、四つの領域は、経済システム、法律システム、文化システム、家族システムの四つにほぼ対応しており、各システムごとに貨幣に相当するメディアが何であるかを考えることは有意義であると思う。以下の表で、私が提案する交換メディアをそう。

画像
パーソンズ、ルーマンおよび私が提案するメディア

四つの分野のうち、本章では貨幣については特に論じない。なぜなら経済的交換や貨幣についてはこれまでに経済学者が多くの研究をなしてきたからである。本章は、経済的交換をモデルケースとしつつ、交換論を他の領域へと拡張していくことを試みる。この試みを現在精力的に押し進めている。ブルデューが言うように、「売ったり買い戻したりする土地の流通、“貸し”たり“返し”たりする復讐の流通、嫁がせたりもらったりする女性の流通の間にある共通性、すなわち異なった種類の資本とそれに対応する流通様式の共通性を見れば、経済と非経済の二分法は破棄せざるをえない[4]」。

本章では、以下、第一節では文化システムにおける交換としての認識、第二節では家族システムにおける交換としての結婚、第三節では政治システムにおける交換としての復讐を取り上げ、交換メディアがダブル・コンティンジェントな複雑性をどのように縮減するかを論じる。

参照情報

  1. Parsons, Talcott. “On the Concept of Political Power.” Proceedings of the American Philosophical Society 107, no. 3 (19 1963): 232–62. などに見られる。“象徴的交換媒体 symbolic medium of exchange”と言われることもある。
  2. Luhmann, Niklas. Soziologische Aufklärung Bd. 2. Aufsäze zur Theorie der Gesellschaft. 1975. VS Verlag für Sozialwissenschaften. p. 175.
  3. Luhmann, Niklas. Soziologische Aufklärung Bd. 3. Soziales System, Gesellschaft, Organisation. 1981. VS Verlag für Sozialwissenschaften. p. 68-69.
  4. Bourdieu, Pierre. Le Sens Pratique. 1980. Les Éditions de Minuit. p.209.