6月 012003
 

現在日本では、売買春は法律で禁止されている。そして、多くの男たちは、「買春は悪だ」と、少なくとも頭では理解している。体が言うことを聞くかどうかは別として。では、この長く信じられてきた価値観に根拠はあるのか。はたして、「誰にも迷惑をかけずに、お互い自由意志で合意してやっているのだから、なーんにも悪くないじゃん」と開き直る売買春肯定論者の主張を、説得力ある理由を挙げて論破することは可能だろうか。いくつか候補を挙げて、その妥当性を検討してみよう。

image
多くの飾り窓が並ぶアムステルダムの赤灯街。オランダでは、こうした場所で合法的に売買春が行われている。”the Red Light District in Amsterdam” by Massimo Catarinella is licensed under CC-BY-SA

1. 性病防止説

売買春は、性病を蔓延させ、非嫡出子を産み出すので悪い。

この説によると、売買春というよりも、売買春を含めたフリーセックス一般が好ましくないということになる。もしも、セックスが夫婦間でしか行われないのであれば、性病は配偶者にしか感染せず、それ以上広がらない。これに対して、売買春がオープンに行われる場合、不特定多数の客を相手にする売春婦がスーパー・スプレッダーとなって、性病を蔓延させることがしばしばある。また、未婚女性が売春をする場合、避妊に失敗して非嫡出子(婚外子)を産むリスクがある。最初に思いつく「合理的な」理由はこんなところだ。

だが、こうした理由で売買春を法的に禁止することはできない。法律で売買春を禁止しても、アングラマーケットで売買春がはびこるだけである。それならば、公的機関が売春宿を経営した方が、性病予防や避妊用具の着用などが徹底されるので望ましいということになる。少なくとも、性病や避妊についての知識のない女子高生が、ふらふらと路上で援交オヤジを探す場合よりも安全である。また、暴力団などに流れていた金を、公共の利益のために使うことができるというメリットもある。

戦前の日本では、こうした理由から、公娼制度が作られた。にもかかわらず、戦後、公娼制度が廃止され、売春防止法が施行され、今日に至るまで「公営吉原」を作ろうという動きが政府に出てこないほどに売買春が忌み嫌われているのはなぜなのか。将来、着用を感じさせないほど薄くて、しかも絶対に破れることがない究極のコンドームが発明されて普及し、性病問題と妊娠問題が解決されたとしても、たぶん売買春が悪だという価値観が変わることはないだろう。それはなぜか。

ここで、「買春」という言葉を聞いただけで、目をつり上げるフェミニストに登場してもらって、御説を拝聴しよう。まずは、いかにもフェミニスト的な理由から見ていこう。

2. 経済的暴力規制説

買春は、男の女に対する経済的優位の象徴だから許せない。

たしかに、男が女より平均的に収入が高いからこそ、男は高値で女を買うことができる。ただ、売買春で男女間の経済格差が広がるわけではなくて、むしろ逆に小さくなるのだから、この命題からは、男女の経済格差を是正すべしという当為が帰結しても、買春を禁止すべしという当為は帰結しない。

3. 性的奴隷解放説

買春は、女を男へと隷従させる性的奴隷制度だからけしからん。

「性的奴隷」というのも、フェミニストたちがよく使うレトリックであるが、売春婦を奴隷扱いすることは奴隷制度に対する根本的な誤解である。奴隷は、24時間365日自由を持たないが、売春婦が自由を持たないのは、勤務時間中だけである。発展途上国には、性的奴隷に近い女たちがいるが、これは売買春というよりも人身売買であるから、別の問題である。ともあれ、日本の売春婦のように、生活のためにやむをえずではなくて、ブランド物を買うためとかプチ家出のためとかの理由で、時間の一部を売春に当てて金を稼ぐことは、いかなる意味でも奴隷的ではない。もしも日本の売春婦が奴隷なら、すべての労働者は、勤務時間中自由を失っているのだから、顧客の奴隷ということになってしまう。

結局のところ、フェミニストたちの攻撃の矛先は、買春の原因となっている男女の経済格差に向けられていて、女の売春行為そのものに対しては、フェミニストは意外と寛容であったりもする。実際、あるフェミニストは、女は売春してもよいが、男の買春は悪だなどと言っている。これは、「片手で拍手しろ」と言っているのも同然ではないのか。買い手を否定して、どうやって売れと言うのか。

ここで、フェミニストよりも、もっとピュアに売春を憎むロマンチストに登場してもらって、御説を拝聴しよう。

4. 愛情欠如説

売春は、愛がない金目当てのセックスだから卑劣だ

なるほどロマンチックだ。では、若い美人が、遺産目当てに、本当は愛していない年寄りの金持ちと結婚することは、卑劣な売買春として法的に禁止すべきなのか。これは極端な例だが、それにしても、経済的なことを考えずに、愛だけで結婚するカップルがどれだけいるだろうか。専業主婦志望の女性は、相手がハンサムかどうかよりも、収入が多いかどうか、あるいは学歴が高くて将来出世しそうかどうかということを重視するのではないのか。売春婦の中にも、趣味と実益を兼ねている人がいて、相手が好みのタイプだと、「ラッキー!」とか言って、愛のこもったセックスをすることもあるのではないのか。こうしたことを考えると、専業主婦は終身雇用の専属社員で、売春婦はパートタイムの派遣社員という就業形態の違いはあっても、ともに「セックスでメシを食う」という点では変わりがないということになる。いずれにせよ、愛があるかないかでは、合法的な専業主婦と非合法の売春婦を区別することはできない。

5. 人身売買防止説

売春は、体を物のように売るので、非人間的な職業だ

これもロマンチストがよく口にするせりふだ。性的奴隷解放説と似ているように見えるが、人身売買防止説が性と人格の分離を批判しているのに対して、性的奴隷解放説は人格までが性とともに売られることを批判しているのだから、立場が違う。では人身売買防止説は正しいか。答えは否だ。人身売買防止説を主張する人は、「商品=財」という誤解をしている。サービス業を考えればわかるように、物の移譲がなくても交換は成り立つ。しばしば売春のことを「体を売る」と表現するが、臓器売買のように、文字通り肉体の切り売りをしているわけではない。たんに肉体を用いたサービスを売っているだけである。そして、言うまでもなく、肉体労働自体は悪くない。では、売春は、客の肉体に触るから、汚らわしい肉体労働なのか。そうではない。マッサージ師は、売春婦と同様に、客の体に手で触れて、客に肉体的な快楽を与え、それで金を稼いでいるが、売春業のように「醜業」扱いされていない。マッサージ業との違いを強調するならば、人身売買防止説は次の段階に移行する。

6. 触穢防止説

売春は、客の性器と接触する肉体労働なので、猥褻で穢れた職業だ

なにやら中世の頃を髣髴とさせる差別的言説だが、もしもこうした触穢思想を応用するならば、医師や看護士も「猥褻で穢れた職業」ということになってしまう。例えば、女性看護士が、盲腸切除手術を受ける男性患者の秘部の剃毛をしたり、乳がんの検査と称して男性の医師が女性患者の乳房をもんだり、産婦人科の医師がヴァギナに手で触れたりなど、医療現場では、風俗店もどきの接触行為が行われている。私は行ったことがないのでよく知らないが、イメクラのメニューに「剃毛プレー」とか「乳がん診断プレー」とかあっても不思議ではない。にもかかわらず、誰も医師や看護士を「猥褻で穢れた職業」とは言わない。だから、売春と医療行為を区別するためには、触穢防止説は、「売春は、性的快楽を与えるために客の性器と接触する肉体労働なので、猥褻で穢れた職業だ」と書き換えられなければならないが、これは、「売春は、売春なので、猥褻で穢れた職業だ」というのも同然で、なんら理由を示したことにならない。

以上、売買春を悪とみなす様々な根拠を検討したが、いずれも説得力に欠けている。売春婦をすると経歴に汚点を残すとか、周囲から白い目で見られて精神的な傷を負うなど、世間が売春を悪とみなすことによる二次的な弊害を指摘する人もいるが、もちろん、それらは、売春が悪であることの一次的な理由にはならない。たまねぎの皮をむくように、一枚一枚見せかけの理由を剥いでいった結果、最後に残るコア、売買春に対する抵抗の最後の砦は何なのか。私がたどり着いた結論は、こうである。

7. 希少価値維持説

売買春の合法化は、セックスの希少価値を損なうので問題がある。

売買春の報酬は、他の職業で素人の女性が受け取る賃金よりも破格に高い。これは、セックスの希少価値が高いからであって、有用性価値が高いからではない。その証拠に、援助交際がブームになった時、素人の女子高生の方がベテラン売春婦よりも高値で売れた。なぜ、ベテラン売春婦とは違って、セックス・テクニックが皆無で、ただマグロやっているだけの、しかも体が未熟でおいしくない素人の女子高生が高く売れるかといえば、それは多くのオヤジが、「素人の女子高生は処女だ」と信じているからである。現在、オヤジたちは、これが幻想に過ぎないことに気がつき、「本当の処女」を求めて女子中学生を漁り始めている。オヤジが、これだけ処女にこだわるのは、言うまでもなく、経験者よりも処女の方が、希少価値が高いからだ。

もしも売買春が合法化され、売春婦になることが経歴上のスティグマでなくなると、現在よりも多くの女性が売買春市場に参入して供給過剰となり、売春料金は、通常のマッサージ料金と同じ水準にまで暴落するだろう。これは、麻薬を合法化すると、麻薬の価格が通常の薬の水準にまで暴落するのと同じことである。将来、性病防止説から触穢防止説で指摘した問題が解決されたとしても、すなわち、コンドームの技術革新のおかげで、性病が蔓延したり、非嫡出子が続出したりしなくなったとしても、男女の経済格差が縮まって、フェミニストたちがおとなしくなったとしても、売春婦に対する社会的偏見がなくなったとしても、否、むしろこうした売買春へのあらゆる障害がなくなればなくなるほど、そして素人が気軽に売春できるようになればなるほど、セックスの希少価値がなくなるので、希少価値維持説の問題は深刻になる。

規制緩和による価格破壊で打撃を受けるのは、売春婦だけではない。同じく「セックスでメシを食っている」専業主婦もデフレの危機に晒される。いつでも、安く、簡単に女を買うことができるようになれば、男たちは、もはや性的快楽のためだけに結婚する必要はなくなる。そうなれば、専業主婦志願の女性たちは大量に売れ残ることになる。では、女性たちが買春合法化反対を叫ぶのは、日本の稲作農家が、米の輸入自由化に反対する場合と同じで、規制緩和によって業界の既得権益が侵されることを恐れているからなのだろうか。

規制緩和で専業主婦が減るだけなら、何も問題はないし、むしろ女性の自立という観点からは望ましいと考える人もいるだろう。だが、セックスの希少価値が下がることによる弊害はこれだけにとどまらない。売買春を合法化しても、婚外交渉を肯定しない限り、既婚の男女は売買春ができない。結婚してしまうと、未婚の時のように、いつでも、安く、簡単に女を買う「セックス・オン・デマンド」が享受できなくなるということになれば、「子供も欲しいが、それ以上にいろいろな女と一生遊び続けたい」という選好を持つ男たちは、結婚しなくなる。そうすれば、そうした男が作るであろう子供の分だけ人口が減少する。戦前の日本では、妻が夫の買春を容認したために、公娼制度を作っても、あまり独身者を増やすことにはならなかったが、現在のように、妻が夫の不倫に寛容でなくなると、そういうわけにはいかない。

キリスト教徒が、売春だけでなく、オナニーや避妊や同性愛を禁止するのは、生殖を目的としない、性的快楽だけを求めた非本来的な性行為は、「産めよ、殖えよ、地に満てよ」という神の人間に対する祝福に違反するからだと考えることができる。キリスト教に限らず、性道徳の背景には、人口増加を善とする思想がある。婚前交渉を肯定して、結婚しなくても愛があればセックスができるようになれば、あるいは、売買春を肯定して、結婚しなくても金さえあればセックスができるようになれば、結婚するカップルが減り、それは結果として少子化を促進してしまう。

では、売買春がお金を媒介としない婚前交渉よりも嫌われるのはなぜか。それは、相思相愛の婚前交渉は、物々交換一般と同様に、「私が欲望する商品の所有者が、私が所有する商品を欲望している」という欲望の偶然的な二重の一致を必要とするために、成立が困難であるが、貨幣というコミュニケーション・メディアが媒介すれば、片想いでも簡単に交換が成立する、つまり、売買春は、婚前交渉よりも成立が簡単で、それだけセックスの希少価値をより大きく下げるからだ。

私の結論は、売買春の合法化は人口増加を抑制し、種の存続を危うくする(あるいは少なくともそう信じられている)から非難されるというものだ。もちろん、私たちは、本当に人口の減少が望ましくないのかどうかを疑わなければならない。日本をはじめとする先進国では、少子化が社会問題となっているが、発展途上国では、人口増加は悩みの種である。そうした国々に対しては、人口抑制政策の一環として、売買春を未婚の男女に限り合法化してみてはどうだろうかと提案したくなるが、発展途上国ほど、性病予防や避妊が不徹底なので、売買春の合法化は、性病の蔓延や意図せざる出産の増加をもたらしてしまう。ここに売買春合法化が直面するディレンマがある。

読書案内
書名買売春解体新書―近代の性規範からいかに抜け出すか
媒体単行本(ソフトカバー)
著者SEXUAL RIGHTS PROJECT
出版社と出版時期つげ書房新社, 1999/07

前半は、援助交際をめぐる上野千鶴子と宮台真司との対談。コミュニケーション・スキルがなくて、買春によってしかセックスできない男を「性的弱者」と位置づける宮台に対して、上野は、性欲を満たしたければ、マスターベーションしろと言う。後半では、藤井誠二のレポートが面白い。

書名性の商品化―フェミニズムの主張〈2〉
媒体単行本
著者江原 由美子
出版社と出版時期勁草書房, 1995/05

性の商品化に対するフェミニストたちの批判。疎外論や搾取論など、古臭いマルクス主義のイデオロギーをそのままフェミニズムに適用したような議論が目立つ。

書名売る売らないはワタシが決める―売春肯定宣言
媒体単行本(ソフトカバー)
著者要 友紀子 他
出版社と出版時期ポット出版, 2000/01

売買春肯定論者たちが、「売春は良いけれどもし、買春はダメ」と主張する上野千鶴子や「タイの女性は強制的に売春させられている」と主張する松井やよりや「売買春で他者が他者でなくなる」と主張する立岩真也など、著名人たちの浅薄な売買春否定論を批判する。

このページをフォローする
私が書いた本

  98 コメント

  1. “売買春はいけない。何故ならそれを合法化すると人口増加を抑制し、種の存続を危うくするからだ”
    この結論にはいまひとつ納得いきません。例えば合法化後のオランダでは有意な人口抑制が起きたのでしょうか。また例えば、或る女性が初のソープ勤めを決心して面接に向かう時間に襲われる、なにか「とりかえしのつかないような」喪失感や畏れ(想像ですが)を、説明できていないようにも感じます(二次的な原因が大きいというのはわかりますが)。
    私自身の意見は(まことに常識的なものですが)こうです。売買春はオモテ向き嫌われる。何故ならそれは貞操への期待を決定的にはみ出すからだ。詳しく言えば【セックスは愛、特に永続的な愛、少なくともそうありたいという意志、とのみ、交換すべきである。特に女子においてはそうである】なる価値観に、強く抵触するのである。
    これが公序良俗を(が?)支えるオモテの価値観であり、娘がAVに出演してると知った親の悲嘆も、親友がじつは現役ソープ嬢だと聞かされたOLの受けるショックも、ここに根拠があると思います。我が子が創価学会に入信したと知った場合、非創価学会員であればショックを受けるのが普通だと思うのですが、それと似ています。自分を(が?)支えるものと全く違う宗教、異質な価値体系の側へ行かれてしまう者の呆然自失。
    「それじゃ金目当ての結婚も法律で禁止すべきか?」というツッコミはふたつの意味で唐突です。
    ひとつ、永続的な愛の希求とはロマンチックな表現ですが、同時に非常に打算的・功利的な要請でもあります。すなわち永続的な協力関係(或いは扶養、庇護)への期待です。女は自らの性的価値をなるべく有効に使い高く売り、引き替えに幸福と安心を得るべし、と、良識の側は要するにそう命ずるのではないですか。
    もうひとつ、道徳(とか、慣習とか、無意識とか、親とか、市民社会とか、種としての繁殖戦略とか、体制とか、反体制とか、多数派とか、少数派とか)の見地から批判(、否定、拒絶)されることと、法律で禁ずべきかどうかとは別のことでしょう。まず批判さるべきかどうかを考え、そうだと結論が出た場合にのみ次の議題として、法的規制が必要かどうかを考えればよいのではないでしょうか。「金目当ての結婚ってど~なのよ」と「金目当ての結婚は法律で禁止すべきか」とでは全然違います。
    性交成立へのハードルは(ある程度)高く設定されてた方が世の中うまく行く、というコンセプト、さらに「つねにヤリたがる♂、ガードの堅い♀」という構図の中で、このハードルの設定は♀の側に多く期待されるという現実。
    種の存続という観点から見て、この価値観、及びこの構図には適合的意味があるのか。もちろんある(少なくとも、あった)と思いますが、緻密に論じる能力が私にないので、ここで終わります。たぶん「竹内久美子的に」説明できるでしょう。たぶん永井さんのおっしゃる「セックスの希少価値を守るべし」も、私の考える「セックスのハードルは高く設定されることを期待される」も、結論的にはそれとほぼ同じなのでしょう。また、「愛情は金銭よりもセックスの希少価値を担保する」といったくだりもよく理解できます。私としてはただ、このような(ヒジョーに常識的な通俗的な)思考回路からそこに行けるのに、このような(ヒジョーに常識的な通俗的な)考えが「なぜ売買春してはいけないのか」の中ではあっさり退けられているように見えるのが、不思議なのです。

  2. オランダは、1990年代には人口増加率が比較的高かったそうです。これは、ワークシェアリング政策によって、女性が働きながら出産することが容易になったからだと言われています。いずれにせよ、オランダが売買春を合法化したのは19世紀のことですから、因果関係はよくわかりません。
    売買春を合法化しているドイツでは、長い間人口増加率は低いままです。しかし、これも因果関係ははっきりしていません。人口は、様々な要因で増減するので、単純な議論はできません。社会科学は、自然科学のような比較実験ができないので、推測以上の結論は出ないのです。
    私が、結論に「少なくともそう信じられている」という但し書きを入れたのは、実際に人口抑制効果があるかどうかは別として、多くの人は「遊びのセックスが増えれば増えるほど、出産に結びつくセックスの割合は減る」と考えていることは事実であり、それゆえに売買春は非難されるのではないかといいたかったからです。
    直観的に理解できないということであれば、周りがまじめに働いている時に、自分ひとりだけ遊んでいて、後ろめたさを感じないかどうか自問してください。オナニーや遊びのセックスにはそうした後ろめたさがあって、罪悪感を感じるようになったのではないでしょうか。
    私は、「永遠の愛」という理念は、人口を大量生産しようとする近代資本主義社会が作り上げた恋愛結婚のイデオロギーだと考えています。不安こそが愛を燃え上がらせるのであり、安定は逆に愛を殺します。不倫が楽しいゆえんです。

  3. 最後のところだけわかりません。結婚をめでたいとみなし、なるべくなら永く続くようにと(少なくともオモテ向き)願うのは、人類にかなり普遍的な現象かと思っていたのですが、近代資本主義社会以降の特殊な現象なのでしょうか。
    “不安こそが愛を燃え上がらせるのであり、安定は逆に愛を殺します。不倫が楽しいゆえんです。”
    この「愛」というのは「情熱」と読み替えてもいいのでしょうか。だとするとよくわかりますが、売春の是非とどういう関係にあるのでしょうか。
    生活の安定と燃えるような情熱と、どちらが人口増大に役立つのか私にはわかりません。私の主旨は、性交成立のためのハードルがある程度高い方が「うまくいく」(逆に言えば、ものすごく気楽にセックスができるような社会は脆弱化するだろう)ということ、特に女子は自分の性的価値を「高く売る」ことを一般に(特に親に)望まれている、ということです。

  4. 近代資本主義社会に特有なのは、恋愛結婚です。「愛し合っているから結婚する」という恋愛結婚の理念が、たんなるタテマエにすぎないことは、愛がさめても、子供を育てるために離婚しない夫婦を社会が肯定していることを見れば明らかです。ホンネが、育児責任体制の確立にあるので、愛のない金目当ての結婚よりも、たとえ愛があっても、育児責任を果たさないフリーセックスの方が社会的には悪とみなされるわけです。

  5. 合法化され社会的に売買春が認められた場合、男性側の精神的な罪悪感も解消され需要が増えるのではないでしょうか?女性が売春を嫌がるのは社会的や道徳的な理由以外にも生理的に嫌な男性に触れられたり、単純にセックスが肉体労働である事があげられます。おそらく実際には女性の供給の増加率よりも男性の需要の増大の方が遥かに大きいと思われます。結果的には料金等の変動はあまり無いのではないでしょうか?
    そもそも男性は女性に比べ性欲が旺盛です。女性の卵子が1~2個/月に対して、男性の精子が数億/日と言う数字から考えれば、男性の性欲は一人の女性との生殖目的のみで考えれば明らかに過剰であると思われます。
    戦前女性達が夫の売春を黙認したのも自分一人では男性の性欲を処理する負担が大きいと判断しての事ではないでしょうか?あくまでも、夫婦同士の性交渉があり、その余剰分を売春で解消すると言う形です。
    性欲処理と生殖行為は別と考えるなら売春公認=結婚率激減には繋がらないと思います。男性が結婚に求めるのは性的な理由だけではなく、精神的支柱であったり、家事育児のパートナーである場合もあります。それらを考えると少子化とは結びつき難いと思われます。
    更には売春婦が共有であるのに対しと妻(不倫等はありますが)は独占契約を結んでいるのです。何故そんな契約をするのでしょう。おそらく男性の独占欲もあるでしょうが、他の男性と接触した女性と性交渉を持ちたくない、性欲処理とは別に自分だけの女性を確保したいとと言う気持ちが存在するからです。おそらくは日本の穢れ思想に由来するものでしょう。処女を求めるのもその思想の一形態ともとれます。
    個人的には合法化には賛成です。永井さんが述べたように売春には大きなメリットが存在するからです。(暴力団等の不法集団の資金、男女の経済格差減少、性犯罪の抑制etc)また不当に働かされている売春婦を保護する理由もあります。劣悪な衛生状態、借金等の理由による強制労働、経営者による給料のピンハネetcです。これらを改善するためには、まず売春を法で認め、その上で規制をしなくてはならないでしょう。
    少子化、人口爆発の問題では経済の理由が大きいと思われます。発展途上国では子供に面倒を見てもらうために、大勢子を産みます。その中の誰かに老後の面倒を見てもらうためです。仮に売春を永井さんの言う理想的な形(避妊、衛生の徹底)で実現したとしても、人口爆発は収まらないでしょう。そもそも女性を買うほどの余裕がないのでは?途上国の売春婦はどちらかと言うと金を持った外国人をターゲットにしています。
    日本の少子化にしても、不景気の不安感の表れでしょう。いっその事、公娼制度を復活し、お台場あたりに一大風俗ビルでも建てた方が経済効果で景気もよくなるかと思います。客は安全で低料金で利用でき、女性は上記の不当な理由に怯えず、利益は国の福祉に役立てる。・・・とまぁ、これは冗談です。ここまで行かないまでも合法化のメリットは大きいですし、一考の価値はあると思われます。

  6. 女性には性欲がない、あるいは少なくとも、男性ほど強い性欲はないという社会通念は、ビクトリア朝時代に作られた近代の神話です。つまり、女性が性欲など持たないかのように振舞うのは、文化的原因によるのであって、それが彼女たちの自然=本性とは言えません。
    一歩譲って、男性のほうが女性よりも本来的に性欲が強いと仮定しても、だからといって、売買春の合法化が、売春の価格を下落させないとは言えません。kanesukeさんは、価格は需給関係だけで決まるとお考えのようですが、現在の売春価格の少なからぬ割合は、リスクプレミアムによって占められており、需給関係がどうであれ、合法化によってリスクプレミアムが剥げ落ちる分だけ、価格が落ちるのは確実です。マッサージ料金と同じになるかどうかはわかりませんが、「同じ水準」にまでは落ちるでしょう。
    なお、売買春を合法化すると、「子供も欲しいが、それ以上にいろいろな女と一生遊び続けたいという選好を持つ男たち(すべての男がそうだとは言っていないことに注意!)は、結婚しなくなる。そうすれば、そうした男が作るであろう子供の分だけ人口が減少する」のだが、少子化の本来の原因は、もちろんこれとは別です。現在先進国で進みつつある少子化の原因は、産業の知識集約化であると私は考えています。

  7. 女性には性欲がない私には女性に性欲が無いとは言っていません。夫婦の性交渉の余剰で・・と言いました。確かに女性にも男性にも性欲に差は無いでしょう。ただ、体力的にはどうでしょうか?前回述べた通り、SEXは肉体労働になりえるのです。男性と女性がまともにぶつかった場合、女性側が負担を感じる・・・と言う事はないでしょうか?
    価格は需給関係以外にもさまざまな要因が含まれると思っています。特に経費については一考の価値があるかと思います。まず、SEXと言う行為の特性上、ある程度のスペースが必要かと思われます。利用する男性が増えた場合、場所を確保するためにある程度の経費がかかります。それにより利益が削られ、ある程度の価格の上昇が考えられます。(微々たる物ですが)これは風俗店でも個人の売春でも変わりません。
    第二に、避妊、性病対策。こちらは永井さんの仰る夢のようなコンドームがあれば解決しますが、更に安いと言う条件を加えなくてはいけませんね。
    第三に、これが一番大事なのですが、女性の給料です。希望者が少なければ(更に需要があれば)、給料はあがるでしょう。希望者が少ないのは永井さんの仰る社会的な問題だけなのでしょうか?私としては上記の女性にとって肉体労働になりえる事(特に風俗店では一日何人も相手をしますので)。更に精神的な負担もかなりのものかと思われます。
    例えるなら、男性の過酷な職業に「ダム建設現場」や「マグロ漁船」といったものがあります。どちらも売春に勝るとも劣らないほどの収入が得られます。また、社会的にも白い目で見られる事はありません。ですが、男性は殺到しているでしょうか?答えは明らかです。高給=魅力的な仕事とは言えません。
    確かに給料は良いのですが、ワリに合わないと言うのが売春をしない女性の本音ではないでしょうか?無論、それを無視してでもお金が必要だと言う女性もいますので供給はなくなりません。仮に供給過剰になり、売春価格が暴落した場合、安い上にキツいでは自然と淘汰されるはずです。女性の高給は不動かと思われます。
    以上の理由は経営の上で外せませんし、売春が合法化しようと変わる事はないでしょう。経費がかかる以上価格を上げなければ利益が出ませんので、変動はしないかと思われます。一時的に急落する事はあるでしょうが、最終的には同程度の値段に落ち着くはずです。
    なお、売買春を合法化すると、「子供も欲しいが、それ以上にいろいろな女と一生遊び続けたいという選好を持つ男たち(すべての男がそうだとは言っていないことに注意!)は、結婚しなくなる。全ての男でない。つまりその選好をもつ男性は一部であり、全体に及ぼす影響は微小なのではないでしょうか?また、中国のように一人っ子政策でもあれば別ですが、一人の夫婦に何人の子供が生まれるかは決まっていないのです。仮に夫婦が減っても子供の数が減るとは限らないのでは?
    永井さんは結論にてキリスト教を引き合いに出していますが、こと日本についてはそれをそのまま適用して良いものかどうか、疑問です。日本は農耕民族であり、「一粒万倍」は豊作の象徴として縁起の良いものでした。自然、性に対してもオープンになり、古代日本では祭りの際豊作を祝う(または祈る)ため、フリーセックスをしていたと言う説もあります。近代になってからも、夜這いと言う風習が残り、オープンでありつづけますが、それは儒教的価値観の抑圧により、女性の処女性が重視され婚前交渉が卑しいと見られるまではの話です。日本にはそういった土壌があり、また売春(プロに限ります)のメリットもある上で、売春を悪とする事になんの意味があるのでしょう。

  8. 「女は男よりも体力がない」というのも偏見です。男には瞬発力がありますが、女性には持久力があります。セックスにおいても、最初に力が尽きるのは男の方です。売買春産業で、売春婦は一日に何人もの客をさばくことができますが、男娼はそういうわけにはいきません。「本番なし」なら、マッサージ並みの料金で可能ですが、そうでなければ、接客のたびにバイアグラでも飲まないと商売にならないでしょう。女性の購買力が高まれば、男娼の価格は高くなるかもしれませんが、売春婦の方は、構造的に供給過剰になるため、価格は上がりようがありません。
    なお、私が言っているリスクプレミアムは経費とは異なります。売買春は、他の産業と比べると経費はかかりません。場所代も、男の部屋ですれば、ゼロに抑えることができます。私が高くなるといっているリスクプレミアムとは、確実にかかるコストではなくて、可能的なコストです。違法商品の価格が高くなるのは、現実的コスト以上に可能的コストが高いからです。
    イエスキリストは、仏陀とは異なって、性欲に対して寛容でした。キリスト教が性欲を罪悪視するのは、アウグスティヌス以降のことです。だから、文化論を持ち出すのは適切ではありません。
    結婚生活よりもプレーボーイを選好する男が、男の中の一部だからといって、どうしてそれが人口動態に影響を与えないと言うことができるでしょうか。もちろん、実際にどのような影響があるかは、実際に解禁してみなければわかりませんが、いずれにせよ、「私の結論は、売買春の合法化は人口増加を抑制し、種の存続を危うくする(あるいは少なくともそう信じられている)から非難されるというものだ」という命題の括弧内を無視しないでください。

  9. リスクプレミアムによって違法商品の価値があがると言うのは言い換えるならば「逮捕される危険がある」と言うリスクを飲んだ人間がそれに見合った利益を得ると言う事だと理解しますと、「男性の部屋に一人で行き襲われる危険」や「性病、妊娠の危険」、または「肉体的、精神的の負担を受ける危険」と言うのも考えられるのではないでしょうか?店舗の場合はこれらはある程度避けられます。(定期的検診や備品の充実、男性店員など)リスクを避けるための経費がかかるのです。ですが、個人の場合、これらを避けるにはある程度の経費がかかる、またリスクを飲めばそれに見合った報酬が受けられる。どの道、価格の引き上げを意味します。
    実際に解禁してみなくてはわからないと仰いましたが、制約が無かった時代はあったはずです。公娼制度廃止の前後で日本人の人口が著しく増減したでしょうか?寡聞ですが耳にした事はありません。現代とは社会的情勢も違い、容易に比べられるものではないでしょうが、短い期間でも変化が起こらなかったと言うのは直接的な関係は無いとの理由ではないでしょうか?
    また、貴方の主張である「人口の増加が善であり、それを阻害する売春は悪である」と信じる人達が居るとして、彼らの主張を極論にまで発展させるとすると「無差別な性交渉による人口の急増」例えば集団レイプなども善になってしまうのでしょうか?
    これはまさに極論で、行き過ぎと言われるでしょう。ですが、ここで思い当たるのは善と悪の両極である二つがどちらも禁じられていると言う事です。これはこの二つを悪とする別の部分での論理があるからではないでしょうか?それは「自己抑制」(もしくは禁欲)かと思います。自分をコントロール出来る人間を理想とする思想ではないでしょうか?例えば、中国では悪い君主の第一条件は「好色」であると言われています。いかに立派な仕事をしようと我を忘れて女性に溺れるような人間は君主たる資格はないと言う理由です。
    この理屈で考えるならば、永井さんが書き出しで書いた「頭では理解・・・体は別として」も説明出来ます。頭では「女性を金で自分の思い通りになんて」と考えても体は欲望に任せてしまう。そんな自分が情けなく罪悪感を感じる。二日酔いのような後悔みたいなものです。
    こちらの方が素直に納得できるような気がします。「人口増加を抑制し、種の存続を危うくする(あるいは少なくともそう信じられている)から非難される」というのは「セックスは愛ありきである(あるいは少なくともそう信じられている)から売春を非難する」ロマンチストとあまり変わらないような気がします。どちらも特定の人間の思想であり、社会全体の人間(あるいは世界)に影響を及ぼすほど市民権を得ているとは思えません。むしろもっと潜在的な「暗黙の了解」のようなものが影響するのではないでしょうか?

  10. 企業はリスクプレミアムを保険で低くすることができます。違法ビジネスは保険に入ることはできません。だから、リスクプレミアムが高くなるのです。
    戦前の日本については、本文で言及しています。もう一度よく読みましょう。念のためにもう一度引用すると、「戦前の日本では、妻が夫の買春を容認したために、公娼制度を作っても、あまり独身者を増やすことにはならなかったが、現在のように、妻が夫の不倫に寛容でなくなると、そういうわけにはいかない」。
    レイプについて言えば、子供がたくさん生まれるということと人口が増えるということは同じではないことに気をつけなければなりません。非常に豊かな国以外では、レイプで産まれた子供は、成人になる前に死亡する確率が高い。責任持って育てる親がいない子供ができると、資源を浪費する分だけ人口の増加を抑制します。
    なんでも禁欲すれば、尊敬されるというような「心情倫理」は支持できません。特に、法を定める時には、結果を考慮した「責任倫理」が必要です。

  11. 永井さんは売買春合法化によって、素人の売春が増える為、価格が落ちると言う論旨の事を言っていませんでしたか?私は個人レベルでの売春の話をしていたのですが・・・。
    「戦前の日本では、妻が夫の買春を容認したために、公娼制度を作っても、あまり独身者を増やすことにはならなかったが、現在のように、妻が夫の不倫に寛容でなくなると、そういうわけにはいかない」。
    ここは良く読んだ場所です。ですが、何故戦前の妻達が買春を容認したか?と言う部分が欠落していると考えます。その理由によっては現在にも適用できるのでは?と思います。つまり、妻達が不寛容になった理由を見つけ、それを否定する事で戦前と同じ状況を作り出せるのでは?
    「責任持って育てる親がいない子供ができると、資源を浪費する分だけ人口の増加を抑制します。」
    資源が足りず(栄養失調等)、死んでいく子供に売春によって余計な子供が増えない為、資源が回ると言う論理も成り立つのでは?出生率は下がりますが、生存率が上がると言う事です。
    「なんでも禁欲すれば、尊敬されるというような「心情倫理」は支持できません。特に、法を定める時には、結果を考慮した「責任倫理」が必要です。」
    私が言いたかったのは人々の根源にそのような思想があり、それによって悪であると定められていると言いたかったのです。法律と道徳は一致するとは限りません。法律はあくまで手続きの話ですから。

  12. 保険は、企業だけでなく、個人も入ることができます。
    戦前、妻が夫の買春に寛容だったのは、当時はまだ恋愛結婚が普及していなかったからです。親に言われて嫁に行くというケースがほとんどでした。現在の妻が夫の婚外交渉に寛容でないのは、恋愛結婚が普及したからです。少なくとも建前上は、結婚は愛の結合となり、愛は排他的だから、婚外交渉は認められないのです。
    「売春によって余計な子供が増えないため、資源が回るという論理」は、多産多死の発展途上国では有効です。しかし、発展途上国ほど、性病予防や避妊が不徹底なので、売買春の合法化は、性病の蔓延や意図せざる出産の増加、すなわち資源の浪費をもたらしてしまいます。
    道徳のレベルでも、禁欲としての自己抑制は必ずしも美徳ではありません。親が、子供への愛を表現したいという自然な欲望を抑制し、その結果、子供が親から愛されていないと感じて非行に走る時、人々は親の禁欲を非難します。欲望を満たすことは、道徳上でも必ずしも悪いことではありません。

  13. 「保険は、企業だけでなく、個人も入ることができます。」
    個人ももちろん入れますがそれでどのようにリスクを補填するのかが疑問です。企業の場合、娼婦がどのような事になろうと「損失」で済みますし、保険金による補填も可能です。ですが、個人の場合被害を受けるのは当事者である娼婦になります。例えば、切り裂きジャックのような娼婦を狙った連続殺人犯に襲われたり、誘拐(アジアや発展途上国では珍しくありません)、不合意の行為の強要等の被害にあった場合、保険がどのような形でリスクを減らすのでしょうか?企業であるならば、例えば監視人(怖いお兄さん)を置く事が出来ますが個人ではコストの面で行っても無理です。自然、安全に(かつ利益を出すには)売春をする為には企業に所属する他無く、個人レベルでの娼婦の増加は無いと思われます。以前、場所の問題を出した時、永井さんは「男の家で」とおっしゃいましたが、見知らぬ男の家に行く事がどれだけのリスクを伴うか?を見落としていらっしゃいます。実際、店舗型の風俗よりも出前型の風俗の方が料金が1.5~2倍近く割り増しになっています。部屋代等のコストを削減しているにもかかわらず料金が増していると言うのはつまり、男性の家に出向く事が娼婦にとってどれだけリスクが高いかを示しています。
    「親に言われて嫁に行くというケースがほとんどでした」
    これは武士や貴族等の上流階級のみで、庶民の方ではむしろ「夜這い」などをして相手を自由に見つける事が出来たと思われます。また時代によっては貴族でも相手の家に「逢瀬」しに行くというのが一般的であった時代もあります。現代よりも恋愛に関して奔放であったのです。親が結婚相手を決めると言うのは政治的に皇族に近づき権威を得ようとするか、戦国時代のように相手国との関係のために血縁を結ぼうとするなどです。どちらも一般市民にはあまり関係の無い話です。親が絶対的な権威を持つ家父長制度が固まったのは武家社会、しかも平和が続き武士の意義が問われた江戸時代中期あたりからで、それ以前は親の許可は必要でも相手を決めると言うことは(一般レベルでは)無かったはずです。
    「少なくとも建前上は、結婚は愛の結合となり、愛は排他的だから、婚外交渉は認められないのです。」
    恋愛結婚が愛の結合なら、親が決める結婚は家の結合です。仮に永井さんが仰る通りに妻が黙認しても親戚一同が文句を言うでしょう。個人レベルの恋愛ではなく、「家」と言う集団レベルでの契約ですから、それだけさまざまな圧力がかかるわけです。
    「道徳のレベルでも、禁欲としての自己抑制は必ずしも美徳ではありません。親が、子供への愛を表現したいという自然な欲望を抑制し、その結果、子供が親から愛されていないと感じて非行に走る時、人々は親の禁欲を非難します。欲望を満たすことは、道徳上でも必ずしも悪いことではありません。」
    親が子供を愛さないと言う道義的理由が見当たりません。親が子供のために尽くすと言うのは欲望ではなく、「献身」・「自己犠牲」です。一歩譲り、欲望であったとします、思う存分愛情を注ぎ子供を甘やかして育て、わがままな人間に育った場合もやはり非難されるはずです。「量」の問題ではなく「質」の問題です。

  14. 保険がリスクの分散になるのは個人でも法人でも同じことです。また通勤途中に襲われるなどのリスクがあるのは、派遣される女性マッサージ師でも同じことです。ゆえに、売買春が合法化されると、売春料金は、通常のマッサージ料金と同じ水準にまで落ちるという命題に変更はありません。
    戦前の話がいつの間にか江戸時代以前にまで広がりましたね。江戸時代の農村で行われていた夜這いでは、重婚が当たり前だったから、浮気や不倫に寛容だったというよりも、そうした発想すらなかったといえるでしょう。明治維新以降、結婚制度が確立しても、男たちは、妾を囲うことを「男の甲斐性」と称して自慢していたというのですから、恋愛結婚が主流の今とは大違いです。
    禁欲の道徳に、「道義的理由」を付加しましたね。これを付け加えたら、論点先取になります。ただ、「禁欲が必ずしも道徳的に善ではない」ということは理解してもらえたようですね。

  15. “保険がリスクの分散になるのは個人でも法人でも同じことです。また通勤途中に襲われるなどのリスクがあるのは、派遣される女性マッサージ師でも同じことです。”
    リスクを分散させる事は出来ても、回避・抑制は出来ないと言う事です。誘拐・殺害されそうな場合、保険金でどのようにリスクを回避出来るのか?と聞いたつもりなのですが・・・。マッサージの場合、男性が来る場合があります(選べる場合もありますが)が、風俗の場合女性のみです。自然、女性を狙った犯罪の標的にされやすくなります。逆に見知らぬ女性を家に呼ぶ事で美人局の被害の増加も考えられます。これも個人売春の需要を下げ得る要素かと思われます。
    また、マッサージの場合でも派遣と店舗ではやはり派遣の方が割高です。マッサージ・風俗の別なく価格は上がります。マッサージに同意の上では無い行為が起きた場合、それは全て強姦で犯罪になりますが、個人売春の場合、元々が性交と言う目的で行われる為、同意・不同意の線引きが曖昧になりやすくまた、線引きしたとしても女性側に抗う術が無いと言うリスクが生じます。結論「価格が高く、犯罪の温床となり易い個人売春には、男性・女性ともに近づき難く、今までどおりの企業型売春がメインとなる」
    また、個人売春と企業売春の違いとしては、個人は特に時間・人数のノルマ等はありませんが企業型の場合は、勤務時間内は客がついたら、如何に疲れていようと相手をしなくてはならないと言う条件が付きます。永井さんは、一日十人でも捌けると仰っていましたが、可能であるのとそれが楽であるのとは話が違います。やはり重労働である事に変わりは有りません。
    “明治維新以降、結婚制度が確立しても、男たちは、妾を囲うことを「男の甲斐性」と称して自慢していたというのですから、恋愛結婚が主流の今とは大違いです。”
    江戸時代まで話が飛んだのはそれまでは、日本において不倫・売春等に抵抗が無かったと言うのを説明する為だったのですが、江戸時代の農村は共同体内で男女を共有すると言う考え方があり、夫婦と言う制度自体がなかったと言うのは私の勉強不足でした。申し訳ありません。
    ここで一つ疑問が出来たのですが、不倫=売春は成り立つでしょうか?不倫の場合、両者には恋愛関係が成り立ち、恋愛によって成立する結婚(恋愛結婚の場合)を脅かすと言うのは疑う余地が有りません。ですが売春の場合、両者に有るのは「金銭のやり取り」であって、恋愛関係は成立していません。であるならば、結婚に影響を与えるものではないと思われるのですが。(民法において、既婚者の他の異性との性交を禁ずるとの旨の条文がありますが、ここではない物としてください。「既婚者の売春が違法なのは、民法で条文があるからだ」つまり「違法なのは違法だからだ」と言う無限循環になりますので。)
    “禁欲の道徳に、「道義的理由」を付加しましたね。これを付け加えたら、論点先取になります。ただ、「禁欲が必ずしも道徳的に善ではない」ということは理解してもらえたようですね。”
    わかりました。「道義的理由」抜きに説明しましょう。「道徳のレベルでも、禁欲としての自己抑制は必ずしも美徳ではありません。親が、子供への愛を表現したいという自然な欲望を抑制し、その結果、子供が親から愛されていないと感じて非行に走る時、人々は親の禁欲を非難します。欲望を満たすことは、道徳上でも必ずしも悪いことではありません。」人々が非難したのは、愛情を注がなかった禁欲についてではなく、子供を立派な成人にすると言う「親の義務」を怠ったからです。欲望の定義についてですが、私は「利己的な行為・考え」と考えます。この場合は、親は子供を育てると言う社会的義務よりも個人的な考えを優先した為、欲望を満たしたと考えられ非難されます。

  16. 「売買春が合法化されると、売春料金は、通常のマッサージ料金と同じ水準にまで落ちる」という私の主張にようやく合意してくれましたね。買春が不倫なのかどうか、つまり愛の排他性を原則とする恋愛結婚の理念を損なうことがないのかどうかは、自分の(将来の?)奥さんを実験材料にして試してみてください(なお、この実験から損害が発生しても、補償しませんので悪しからず)。行為は、利己的か利他的かの二つに単純に分割できません。買春は、貧しい少女を飢餓から救うのだから、利他的行為でもあるという理屈も成り立ちます。さらに、市場経済では、利己的行為が社会を繁栄させ、利他的行為は社会を破滅させるという逆説が成り立ちます。詳しくは、マンドヴィルの『蜜蜂物語』をお読みください。

  17. 最終的な結論として、永井さんはセックスの希少価値を問題にしていらっしゃいますね。これは人の実感と差があるのではないでしょうか。(ちょっと下品な表現を書かなくてはいけないかもしれません。すみません)私は一年以上ほぼ毎日彼女とセックスをしていますが、セックスに飽きがくることはありません。オナニーもよくします。多くの男性はもしセックスを好きなだけできる状況になったとしてもセックスに魅力を感じなくなることはないでしょう。
    永井さんのお考えは、単純に「性欲は本能である」ことを無視、または軽視していると思います。男性が処女を欲するのは単なる希少価値からではなく、その女性が自分としかセックスをしたことがないという征服感に近い感覚からでしょう。セックスをしたことのない男性(いわゆる童貞)とセックスをするのが好きな女性がいますが、これもやはり相手を独占できるからですよね。
    男性の多くは自発的にオナニーを始めますが、女性はかなり少ないです。女性のオナニー経験者の多くはセックスを経験したあとです。これらのことから、男性と女性でセックスに対する態度が本能的に違うことは明らかではないでしょうか。それらのことを無視して「売買春はセックスの希少価値を損なうから問題がある」というのは無理があると私は思います。
    私は売買春が禁止されるのには主に二つの理由があるのではないかと考えます。それは、
    1)本能的な理由 男性は女性を従属させようとする本能があると思います。女性が売春をすることは、一時的に女性を従属させられるように見えますが、結局その女性は他の男性にも売春を行うわけですからその意味での本当の満足は得られません。それが買春の背徳感を生むのではないでしょうか。
    2)社会的な理由 男性の方が女性より性欲が強く、その解消に風俗へ行こうとするのは市場化した社会では自然です。ところが一般的にお金を払った側はサービスを受けるのですから本当は客と店は対等な立場のはずが、客の方が優位になります。それは風俗でも同じで、女性は女性であることを売ってお金にしているのですから、当然買い手の男性は女性を低く見ます。つまり、男性は女性より偉いと勘違いします。それは客が店より偉いと思い込むくらい自然な勘違いでしょう。
    私は風俗業に従事する人(男性も女性も)は、人間性の中心に近いところにある性を売ってるわけですから、低く見られること、もっとはっきり言えば軽蔑されることが仕事なのだと思っています。ですが公的な機関は軽蔑される(されざるをえない)仕事を公に認めるわけにもいかないので、禁止するのだと思います。もちろん逆にそれが本能に根ざしている部分があることをわかっているからこそ、完全な禁止もできないのでしょう。

  18. 私は、セックスの価値は希少価値だけだとは言っていません。一般的に言って、有用性価値がなければ、どんなに希少でも価格はゼロになります。しかし、希少でなければ、どんなに有用でも価格は付きません。私たちは、本能的に空気を吸います。「もう空気は飽きた。もうこれ以上吸うのは止めだ」などという人はいません。にもかかわらず、簡単に入手できる空気には市場価格が付きません。空気をセックスで置き換えて考えてみてください。
    OMさんは、売買春が禁止される理由を二つ挙げていますが、両者は矛盾しています。売買春で買い手と売り手のどちらが上だと言いたいのでしょうか。性病防止説については、法は欲望の対象しか禁止しないとコメントしておきましょう。満足が得られず、誰もしないことをどうして法がわざわざ禁止しなければならないのでしょうか。経済的暴力規制説は「人間性の中心に近いところにある」という表現が抽象的であいまいです。小説家は、「人間性の中心に近いところにある」感動を売っているから、軽蔑すべき、禁止すべき職業なのでしょうか。

  19. お金と言うもののやり取りととうして、男性側・女性側のニーズが満たせるのであればまったく、否定もできないように思ったりもするんです。レイプは絶対ダメなことで、レイプとの違いは・・・男性・女性も同意した上でのやりとりであると考えるからです。人間・・・動物として、体の欲求があっても当然だろうと思うし・・・。もし、決まってる相手がいたとしても、何らかの事情で・・・この欲求が満たされずにいる人もいるのだろうし。体をモノとして考えるって事とは、ちょっと違っていて純粋に、誰かと触れ合いたいと思って、そうなる場合もあるように思うんです。あの、よく女性に使われるのですが、男性と何人も関係をもつと、その女性は尻軽女だとか、やらせる女とか女性ばかり非難される事って多いように思うのですが、体の関係をもつ基準値って、あるのでしょうか?

  20. もしも「誰にも迷惑をかけずに、お互い自由意志で合意できるのなら、何をやっても良い」という理屈を認めるならば、麻薬だって合法化すればよいということになります。頭では悪いとわかっていても、体がいうことを聞かないような事柄については、法で禁止するべきでしょう。女性が性欲旺盛であることは、健康であることの証拠です。多くの男たちは、「女は男ほど性欲が強くない」というビクトリア朝時代の神話を信じています。性欲を持たない、セックスするのが難しい女ほど、男のやる気をかきたてます。逆に「尻軽女」ほど、そのセックスには希少価値がないので、男には嫌われます。でも、女性は、野郎どもの勝手な空想に自分を合わせる必要はないと思います。

  21. 「なぜ売春してはいけないのか」の答えの一つとして、「税金がきちんと取れにくいから」というのは無いのでしょうか?女子高生が町でオヤジを捕まえて稼いだお金はそのまま女子高生のものになり、所得税が払われることはありません。このような方法の売春はきちんと税金を払っている売春組織の企業(?)以外で多くあると思いますが、塵も積もれば山となり、平等な分配に支障をきたすと思いました。売春の問題において税金はあまり議論されないのでしょうか?きになりました。

  22. 個人間のスモールビジネスから税金が取り難いというのは、何も売買春に限ったことではありません。また税務署も、取り立てコストを下回る額の脱税を敢えて摘発しようとはしません。ですから、税金の問題で売買春を禁止することはできません。

  23. なぜ人は性器を隠すのかという前の論文が今ひとつ分からなかったのですが、今回の論文と合わせて読むと良く分かりました。性器を隠すことと、売買春を禁じることは、生殖に関わる欲望を強化するという意味で、共通した技術であり、この技術は種の存続、増大という目的に適応していたという風に理解しました。ただ、それが今の我々にとって、適当かどうかは議論の余地があるというか、不確定なのでしょう。私にとってファンタスティックなのは、永井さんの人類の起源から説き起こす壮大な性の歴史が、性器の隠蔽とか売買春といった、どちらかというと個人的実践というか無意識の分野とみなされている領域と無媒介に連結しているということを実感させられるからです。論文の後には、永井さんの考え方がとても素直な自然なものに思えてくるから不思議です。歴史が自分の根底に巣食っているということを発見する驚きです。そこで、疑問なのですが、生殖を目的としない人口増に結びつかない欲望、言い換えると快楽を目的とする非本来的な性欲を強化するという技術、独身者を増大させる技術というものがあると思います。例えば、聖職者の苦行のようなものを考えているのですが、こういった倒錯した性欲の帰結はやはり、人口減を帰結するとお考えでしょうか?

  24. 「快楽を目的とする非本来的な性欲を強化する」「聖職者の苦行」とはどのようなものですか。聖職者は、売買春をエンジョイするために独身なのではないのですよ。質問はかなり混乱しているように見えます。キリスト教、特にプロテスタンティズムの性倫理は厳格で、そしてこの禁欲的な、ウェーバーが謂う所の「資本主義の精神」が、非嫡出子を減らし、子供の責任養育システムを作り上げ、近代ヨーロッパにおける人口爆発を可能にしました。聖職者が一生独身でも、聖職者が人口に占める割合は低いので、全体の人口動態には影響を与えません。だから、キリスト教的な性のモラルは、むしろ人口増加をもたらしたと考えるべきです。

  25. 言葉が足りなくて訳の分からない質問になってしまったみたいです。私も、聖職者は、売買春をエンジョイするために独身なのではないと思っています。受精、妊娠、出産へと向う方向を考えて、その方向に方向ずけられた欲望を本来的な性欲と考えます。それからの逸脱は全て非本来的ということになります。こうした逸脱は基本的には、快楽自体、あるいは快楽の増大とか持続を目的としているわけです。受精を拒否する避妊は、生殖から快楽の部分を分離する技術でしょう。射精を意図的に遅延させたり、抑制することも、快楽を持続させる手段と考えられます。快楽を増大させるためのこうした不自然な努力を快楽の強化と考えました。ある種の禁欲は、より強い快楽を得るための強化手段であるという考えです。こうした、努力を体系的に追及している存在として思い描いたのが、ある種の聖職者だったのです。神秘的体験とか神との合一といった体験を禁欲やら修行やら戒律により達成する人達のことです。彼らが、本来的性欲に関心を持たないことは明らかな気がします。これを、倒錯した性欲の完成体とみています。変ですかね?そこまで、行かないとういか行けない人は、自分の器にあった快楽をその都度、調達することになると思います。売買春もその一種です。売買春はもっぱら快楽を目的にしています。しかし、今回の論文では、売買春の禁止は快楽より本来的な性欲を保護していることになりますよね。こうした状況で、売春よりさらに強化された快楽技術が一般化した場合どうなるのだろうと思ったのです。脳の所定の部位を電気刺激するとかでもいいです。この場合、必ずしも性器と性器との結合を必要とはしないし、射精も必要ではなくなると思います。こういった場合でもやはり、売買春の合法化と同じ人口減が帰結するのだろうかと思ったのです。

  26. SF的な想像をしなくても現実に起きていることを見れば十分です。1970年代後半から始まった情報技術革新により、バーチャルリアリティに現実以上のリアリティを感じる青少年が現れたことと、子供の数が減り始めたこととは、偶然の一致とは言えません。

  27. 今回の論文で永井さんは売買春の禁止をセックスの希少性を守るという観点から、人口増加を帰結されました。これには社会の存続にとっての妥当な選択だと思われます。その社会の構成員の適切な増加を当の社会が歓迎するのは存続にとっても、繁栄にとっても重要なことだろうからです。 類似の例で、贈収賄の禁止という現象があると思います。これにも、売買春の禁止と同じ議論が適用できるのでしょうか?学歴をお金で買うとか、職業をお金で買うとか、犯罪をお金で買うとかいったことにもやはり類似の議論を適用していいのですか?その時問題になっているのは、権威の希少性とかいったことなんでしょうか?そして、権威の希少性を守る事が、社会の存続、繁栄にとってやはり適切な適応と考えられるのでしょうか?それとも、単なる禁止は無意味である程度の妥当な貨幣との交換は容認されるべきなんでしょうか?

  28. 贈収賄という言葉は、公務員に対してしか使わないという特殊性に着目しなければなりません。贈収賄が罰せられるのは、本来私的所有物ではない公権力を私物化しているからです。

  29. ウェブサイトの上記の件についてのディスカッション拝見しました。随分前に“結婚の起源”という文化人類学の本を読んだのですが、このトピックを見てこの本のことを思い出しました。私自身は売春がいけないとは思っていません。経済的には、要はサービスの需要と供給の問題であり(価格も、品質、需要、供給などによって決定される)、精神的にも売るほう、買うほうの納得の問題(強制売春、人身売買は別)だと思いますので。
    しかし、売春が社会的に“嫌われている”事は事実ですね。先に上げた本の内容にそって考えてみますと、嫌われる理由は下記のようになると思います。
    1、男性側から見て
    (1) 自己の種の保存の側面から考えて、オスはいろいろなメスとやったほうが自分の遺伝子を残す確率が高い。だから、金を払う払わないは別にして出来るだけ多くのメスとしたいのだ。(女性にとっては自分の子供は相手が誰でも自分の子供なのはハッキリしている)
    (2) 自分がやったメスが他のオスとやらなければ、その子供は自分の子供の確率が高い。したがってオスはいろいろなオスとするメスが嫌いなのだ。これは金を取るとらないは関係ない。売春はいろいろなオスとするメスの象徴的なものだから嫌われる。実際子供を作ろうと思って売春するわけではないでしょうが、売春婦に象徴される行為が好きでないのだ。(売春婦とするセックスは好き)
    2、女性側から見て
    (1) 人間の出産、育児の特性上(ここを本の中では詳しく説明している。直立歩行による骨盤変形→未熟児出産((人間猿未熟児成体説))→長い育児=不労働期間など)、食い物は誰かが持ってきてくれないと困る。定期的に食い物を持ってきてくれるオスを引き止めるのはセックスである(同:発情期の長期化→常時セックス可能な慢性発情期状態)。気持ちいいからではなくて、同じメスがいつも発情しているのでオスは自分の子供を残すチャンスだと思ってなかなか他に行かないだけ。つまり、もともとセックスと金(食物)は交換関係にある。(男性にとってはいずれにせよセックスには出費が伴う)
    (2) 決まったカップル以外でのセックスは、メスにとって他に流れてしまう食物(金)にしか他ならない。したがって嫌い。オスが他でやってもただなら良いのか。答えはYESですが、ただでやらせるメスはもともといないのが前提。そのメスは飢え死にしますから。
    どんなもんでしょうか。現代の状態の中ではいろいろな複合要素があると思いますが、猿が人間に移り変わっていく次期の研究を元にして、こういう視点で考えてみるのも面白いと思います。良い、悪いというのは主観の問題が強く難しいですね。

  30. Masakiさんは、売買春の問題をフリーセックスの問題と混同しているようです。私が問題にしているのは、なぜ一夫一婦制が必要なのかではなくて、なぜ売買春は非難されるのかということです。

  31. そうは思いませんが…
    1、男性側から売買春を非難する理由はない。理由は
    本質的に男性側にとってはセックスは金がかかるものである。
    数多い女性とセックスするのは自己種の保存のためには理にかなった行動である。
    ただし売春婦の子供は父親が(自分だと)特定できないから、その点においてイヤだ
    2、女性から見ると売買春を非難する理由は、商売敵だから
    というのが私の書いた要約ですが、どうでしょう。

  32. 「あらゆる婚外交渉は認める」という場合と、「売買春は禁止するが、金銭の授受がないならば、婚外交渉は認める」という場合を考えてみてください。後者においても、前者においてと同様に、やはり父親のアイデンティフィケーションの問題は、深刻です。だから、この問題は売買春の問題というよりもフリーセックスの問題なのです。なお、商売敵が増えて、セックスの希少価値が下がるから、女性は売買春を非難するというのは、私が主張していることです。

  33. 専業主婦が「セックスでメシを食う」という言葉に違和感を覚えました。この言葉をたどりますと、恋人を結婚に向かわせるのは、(夫が労働者、妻が専業主婦として、ひどく単純化しますが)夫→セックスがしたいから、妻→お金(メシ)が欲しいからになります。しかし、多くの婚姻者が結婚後、相手に期待するのは、夫→妻の家事労働、妻の人格(話をしたり、一緒にいたりすることで得られる効用)、セックス妻→夫の経済力、夫の人格、セックスではないでしょうか。専業主婦は、メシを食うために夫とセックスをするのでしょうか。それならば結婚を選ばず、アングラの売春をして飯を食う人が多くいてもおかしくないのではないでしょうか。
    次に、愛情欠如説と人身売買防止説売春は、体を物のように売るので、非人間的な職業だ触穢防止説売春は、客の性器と接触する肉体労働なので、猥褻で穢れた職業だの3つに関するのですが、問題なのは肉体を使った労働であるとか、性器を触る労働であるとかでなく(もちろんそれらは売買春を悪だというには説得力に欠けます)、「自分の嫌なことをサービスとして売ってお金を稼いでいる」ということではないでしょうか。ここが私の売買春に対する意見の核になるので、慎重に進めていきます。
    まず、(1)お金のために不特定多数の人間とセックスするのは苦痛ではない、つまりセックスをしてたくさんのお金をもらえて売春は自分にとって天職だ!という人の売春は悪ではないと思います。(それどころか自分の天職を見つけられることは素晴らしい!)
    では、(2)売春をする以外に生きる道は無い、という人の場合。例えば難民や亡命者などの人。これらの人の売春を悪だと言う人はほとんどいないのではないでしょうか。目的が、自分が生き延びるためであれば、手段は、日常では悪だとされることが許されてしまうことが、多々あると思います。(例えば、最貧国の、2日前から何も食べてない、という人が、お金持ちの旅行者を強盗するなど)無論、この場合の売春は悪ではないと思います。
    では、(3)毎日毎日上司に頭を下げ、嫌な思いをしながら仕事をしているサラリーマンはどうか。確かにこのサラリーマンは自分の嫌なことをしてお金を稼いでいます。しかし、上司に頭を下げることを労働サービスとして売っているわけではありません。サラリーマンの労働サービスは営業や企画、経理などです。それらの労働でお金を稼いでいるので、「勤務時間が嫌だ」というサラリーマンと、「売春という労働が嫌だ」という売春をする人は大きく異なります。もし、営業、企画、経理などの労働サービスをいやいややっているとしても、多くのサラリーマンの労働はは生き延びるためであると思いますので、(2)と同じく悪ではなくなります。
    それでは、どのような売春が悪になるのか?私は「自分の嫌なことをサービスとして売ってお金を稼いでいる」というのは、すなわち「プライドを売る」ということだと思います。そこでもう1度(1)(2)(3)を考えてみると、(1)はもちろん大丈夫。(2)は「生き延びる」ことと「性を売らない」ことを天秤にかけて、「性を売らない」ことのほうが重い人にとっては悪ということになるでしょう。この場合、イメージすべきなのは、多額の借金を抱えて、売春するくらいなら自殺する、という場合ではなくて、先ほどの難民や亡命者のほうではないでしょうか。というのは「売春するくらいなら自殺」というのは、おおよそ現代人の、売春や不特定多数と関係を持つことははいけない行為だと刷り込まれている若い日本人女性のイメージではないでしょうか。善悪のような問題を突き詰めていくなら、周りに色んな嘘が取り巻く日本人よりも、生死の問題に直面している難民や亡命者に当てはめるほうがもっともであると思うのです。まとめると、「生き延びるために性を売ること」はいけないことなのか、という問題ですが、性を売らずに死を選ぶ人はいるかと思いますが、しかし他人が生き延びるために性を売っていても止められる人はいないのではないでしょうか。よって悪ではない、というのが私の結論です。(3)になりますが、さきほどの通り、売っているのは別の労働でプライドではありません。頭を下げることによってプライドを失うことはあるかもしれませんが、それを売っているわけではないです。
    私の結論としては、「自分の嫌なことをサービスとして売ってお金を稼いでいる」という行為がいけないことなのか、という問題に対しては、そのお金の目的が何なのかということに依ると思います。「女子高生が1万円の香水を手っ取り早く手に入れたいために売春した」これには多くの批判の声が上がるのではないでしょうか。プライドを売るというより、プライド自体をあまり感じません。「決して好きではない老人の莫大な遺産を欲しいがために、結婚してセックスしている」これにも批判が上がりそうです。何かに使うお金というよりは、お金自体が欲しいという印象を受けます。1億円かかる息子の心臓病の手術代のためであれば、逆に感動物語になるかもしれません。「脱北者が自分と子供の食料を得るために売春した」これをいけないことだという人はおそらくほとんどいないでしょう。「女子大生が自分の夢を叶えるために売春で学費を稼いでいる」このあたりになると意見が分かれてくるのではないでしょうか。性やプライド、夢や生きることに対する考え方によって分かれてくると思います。
    最後に永井さんの結論希少価値維持説売買春の合法化は、セックスの希少価値を損なうので問題があるについて。セックスの希少価値が下がるというのはそれほどまずいことなのでしょうか。たしかにセックスの値段は(性的マッサージの値段と共に)暴落するでしょう。しかし、それはむしろセックス産業が市場化され、より最適な資源配分がされるのではないでしょうか。つまり、今までアングラの売春が「独占」状態であったのが、自由競争が始まって適切な均衡価格になるのではないでしょうか。(オランダではスーパーモデルのような美人が約3000円で買春できると友達から聞きました)そして専業主婦はセックスで飯を食っているとも私は思えないので、劇的な少子化が起こるとは思えません。

  34. 結婚の本質は、子供を産むことです。専業主婦と結婚するということは、そのために法外な金を払うということです。だから、専業主婦は、セックスして、子供を産むことで「メシを食っている」わけです。家事だけなら、家政婦を雇えばよいし、育児ならベビーシッターを雇えばよいし、人格的交流なら、友達関係だけで十分です。専業主婦に限らず、一般に定職には雑用がつきものですが、本質的な仕事と付属的な仕事を区別するべきです。
    売買春が悪かどうかという問題と金の使い方が良いかどうかは別の問題です。ヒコさんの議論は、すべての労働者が「自分の嫌なことをサービスとして売ってお金を稼いでいる」にもかかわらず、なぜ堅気の仕事で稼いだ金で香水を買っても非難されないのに、売春でなら非難されるのかという根本的な問いに対する答えになっていません。

  35. “結婚の本質は、子供を産むことです。専業主婦と結婚するということは、そのために法外な金を払うということです家事だけなら、家政婦を雇えばよいし、育児ならベビーシッターを雇えばよいし、人格的交流なら、友達関係だけで十分です”
    これはあまりにも人間の感情を排除しすぎた意見ではないでしょうか。これが本当なら子供を持たないとお互いで決めた専業主婦との結婚はありえなくなってしまいます。生殖能力が無い人は結婚できなくなってしまいます。同棲カップルも非合理的になります。それどころか子供を生んだ直後に離婚する夫婦が大勢出てくるでしょう。
    家事・育児は代用できるものでも、恋人との人格的交流やセックスは、友達との人格的交流やお金で買うセックスとは明らかに一線を画するものであるし、代用できるものではないでしょう。 いかが思われますか?
    すべての労働者が「自分の嫌なことをサービスとして売ってお金を稼いでいる」というのは本当にそうでしょうか。わたしにはそうは思えません。労働は人を喜ばせたり役に立つことで、対価を得るものだと思います。そしてこの「人を喜ばせること、人の役に立つこと」は、充実感や満足感を伴うもので、場合によっては(金銭のやり取りとは別に)人から感謝され、自分の存在価値を高めるものだと思います。私には労働がただ辛くて苦しいことをする代わりに対価を得るものだとは思えないのです。 もちろん売春であっても同じです。この点では堅気の労働も売春も少しの違いもありません。(この点で差をつけることは差別だと思います。)
     
    では、堅気の労働と売春の違いは何か?私は以下のように考えます。 まず、性は心と深く関わるものであると考えています。そして基本的に人間は不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いな動物であると思います。つまり売春はプライドを売る行為なのだと思うのです。売春が非難されるのはこのためではないでしょうか。
    一方、堅気の労働の「嫌なこと」はこれとは異なります。それはプライドを傷つけるものではないし、それを売っているわけではありません。(既に書いた通りです)なぜ堅気の仕事で稼いだ金で香水を買っても非難されないのに、売春でなら非難されるのかこの問いの答えはここにあると私は考えています。 いかが思われますか?
    最後にもう一つ、永井さんは買春は、婚前交渉よりも成立が簡単で、それだけセックスの希少価値をより大きく下げる買春の合法化は人口増加を抑制し、種の存続を危うくすると結論付けましたが、セックスの希少価値が下がっても、自分の子供を持つことの希少価値は下がらないのではないでしょうか?この点に関してはどう思われますか?

  36. 私が「結婚の本質」という言葉を使ったことに注意してください。子供を産むことを目的としない結婚は、法的に禁止されているわけではありませんが、結婚の本来の趣旨からすれば、あってもなくてもどうでもよいという意味で、非本質的な結婚なのです。
    子供を産むことを目的としないのであれば、本文に書いたとおり、“専業主婦は終身雇用の専属社員で、売春婦はパートタイムの派遣社員という就業形態の違いはあっても、ともに「セックスでメシを食う」という点では変わりがないということになる”。なお、私が言った「友人」には、恋人も含まれています。
    子供を産んだ後、夫が婚姻契約を破棄しても、膨大な慰謝料/養育費を払わなければなりませんから、専業主婦と結婚することは、セックスして子供を産むために法外な金を払うという命題に変更はありません。
    ヒコさんの主張は、「売春は、プライドを売る行為だから非難される」というものですね。では、売春婦がなぜ自分の仕事にプライドが持てないかというと、売買春が、非合法で、世間から卑しい職業だと思われているからです。だから、ヒコさんの議論は「売買春は、世間から非難されているがゆえに、世間から非難されている」という循環論法に陥っているのです。
    本文の以下の文章をもう一度読んでください。
    “売春婦をすると経歴に汚点を残すとか、周囲から白い目で見られて精神的な傷を負うなど、世間が売春を悪とみなすことによる二次的な弊害を指摘する人もいるが、もちろん、それらは、売春が悪であることの一次的な理由にはならない。”
    「人間は不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いな動物である」は、一次的な理由になりません。嫌いなことは、法で禁止しなくても誰もしません。法で禁止しなくてはいけないということは、売買春をやりたがる人がたくさんいるという証拠です。
    「セックスの希少価値が下がっても、自分の子供を持つことの希少価値は下がらない」というのは、そのとおりで、だからこそ、私は、結婚しなくなるのは、「子供も欲しいが、それ以上にいろいろな女と一生遊び続けたい」という選好を持つ男たちだと書いたのであって、「いろいろな女と一生遊び続けたいがそれ以上に子供も欲しい」という選好の持ち主を除外している点に注目してください。

  37. 数の人間と性交渉をすることが嫌いな動物である」は、十分に通用すると思います。
    少し整理しながら進めていきます。「不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いでない人」は、除外して進めます。「(労働)サービス」するという行為は、決して辛く苦しいだけの行為ではない、と前述しましたが、この点はよろしいでしょうか?サービスという行為が、決して辛く苦しいだけの行為ではありませんが、「性的快楽を与える」というサービスだけは、他のサービスとは異なります。
    有償でも無償でも構いませんが、自宅で焼いたパンをご馳走する、引越を手伝う、法律の相談に乗る、車で運送してあげる、などのサービスを友人(恋人を含まず)間で行うことはあっても、「性的快楽を与える」というサービスを(自分も性行為をしたいからではなく、サービスとして)行うことはまずないでしょう。
    それは「性が心と深く関わる」からであり、そして「人間は不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いな動物である」からです。痴漢や強姦が「(性)暴力」となるのもこのためです。
    専業主婦がセックスという労働サービスしても、売春のように非難されないのは「望む相手」だからです。「売春が猥褻で穢れた行為」と非難されるのは、お金のために「望まない相手」とセックスをするから、とも言い換えられます。ということは、莫大な遺産が欲しいために「望まない相手」と結婚してセックスをするのは、やはり卑しいことであると言えます。
    お金のために「望まない相手」とセックスをすることは、猥褻で穢れた行為だ、という「性道徳」があるから、非難され、法規制されるのだと思います。
     
    ですが、わたしが主張したかったことの一つは、「目的」によっては売春という性道徳に反する行為をしても構わない、ということで、最初の投稿で長々と書いたのはそのためです。売春を全て一括りにして、卑しくて穢れていて悪い行為であるとは言えません。その人の「目的」が、生命や、生命の質(クオリティ オブ ライフ)に関わる問題でもあるからです。生命に関わるとは、売春をしてパンを買わなければ、3日後にも飢え死にする、というような場合のことです。生命の質に関わるとは、田舎で事務の仕事をして中流の安定した生活をしていくこともできたけど、東京で風俗嬢になって、高級マンションに住み、高いワインを飲んで、田舎ではありえなかった自由と刺激のある生活を選んだ、というような場合のことです。このような現実は少なからず存在し、それらは誰にも批判できるものではありません。
    それゆえ、公娼制度に賛成します。法律に関して無知なのですが、性的サービスの価格を維持するために、何らかの措置することは可能なのではないでしょうか。

  38. 「人間は不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いな動物である」という命題は、二通りに解釈できます。

    1. 性病防止説:人間は不特定多数の人間と性交渉をする欲望を持つが、この欲望に屈することを軽蔑する。
    2. 経済的暴力規制説:人間は不特定多数の人間と性交渉をすることを欲望しない。

    性病防止説の場合、なぜこの欲望に屈することが軽蔑の対象になるのかを問うと、振り出しに戻ります。だから、これを理由とすることは、循環論法になるわけです。経済的暴力規制説は、法や道徳で禁止しても、不倫や売買春などのフリーセックスが後を絶たないという事実に反しています。また、欲望の対象でないことをしなくても、プライドにはなりません。
    労働が必ずしも辛く苦しいだけの行為ではないというのは、そのとおりですが、同じことは売春についても当てはまります。売春が合法化されている地域では、自分が多くのお客さんを満足させることができるほどに魅力的な女性であることにプライドを持っている売春婦はたくさんいることでしょう。
    欧米では、障害者など、セックスパートナーが見つからない人のためにセックスをしてあげる、セックスボランティアをやっている人たちがいます。こうした人たちは、自分たちのボランティア活動にプライドを持っています。

  39. 「人間は不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いな動物である」という命題の解釈は、1ではなく2です。ただ“人間は不特定多数の人間と性交渉をすることを「欲望しない」”だけでなく、「嫌悪する」、ほとんど生理的、本能的に「嫌悪する」動物だと思います。性暴力をイメージしていただけたらと思います。
    不倫は不特定の人間に対しての性交渉ではありません。また不倫をしている人であっても、痴漢やセクハラ、強姦などは暴力になります。フリーセックスは最初に除外した「不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いでない人」がすることでしょう。
    売春が後を絶たないのは、嫌いである「不特定多数の人間と性交渉」をしてまでも、お金が欲しい、または必要とする人、また「不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いでない人」が存在するからでしょう。「お金のために嫌いな性交渉をする」、このことが目的によっては卑しいことであり、非難されることである、というのが私の主張です。
    「自分が多くのお客さんを満足させることができるほどに魅力的な女性であることにプライドを持っている売春婦」というのは、わたしが思うに「不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いでない人」ではないでしょうか。堅気の労働と同じように、不特定多数の人との性交渉ができる人だと思います。もちろん非難されるべき人ではありません。
    「障害者など、セックスパートナーが見つからない人のためにセックスをしてあげる、セックスボランティアをやっている人」は、「お金のため」ではありません。また、その多くは「不特定多数の人間と性交渉をすることが嫌いでない人」であると私は想像します。無論、賛称されるべきことだと思います。
    「お金のために嫌いな性交渉をする人」というのは、「お金抜きではけっしてしない性交渉をする人」とも言い換えられます。
    今まで出てきた言葉を分類してみます。
    特定の人との性交渉-恋人間、夫婦間、不倫など
    不特定の人との、望む性交渉-フリーセックス、セックスボランティアなど
    不特定の人との、望まない性交渉-性暴力
    不特定の人との、お金を対価にもらう、望む性交渉-プライドを持つ娼婦、売春が天職の人など
    不特定の人との、お金を対価にもらう、(お金なしでは)望まない性交渉-目的によっては非難される売春、遺産を狙った愛の無い結婚など

  40. ヒコさんの説明は、なぜ売買春が法律で禁止されるのかの説明になっていません。もしも売春が、「お金のためにプライドもなく嫌なことをしている」がゆえに禁止されているのだとしたら、非常に多くの合法的職業を禁止しなければいけなくなります。
    そもそも、売春婦を逮捕(あるいは保護)した警察官が、売春婦に「君はこの職業にプライドを持っているのかね」などと聞いたりしますか。逮捕された斡旋業者が裁判所で「うちの女の子は、みなプライドを持って売春をしていました」といえば、罪が軽くなりますか。私は噴飯物だと思うのですけれども。

  41. 永井さんの主張が、「なぜ売春が法規制されるのか」なのに対して、私の主張が「なぜ売春は卑しくて穢れたことだと非難されるのか」と、お互いの主張が異なってしまっているように思います。無論、「非難される理由」と「法規制される理由」が必ず同一であるわけではありません。
    永井さんは、私の主張する「売春は目的によっては、卑しくて穢れたことである」ことには否定していませんが(肯定もしていませんが)、このことについてはどのように思われているのでしょうか?
     
    例えばあなたに高校生の娘さん(姪や、その他親身に相談に乗る大切な人でも構いませんが)がいるとして、その娘さんが「¥10,000のコンサートチケットを買うために、前もってバイトでお金を貯めておくという方法もあったが、それは面倒だしもう時間も無いので、どうしても行きたいコンサートだし、嫌だったが仕方が無く、脂ぎって汚くて臭いハゲオヤジとラブホテルでセックスして¥10,000もらった」ということをしたらどのように対応するのでしょうか。
     
    「売春はセックスの社会的希少価値を損なうから、やってはいけない事だ」と叱るのでしょうか。 それとも「売春は、法律で禁止されていることなのでやめなさい」と叱るのでしょうか。 それとも「売春は、セックスの社会的希少価値を損なうが、その効果は微々たるものであるし、世間で言われているように卑しくて穢れたことでは実は無いのだが、警察に捕まると面倒なので、捕まらないよう気をつけてやりなさい」と容認するのでしょうか。
    わたしだったら以下のように対応します。「そんな奴とセックスをするのが嫌ではなかったのか?情けなくなかったのか?それをしなくて済む方法があるのに何故そうしないんだ?ろくにものも考えず短絡的に売春をするなんて、なんて愚かな奴だ!」と心の中で思い、
    実際には“「自分が好きなことをし、嫌だと思うことは決してしようとせず、そのために前もってできる努力を最大限する」という生き方に比べて、「短絡的に醜いオヤジとのセックスして、もちろん嫌だったし、そんな嫌なことをしている自分が嫌いになるし、そんな「自分が嫌いな自分」が嫌いになってしまう」という自分の生き方は、情けなくなるし、嫌なことだらけだし、プライドなんてもちろん持てなくなるし、それを回避できたのにしなかった自分はなんて愚かなんだ”ということを戦略的に理解させると思います。
    少々話がずれましたが、「非難される売春」の典型的なケースをイメージしていただきたかったのと、わたしの主張を論じていく上で必要であるのでご了承下さい。
    売春が法律で禁止される理由は、「売春防止法 第一条 総則 この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ」です。
    売春が「人としての尊厳を害」すのは、“「自分が嫌いな自分」が嫌いになってしまう”ような状態を招くからだと私は解釈します。 売春が「性道徳に反」する理由は、以前述べました。 売春が「社会の善良の風俗をみだすものである」のは、売春が合法であり、当たり前になると、さらなる短絡的な売春を招くからだと思います。
    とはいえ、私がこの法律を解釈しても仕方ありませんし、法律は必ず悪を完璧に適切に裁く万能のものでもありませんし、そもそもこの文句は半分「建前」だと私は考えます。
    確かに私は「お金のために「望まない相手」とセックスをすることは、猥褻で穢れた行為だ、という「性道徳」があるから、非難され、法規制されるのだと思います」と述べました。
    この私の考えをもう少し詳しく述べると、「売春は非難され、非難されるが故、法規制される」です。これが残り半分の「本音」だと私は思います。 つまりは麻薬と同じです。麻薬が本質的に何故いけないのかは、ほとんど論じられません。 麻薬がなぜいけないのかは、しばしば「依存性があり」、「毒性があり」、「またその売上金は暴力団の資金源になる」と論じられます。「じゃあ依存性も毒性もほとんどないマリファナを、自宅で栽培して自己責任で吸うならいいのか?」という問いには、この論理では対抗できません。また、このような問いを発するように、「麻薬は本当にやってはいけないのか?」という疑問を持つことさえ、タブーであるかように学校では教えられます。腫れ物扱いです。つまり、「忌み嫌われるから、法で禁止される」のです。
    永井さんは、売春が法律で禁止される理由に「セックスの希少価値を損なうから問題がある」と述べましたが、私はこれには以下のような疑問があります。(最初の投稿でも述べましたが)セックス産業が市場化され、より最適な資源配分がされるのではないか?(3回目の投稿でも述べましたが)性的サービスの価格を維持するための何らかの措置は可能なのではないか? セックス税を導入して、たばこのように3万円の料金うち2万円を税金で徴収して、国債返済にも貢献し、売買春万々歳!のように、公娼制度は日本社会にとってポジティブな響を多々及ぼすのではないか?
    長々と述べた後で大変申し訳ないのですが、冒頭でも述べた通り、わたしの主たる主張は「なぜ売春は非難されるのか」であり、現代の日本社会において売春が合法化されることによって及ぼす影響(コインの裏表で、法規制されることによって及ぼす影響も)には、興味を持つところではありません。法が必ずしも「悪いこと」を取り締まるものだとは思えないからです。社会にとって有益か、有害か、よりも、そのことは普遍的に善い事か、悪い事か、のほうに興味があります。
    以前にも述べたとおり、そもそも私は公娼制度に賛成です。先ほどの売春防止法には以下のような条項もあります。第四条  この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意しなければならない。 この「国民の権利に」、「憲法第十三条 自由、幸福を追求に対する権利」や、「憲法第二十二条 職業選択の自由」を当てはめても良いのではないかと個人的には思います。

  42. 私が「なぜ売買春が悪なのか」についての一次的理由を求めているのであって、二次的理由を求めているのではないということが、相変わらず、わかってもらえていないようです。
    二次的理由を一次的理由にしようとすると、循環論法になります。ここで、ヒコさんの説明をまとめてみましょう。
    1.道徳の説明
    「 」が悪なのは、「 」に嫌悪を感じるからであり、
    「 」に嫌悪を感じるのは、「 」が悪だからだ。
    2.法律の説明
    「 」が法律で禁止されているのは、「 」が嫌われているからであり、
    「 」が嫌われているのは、「 」が法律で禁止されているからだ。
    ヒコさんは、「 」に「売春」とか「嫌なことをすること」とか「嫌なことをする自分」とか、いろんな言葉を入れて議論を展開していますが、何を入れようが、これは循環論法であり、説明になっていません。1と2を合成して、
    「 」が法律で禁止されているのは、「 」が嫌われているからであり、
    「 」が嫌われているのは、「 」が悪だからであり、
    「 」が悪なのは、「 」が嫌われているからだ
    としても同じことです。
    「 」が悪なのは、「 」に嫌悪を感じるからであり、
    「 」に嫌悪を感じるのは、「 」にプライドをもてないからであり、
    「 」にプライドをもてないのは、「 」が悪だからだ、
    でも同じことです。無意味な循環論法を延々と繰り返すことで、何か意味がある議論をしているかのように見せかける「戦略」は、ヒコさんが言うように、子供だましにはなるかもしれませんが、学問的な説得力はありません。
    私は、もうこれ以上、「なぜ売買春が悪なのか」についての議論をヒコさんと続けることはやめたいと思います。これ以上続けても、たぶん返ってくる答えは、これまで通り、無意味な循環論法の無限反復でしょうから。
    次に、私の説に対する三つの疑問ですが、最初の反論は、私が主張していることとなんら対立しません。市場が透明で合理的になるからこそ、希少価値が下がるのです。そして、売買春の禁止で問題になっているのは、そうした経済的な効率性ではありません。
    二番目と三番目は、セットになっているようなので、まとめて答えましょう。高率の税金は、罰金刑と同様に、社会的に望ましくない行為を抑制するための一種のペナルティです。タバコに高率の税金がかけられるのは、たとえ間接喫煙の回避が実現したとしても、タバコを吸うことが、マリファナを吸うことと同様に、吸う人の健康に害を与え、社会的なリスクを高めるからです。
    もちろん、罰金を払う場合、税金を払う場合と比べて、経済的損失が同じであったとしても、精神的苦痛は異なります。罰金刑よりも、懲役刑の方が、経歴に汚点を残すので、お金では数えられない損失を受刑者に与えます。このように、国家権力が与えるペナルティには、高率の税金から死刑に至るまで段階があります。売買春を合法化して、高率の税金をかけることは、ペナルティの段階を一つ下げることを意味しており、一種の規制緩和です。それが希少価値をどれだけ下げるかは、規制緩和の程度によります。

  43. 「売買春を合法化して、高率の税金をかけることは、ペナルティの段階を一つ下げることを意味しており、一種の規制緩和です」なるほど。分かりやすい回答をありがとうございます。“私は、もうこれ以上、「なぜ売買春が悪なのか」についての議論をヒコさんと続けることはやめたいと思います。”分かりました。この議論に関する限り、永井さんへの投稿はこれで最後にします。ですが、永井さんは私の主張に対して、間違った解釈をされているので、最後に述べさせていただきます。
    “1.道徳の説明 「 」が悪なのは、「 」に嫌悪を感じるからであり、「 」に嫌悪を感じるのは、「 」が悪だからだ。”ですが、私が3回目、4回目の投稿で、売春が悪である一時的理由として主張したのは“「売春」が悪なのは、「不特定多数の人間との性交渉に」に多くの人間は嫌悪を感じるからであり、嫌悪を感じるのは、「ほとんど生理的、本能的」なことであり、「性が心と深く関わる」からだ”でした。決して「嫌悪を感じるのは……が悪だからだ、……にプライドを持てないからだ」とは述べていませし、そのような循環論法ではありません。“嫌悪を感じるのは、「ほとんど生理的、本能的」なことであり、「性が心と深く関わる」からだ”という主張に、学問的な説得力がないのは承知の上です。
    ですが、「なぜ性的交渉には望む相手と望まない相手がいるのか?」「望まない相手による一方的な性干渉である性暴力が、精神的ダメージを受けるのはなぜか?」という問いに、わたしは“それは「ほとんど生理的、本能的」なことであり、「性が心と深く関わる」からだ”と答える以外の術を知りません。
    「2.法律の説明」ですが、いえ説明といえるほどのものではなく、こちらはほとんど私が勝手気ままに思ったことなのですが、循環論法であるのはもちろん承知の上です。
    売春が法律で禁止される理由は、売春防止法に明記されているような理由は本音の半分であり、「売春は悪だと非難される悪いものだ」のような循環論法の二次的な圧力が、日本社会で売春を忌み嫌われるものにし、法律で禁止させ、公娼制度の導入をタブー扱いするもう半分の理由ではないか、ということです。
    しつこいと思われるかもしれませんが、私の主張をもう一度述べます。売春が悪であるのは、不特定多数の人間との性交渉に多くの人間は嫌悪を感じ、不特定多数の人間との性交渉によって性的快楽を与える性的サービスは、お金のために嫌なことをするという、プライドを売る行為であるからである。ただし、不特定多数の人間との性交渉に嫌悪を感じない人の場合、売春の目的が生命の存続、生命の質に関わる場合はこの限りではない。また、多くの人間が不特定多数の人間との性交渉に嫌悪を感じるのはほとんど生理的、本能的なことであり、また性が心と深く関わるからであり、それ故、性的サービスは、他の労働サービスとは異なるものである。
    性病防止説~触穢防止説までは道徳に関する議論でしたが、永井さんの主張の希少価値維持説は法律に関するものでした。永井さんは売春が道徳的になぜしてはいけないのか、あるいはしてもよいのかに関しては一度も触れていません。わたしが「なぜ売春は法律で禁止されるのか」に対して、まともに答えていないのに、アンフェアだとは思いますが、永井さんは「なぜ売春はしてはいけないのか」(論文の題目はこれでした)と思いますか?あるいは「売春は社会的に有害で法律で禁止されているが、してはいけないことではない」と思うのでしょうか?
    永井さんに高校生の娘さんがいるとして、前回の投稿で書いたような売春をしたならばどのように対応するのでしょうか?オランダでだったら許可しますか?
    「無意味な循環論法を延々と繰り返すことで、何か意味がある議論をしているかのように見せかける「戦略」は、ヒコさんが言うように、子供だましにはなるかもしれませんが、学問的な説得力はありません。」ですが、わたしが確かに「戦略」という言葉を使いましたが、これは子供に循環論法で「麻薬は悪だ」ということを刷り込む戦略とは違います。
    わたしは例に出したような短絡的な売春は愚かだと思うのですが、それを辞めさせるために、ただヒステリックに頭ごなしに叱るだけでは無意味であり、それより、冷静に、例えば比較させるモデルを用いるような様々なテクニックを使って、何故愚かなのかを教える、というような「戦略」です。

  44. 私は、一貫して法と道徳の両方に当てはまる議論をしています。売買春に関しては、道徳が先で、法は後から作られたわけですから、私の議論も道徳論が中心になっています。
    道徳について何も論じていないのは、ヒコさんの方でしょう。道徳的命令というのは、「嫌いでも…をやれ」あるいは「好きでも…をするな」という形をとるのであって、「好きなことをしろ」という命題は、道徳論ではなくて、人生論に属します。
    ヒコさんがこれまでと同じ議論を繰り返すので、私もこれまでと同じ議論を繰り返しましょう。
    1.「不特定多数の人間との性交渉に多くの人間は嫌悪を感じる」というのは、生物学的事実に反しています。
    2. 仮に「不特定多数の人間との性交渉に多くの人間は嫌悪を感じる」としても、「嫌悪を感じるから悪だ」という論理は成り立たちません。例えば、皮膚病患者の、吐き気を催すような皮膚を見て、「ほとんど生理的、本能的」に嫌悪を感じているにもかかわらず、その患者の世話をする看護婦は、非難されることはありません。
    3. その看護婦が、実は金目的で仕事をしているだけ、つまり「お金のために嫌なことをしている」としても、そのような行為を誰も「プライドを売る行為」として非難しません。私なら、むしろ我慢強い娘として賞賛したいところです。
    4. ゆえに、「生理的、本能的に嫌なことをする」あるいは「お金のために嫌なことをする」は、売買春が悪であることとは無関係です。「プライドを売る行為は悪だ」という命題なら常に真ですが、それはこの命題が、分析命題だからです。主語と述語に価値語が含まれているのですから、「悪い行為は悪い」という命題と同じく、何の証明にもなっていません。だから、ヒコさんの議論は、循環論法でしかないのです。
    子供に、売買春を思いとどませるためには、二次的な理由だけで十分です。ですが、道徳の根拠を学問的に問うときには、一時的な理由を求めなければなりません。

  45. なぜ売春をしてはいけないのかは正直言って分かりません。きっと社会がそういっているからそうなのでしょう。日本は売春には厳しいようですが、自由の国アメリカでも売春に関してはやたらと厳しいので驚いています。渡米するまで分からなかったのですが、アメリカはキリスト教が思ったよりとても強く、保守的です。少年とセックスした美人教師が容赦なく懲役刑を受けたのですから。私は「あの少年、なんてラッキーなやつだ」と受け止めていたのですが、マスメディアの風当たりはひどいものでした。売春などもってのほかのようです。どんなにリベラルな人でも売春に関してだけは厳しい態度をとるようです。またそういう言説がまかり通っているのでしょう。例外なのはネヴァダ州くらいです。
    私自身は売春はかまわないと思っていますが、それを口にしたときはひどい非難にあいました。アメリカの大学の友人と話していたときで、とくに味方だと思っていた男たちからも「女性の人権を踏みにじるとは蛆虫以下だ」といわれ、それ以来、公に売春を肯定するようなことはいえなくなりました。「ガールフレンドを見つければいいだろう」とか、「恋人を見つければすむことだ」ともいわれました。あれ以来、とくに女の子たちが二度と私と話してくれなかったのでとてもつらい思いをしました。どうやらタブーを犯してしまったようです。
    希少価値は面白い視点ですね。ピンプは逆に合法化されたら困るわけですか。売春が反道徳的であったほうが儲かるわけですね。日本の親父が処女とやりたいのは驚きました。ここではセックスはうまくないと商売にならないように思えますが。
    キリスト自身はたしか売春婦を非難せず、祝福したので、当時のユダヤ世間から白い眼で見られたと思いますが。それに浮気をした女性が処刑される前に救い出したこともありましたし。たしか旧約聖書に売春がいけないと書かれており、理由は梅毒にかかるからみたいです。私がこう言っているのは、アメリカ人のクリスチャンと口論したときに、「キリストは売春に対して何も言ってはいないではないか」と言ったときに、「旧約聖書に売春はいけないと書いてある」と反論されたことがあったからです。
    売春禁止道徳をここまでアカデミックに分析するのもすごいですね。こういうことを書いてネット上に公開するのも勇気がいると思います。

  46. さらっと読んだ感じでは、永井さんが自ら答えを出されているような気がします。
    >1.「不特定多数の人間との性交渉に多くの人間は嫌悪を感じる」というのは、
    >生物学的事実に反しています。
    >道徳的命令というのは、「嫌いでも…をやれ」あるいは「好きでも…をするな」
    >という形をとるのであって、「好きなことをしろ」という命題は、
    >道徳論ではなくて、人生論に属します。
    つまり、
    ・人間の性欲というものは根本的な欲求で、なかなか抑えがたいものである。
    ・それを金銭の授受というビジネスに隠して発散しようというのは
    道徳的命令の「好きでもSEXをするな」に反する。
    ということではないのでしょうか。
    物欲と金銭欲は同じ第二次欲求に属するため、交換することはやぶさかではないが、性欲のような第一次欲求を金銭欲と同等に扱うところに倫理観の違いが出るのだと思います。
    簡単に言うと「金には代えられないもの」とか「お金では買えないもの」といった類の観念が売春を「忌み嫌うもの」とさせているのではないのでしょうか。

  47. なぜセックスを「金には代えられないもの」「お金では買えないもの」にして、希少価値を持たせなければならないのかが問題です。

  48. 自分の身体を、性器を知らない男性におもちゃにされて精神的になんとも無い人というのは少ないと思います。男性は理論的で素晴らしいと思いますが理論的過ぎて、自分の身体を性的なおもちゃにされることがどんなに辛いか、ましてや親子ほど年齢の
    離れた父親のような人に性的対象として見られることの悲しさ は男性には理解できないのかもしれませんね。
    例えお金のために自発的にそういった職業に就いている人も、お金の為ならなんとも思わないという人がそんなに多く居るんでしょうか。また、自分の家族が性的に弄ばれる
    職業に就いていることをなんとも思わず、悲しまずむしろ賞賛することが出来ますか?
    理論的な男性は女性の感情論を嫌うのはよく理解できますが、感情とは人間として
    切っても切れない存在です。感情の面から売春をしたくない、させたくない
    そう思うことは悪いことでしょうか?

  49. あなたのその主張に対して、「SASAさんの言っていることには感情的な嫌悪を感じる。なぜかと聞かれても、うまく説明できないが、とにかくむかつく…」と言う人が現れたなら、あなたはさらに何と言いますか。感情を持ち出すと、最終的には、「お互いの感情を尊重しましょう」で終わってしまいます。だから、「本人や家族が同意している場合であっても、なぜ売買春は悪とみなされるのか」を理論的に考察する必要があるのです。

  50. 女性の方の感情についても、ある程度は理解できます。しかし愛の表現である感情についても、大きい小さい深い浅いがあるはずです。個人や家族に限定した感情から、その地域そして社会までを範囲に入れたものまであります。
    感情の快不快は、自分の置かれた環境や最初の経験に、大きく作用されると思います。その経験が自分にとって良い場合は求め、悪い場合は離れようとします。性に対しても同じだと思います。従って売春をしたくないさせたくない人もいれば、何かの理由でしたい人もいます。
    厳格な家や社会で育つと、性に対する罪悪感が育ち容易に抜けなくなります。家庭の中で両親に良く思われたい、社会から良くみられたいとする気持ちが強ければ、階層的選民意識が強く働き、そうした職業に対して、同性としての自己同一性を嫌うのではないでしょうか。
    この世は相対的にできており、能動的な男性を女性だけの価値判断で悪と決め付けるのも、女性のデリケートで受動的な感情の働きを、価値のないものと決め付けるのも良くないと思います。
    聖書の中にはイエス様が売春婦の家へ行かれ、くつろがれる場面があります。決して売春が悪いと諌めてはおりません。まして「売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだす」とも言っていないのです。教条主義に陥り、自己の理論をかばうために、旧約聖書の都合の良い所ばかりを取り出しても人は納得しません。大天使といわれる方は、その時代に生きた人の機根に合わせて、法を説いているはずです。
    私をしてなぜ強力な「売春行為の条件付き合法化」論者になったかといえば、嫁をもらえない農家の青年が長年苦しむ様を見てきたことです、一年間まじめに働いてきて、年数回女性と和合する行為がなぜ法律違反になるのか、法律の方が間違っているのではないかと強く思ったからです。また女性がラブホテルでシャワーを浴びている最中に置き引きにあっても、売春は本来違法行為のため警察に届けられないケースもありました。
    一方において今風の若者は、3P4Pなど当たり前といって性に対する秩序が崩壊し続ければ、離婚率は上昇し家庭の崩壊から社会の崩壊につながって行きます。なぜこうなったかといいますと、法により供給が長年止められているために、情報化社会とともに、一般女性に対象が広がってしまったためだといえます。
    なぜ売買春は悪とみなされるのかについては、低次元では妻の独占欲や病気への恐怖心などで、高次元では精神性や一夫一婦制の破壊、しいては社会の崩壊につながると思い込んでいるからではないでしょうか。
    一夫一婦制は人間の真実であり理想ですが、それに当てはまらない人もいます。独身者などに性サービスの場を設ける事がなぜいけないのでしょうか。それは一面において感情である社会愛の実践になるのではないでしょうか。
    今必要な事は役に立たない何十年も前の法律を、お守り札のように奉るのではなく、現実を見据えて売春を条件付で合法化し、社会が秩序をコントロールする事ではないでしょうか。そうした運用の仕方が離婚率を減少させて社会を安定させ、やがて女性の不安を取り除く事になるのではないでしょうか。
    ※管理者様 余談ですが投稿に番号を入れてもらえないでしょうか。頭が悪いので前から読んでいると、どこまで読んだかわからなくなるのです。

  51. なぜ売買春は悪とみなされるか、もう少し掘り下げてシロウト考えを述べさせて頂きます。終戦以前は男社会でした。その中で売春は社会の中に溶け込んでおり、一般には善悪の基準さえありませんでした。しかし終戦と同時に価値観が一変します。そして昭和25年頃から女性社会への意識の転換が始まります。
    アメリカの禁酒法と日本の売春防止法は非常に良く似ていますが、アメリカの禁欲主義的な流れと、日本の社会主義による男女平等思想とは、表面的な潔癖性が融合し、売春は悪であるという戦後の価値観が確立しました。
    私たちが売春というと、すぐに赤い口紅をつけタバコをふかし、GIの腕にぶら下がる姿や、検挙される売春婦の姿を繰り返し見せられる事で、視覚による悪の連鎖イメージの固定化がされたと思います。
    売春防止法は一次的には娘の身売りなど、貧困からの救出という大義名分を持っていたのですが、別な角度から見れば、売春婦という職業があること自体、女性の地位向
    上を目指している人にとっては、邪魔な面もあったと思います。事実反対する女性もたくさんいたのに耳を貸さず、置屋からの借金を棒引きしただけで追放してしまいました。
    その後は最近に至るまで、「売春合法化」などというと、非国民扱いされる時代が続きましたが、エイズという天災により、地下での非合法な営業実体が明るみに出るにつれ、見直さざるを得なくなりました。
    売春に反対する一部のフェミニストは、さかんに女性の自立などという、結果として非嫡出子を増やすような矛盾した主張をしますが、どのような理屈をならべても、シングルマザーが良いはずはありません。なぜなら片親では子供が不幸であるからです。
    性行為自体は道徳的限界範囲内であれば、たとえ金銭の授受があっても本来善悪に関係はありません。売買春が悪とみなされるのは、一部女性の甘えと闘争心が社会に波及して、売買春は一義的に悪とする法律を制定した事。国民がその法律に縛られているのが原因ではないでしょうか。

  52. “なぜ売買春は悪とみなされるのかについては、低次元では妻の独占欲や病気への恐怖心などで、高次元では精神性や一夫一婦制の破壊、しいては社会の崩壊につながると思い込んでいるからではないでしょうか。 ”
    イスラム教は、一夫多妻を認めていますが、売春は認めていません。これをどのように説明しますか。

  53. 私は中学2年生くらいの学力しか持っていませんし、この件に関して調査もしていませんので、「イスラム教での一夫多妻と売春の関係」については不十分だとは思いますが、今回は自分の感覚だけで意見を述べさせて頂きます。
    なぜかわかりませんが、個人的には日本の天理教とイスラム教は同じだと思っています。イスラム教においてアッラーからの天啓による教示であっても、当然受入れる側の機根が重要視されます。その地域が政治的に王制であり王みずからがハーレムを形成していれば、法を広めるためには一夫多妻という、古くからの習慣を追認する必要性もあったと思います。また当時の貧困女性を救う意味もあったのではないでしょうか。
    アッラーであっても、エホバであっても、または天主様であっても、今も昔も太陽が二つとないように、人間に対し慈しみを与える神格は一つしかありません。神格の一部が個の人格にダイレクトに通信される時、土壌と合わない植物は育たないように、その地域の風俗習慣に合わせ、法は加工されて伝達されるでしょう。旧約と新約聖書で、性に対する寛容度が違うのはそのためではないでしょうか。また売春を認めないのは、当時の性労働が私たちの想像以上に悲惨であったりしたので、まずは救済という観点に立ったのではないでしょうか。
    しかし当時の具体的政策であるか加工された法が、時代や体制の変化により真意が失われ習慣だけが残る形骸化は、洋の東西に関わらずあります。本来は真意を理解し法は純粋に神意に向かうよう常に軌道修正されなければならないわけですが、聖職者は祈りと習慣を守る事だけに専念し、それが信仰の主流となるため本来の力を失ってしまうのです。従って「一夫多妻を認め、売春は認めない」とする法はその地域にだけ限定され、政治経済・人心の安定度・科学技術レベルの違う地域には、昔も今もあてはまらないことになります。
    同じ地球上で原始時代のコロニーを形成している所もあれば、最先端技術の中で仕事をしている人もいます。神格である根本法は変らないが、その集団社会に理解しやすいように現れ方が変化するのではないでしょうか。
    つまり現代日本においては、学問的にはどうかわかりませんが、イスラムにおける「売春は認めない」法は条件が違うため参考にならないと思います。

  54. イスラム教は、一夫多妻制とはいっても、妻は4人までしか持つことはできません。また、複数の妻を持つことができるのは一部の金持ちに限られます。売春は、石打ちの刑によって厳しく罰せられるので、性の希少価値は維持されます。

  55. 「厳しく罰せられる事により、性の希少価値は維持される」とありますが、希少価値が生じるのは需要に対して供給力がある程度は連続して維持される状態ではないでしょうか。イスラムの一部地域による売春への厳罰化は、その社会からの根絶を目指すもので生命リスクが著しく大きくなるため、仮に単発的に需給関係が発生したとしても、最初から価値そのものが生じていないと思います。
    売春は悪だとする出発点は、旧約聖書の十戒における「姦淫してはならない」と「売春」が混同されたのが原因ではないでしょうか。新約聖書ではイエス様は売春婦を祝福されており売春は許されているのです。しかしイスラム社会における一夫多婦制は最初から姦淫を犯していると思われ、クルアーンは旧約聖書を補足するためで同じ系統であるとされているにも拘らず、流布される過程で異質なものに変化していったのでしょう。 
    どのような優秀なチャネラーであっても啓示を受ける人間の精神状態がいつも高品位であるとは限りません。心の針が向く方向によっては異質なものになると思います。その一段下の法になると人間の恣意が入り、体制を維持するための曲解が始まります。人間は生まれてから両親や兄弟に最初に嘘をついた時すでに罪を犯しているのです。神の心は許しに満ちており人間に対しての報復は存在しません。どのような厳罰であってもなぜ民衆にみせしめを行わなければならないかが問題です。許しのない国家は常に混迷しているでしょう。
    たとえ売春が職業としてさげすまれ憎しみの対象になったとしても、愛があれば慈しみねぎらうでしょう。姦淫は簡単に言えば浮気をするなという事で、夫婦の適度な性行為は善であるが、他に貪りの心を持つと悪になるのではないでしょうか。既婚者の場合は相手が売春婦であっても姦淫になるが、売春婦の側は姦淫にならないのです。その人の立場によっても違ってきますが、最終的には個人のモラルであり心の痛みを感じるか感じないかで決まるでしょう。
    しかし実際に売買春できるどれほどいるかです。男性の場合の性欲は2~30代がピークでそれからなだらかに下がり50才くらいになるとほとんど必要性を感じなくなります。
    日本の人口の割合や経済状況をみれば自ずと決まってくるでしょうし、売春が合法化されても実際は人口の減少もデフレによる価格の暴落も起きないでしょう。現在の風俗における派遣系などの届出制は、リスクの拡散と二次犯罪の誘発につながります。良識ある人は合法化による有害環境の囲い込みを提唱しており、一刻も早い実施が望まれるでしょう。

  56. “イスラムの一部地域による売春への厳罰化は、その社会からの根絶を目指すもので生命リスクが著しく大きくなるため、仮に単発的に需給関係が発生したとしても、最初から価値そのものが生じていないと思います。”
    イスラムの男も、男である以上、売春したいという欲望はあります。佐藤優氏がこういう面白いエピソードを紹介しています。

    緊急編集部対談 佐藤優 vs 河合洋一郎 | KING キング | 講談社の雑誌

    サウジのお金持ちは3人までと結婚して、最後のひとりは残しておく。でね、イスラム教には時間結婚という考え方があるんだよ。最初に結婚する期間を決めて、離婚する時の慰謝料も決めておく。だから、2時間結婚して離婚の慰謝料は3万円、みたいなこともできる。結婚した相手とはセックスしても構わないでしょ。だから、実質的には買春でも女を買ってることにはならない。つまり、ロンドンで彼らが行くのは売春宿じゃなくて結婚斡旋所なわけ。

  57. イスラム圏でも、売春に関する罰則は地域によりばらつきがあるようです。現代に於いてもなお、厳しく罰せられること自体悲しい事です。今回のテーマである「なぜ売買春してはいけないのか」については、個人的には旧約聖書における姦淫戒を拡大解釈したことが原因だと思っています。しかし普段はそこまで追求する必要もないので、島国日本を覆っている売買春は悪とする諸説について考えてみました。
    ・民主主義丸投げ性善説—話し合って多数決で決めたのだからこれが最高で、後は必要ないとするもの。(多数決は通信簿で言えば3の平均的意見となるので、最も良い意見ではないのです—残念)
    ・迷信空気説—日本上空を売春は悪だとする空気が覆い、売春合法化を言うと「空気読めよ」と言われるため、ストレス障害になるというもの。
    ・フェミニスト紅衛兵説—売春合法化を言うと吊るし上げをくい、下放させられるので恐ろしくて口に出せないというもの。
    ・女性正上位説—女性は上でなければいけないとするもの—これ以上書くと下品になりそうなのでやめておきましょう。

  58. 男性の性欲は、出してしまえば終わり なのですから、女性が病気や妊娠の
    リスクを伴ってまでしなければいけないことではないと思います。
    つまり、自由の利かない障害者の男性等に対しては、男性の看護師が
    手袋を嵌めて障害者の男性の性器を刺激してあげて、出させてあげればいいと思います。色々な事情で結婚できない男性や、モテない男性が女性と肌を合わせることが
    出来ない等というどうでもよい事情を、関係のない女性がリスクを犯してまで背負うことはありません。女性だって性欲の強い人はいるでしょうが、金で男性の性器をおもちゃにするようなえげつない人は少数です。男性はわがまますぎるのではないでしょうか。
    貧しい女性につけこんで喜んで買春する男性よりも、2次元の美少女相手に
    自慰をする男性のほうが立派だと思いますね。

  59. 僕は風俗いってもいけないひとなのですが
    何でも我慢すると
    僕みたいになってしまいます
    我慢しすぎると良くない結果が待っています
    風俗も一般的な恋愛をしている人も、同じに見える
    いいな~と思う
    悪い事をしても、たかが数年
    けど、悪い事もできない
    絶対的に悪い事してるほうが
    有利の様です!
    僕の人生の結論。
    中途半ぱにまじめな事していたら最悪の結果に
    なっている....

  60. 売春を悪とする価値意識を法制で守るというのはセックスの希少価値を高めたいという無意識の願望に尽きるのでは。
    短期売春契約が安いと長期売春契約が売れなくなりますから。
    結婚制度が崩壊します。
    いえ、今の家父長的制度ですけれど。
    少子化もあまり無関係では?
    母子家庭が増えることはあるでしょうけれど。
    となるとあらゆるところでこの国の法制体系を支える価値意識が崩れます。既に兆候は明快だと思いますけれど。
    為政者である爺さんがたが既得権を失います。(それを指示する年配者も)
    金と権力を背景にしてでしか若い女性とのセックスは獲得できないのでしょうし。
    さらには自らのよってたっている価値意識が崩れます。それを再構成する柔軟さとパワーは立法機能を持つ彼らにはもはやないでしょうし。
    そら恐れますわね。
    身の危機ですから。
    若い既婚女性は既に売春とも呼べない(無対価にて)ムーブメントに事実上入っておりますので、長期売春契約による高価格戦略は機能しなくなりつつあります。若い人が結婚しない理由の一つになっているかも。
    機能しない制度の裏をとって現実的に生きるのはこの国の女性のお家芸でしょうし。
    様々な無対価が普及するなかで「売春は悪?」というテーマ設定が意味を失いつつあるのでは。
    無対価というのも実際は支払い方式がキャッシュオンでないだけで、ホビーセックスの費用を男性が分担する場合がまだ多いでしょうから(そのほうが高くつく場合もあるでしょうし)、売春の定義の境界が曖昧になりつつあり、その点においてもこのテーマが終わりに近づいていると感じます。

  61. 売春と非売春の境界は、はっきりしたものではなく、たとえば、豪華なご馳走をおごってもらった後にベッドインするというとき、そのご馳走は、対価として機能しているので、売春としての性格をある程度持つことになります。しかし境界的な事例があるからといって、売春そのものがなくなることはないでしょう。オランダやドイツにおけるように、合法化されるということはあるかもしれませんが。

  62. (Wikipediaより抜粋)
    2004年度の厚生労働省と日本家族計画協会の共同調査によると、先述の定義に照らした場合、日本の夫婦の実に32%(およそ3組に1組弱)までもがセックスレスに相当し、さらに1年以上性交渉のない夫婦は2割(32%のうちではなく全夫婦の2割)にのぼる
    と記載されている。
    SEXのために男女が結婚するというのは幻想。

  63. セックスレス夫婦は、はじめからセックスをしないつもりで結婚をしているわけではありません。だから、その統計から導けることは、「SEXのために男女が結婚するというのは幻想」ではなくて、日本では離婚は容易ではないということです。

  64. 売春も結婚制度も支配層(指導層)の管理目的で作られたものでは無いのでしょうか?
    本来的には両人が納得していればあれこれ言うべき事象とは思えません。
    合法・非合法どちらにせよ強制されての売春が悪だと思います。
    穢れの思想も時の指導者が独占欲を満たすための方便だと考えるのですが?

  65. 売春は、結婚と同様に、人類以外の霊長類でも観察される現象ですから、支配層が強制する人為的な制度といったものではないと思います。

  66. 売春を悪とする規範の背景は,単に,娼婦を買う余剰が十分にない又は娼婦の商売で満足に利益を上げることのできなかった貧乏人によるルサンチマンということはできませんか。多少自分の首を絞めることにはなっても,貧乏人にとっては,金持ちや権力者にいい思いをさせないメリットが享受できるのだから,このような社会主義的ルールを受け入れやすいはずですし,このような貧乏人にとって受け入れられやすいルールの策定は,キリスト教の勢力拡大にとって有用です。

  67. >>どのような理屈をならべても、シングルマザーが良いはずはありません。なぜなら片親では子供が不幸であるからです。
    片親の子供がかわいそう、というのはどうですかね。暴力を振るったり性的虐待するような父親でもいたほうがいいんですかね。
    >>セックスレス夫婦は、はじめからセックスをしないつもりで結婚をしているわけではありません。だから、その統計から導けることは、「SEXのために男女が結婚するというのは幻想」ではなくて、日本では離婚は容易ではないということです。
    セックスレスは、離婚したいのに出来ない夫婦ばかりが陥る現象というわけでもないと思います。未婚のカップルにも多く見られるようで、既婚、未婚に関わらず男性に「性嫌悪症」というのが増えていて、奥さんや彼女とだけはSEXしたくなるというのがあるそうです。これは、奥さんや彼女への愛情がなくなるからというわけではなく「異性への愛情」が、母親への愛情や兄弟愛と同質の「家族愛」に変化するからだそうです。母親や姉妹といった家族とは普通SEXしようとは思わないでしょう。つまり奥さんや彼女とのSEXが近親相姦と同じように感じられるからしなくなる。愛情がなくなり、離婚間近故のセックスレスとは全く異なります。
    日本では離婚が容易でないというのも信じられませんね。
    そこらじゅう離婚だらけじゃないですか 笑

  68. 日本の離婚率は、他の先進国と比べて高いとはいえません。また、離婚が比較的簡単な事実婚の割合もきわめて低く、これらの事実を勘案するならば、日本は、離婚が容易ではない国として考えることができるでしょう。カトリック教国のような、宗教的制約がある国と比べれば、離婚は容易ですが、離婚に対する世間の目は冷たいのが現状です。以前、NHKのアナウンサーである黒田あゆみ(現在、渡邊あゆみ)が、隠していた離婚が発覚したという理由で担当していた番組を降板しましたが、この出来事は、日本人が、離婚に対して寛容でないことを象徴しています。

  69. 本来、自由であるはずの性交渉が、貞操、結婚という掟で縛られ、気軽に性交渉を行うことが出来ないのは、生物的には自由であるはずの、生殺与奪が法律で縛られているのと同じではないでしょうか?女性は性欲が少ない等の意見がありますが、それは間違いだと思います。私が思うに、男性は独占的な性支配を行うことで満足する傾向があるが、女性は、本来、よりよい遺伝子を求めて、新たな精子を求める傾向があると思うのです。多くの動物がそうですし、そうすることで、多くの遺伝子を地球上に残し、強い子孫を残してきたと思います。
    ですが、個々人が好き勝手に性交渉を持つ社会は、それはトラブルが多いことと思います。
    「俺の女に手を出しやがって」と戦争にまでなった歴史は数知れず、結婚という制度は、女性を占有する契約をすることで、こういったトラブルを防ぐ効果があるのではと考えます。ですから、女性には貞操を守ることを美徳とし、婚前も性交渉を避けることで、将来の禍根を減らす、これを歴史が繰り返してきたのではないでしょうか。
    とはいえ、男性のほうが出生率が高いのですから、一夫多妻の国では、ほとんどの男が独身になると思います。そうなってくると、女性は徹底的に肌を露出しない、夫以外の男性と会話もできない、という風に規制しなければ、性犯罪が爆発的に増加してしまうことでしょう。
    男は、戦争にどんどん参加し、どんどん死ぬことで男女の比率が保たれ、結婚という性交渉の相手が確保しやすくなっています。戦争のない、現代日本のような社会では、男があり余っており、しかも悪いことに、性風俗を商品化したメディアが氾濫しています。先ほどの一夫多妻の国と同じ状況にもかかわらず、誘惑はとんでもなく強い状況だと思います。
    要するに、自由きままに性交渉を行うと、とんでもないトラブルが多発し、社会不安になるので、結婚や宗教の戒律で性を縛ってきたのだが、平和と言う要因が余ったオスを作り出し、これらが社会を苦しめていると思うのです。
    話が迂回しましたが、このような状況で貞操や結婚という概念にしばられつつ、独身でパートナーもいない、性交渉の機会すらない男達をないがしろにすれば、凶悪な性犯罪や、社会に対する鬱憤が蓄積し、必ずや平穏に暮らしている人々に障害となると思います。
    結婚、貞操を説き、余ってしまった男性の欲求を否定するならば、女性は露出のある服装を禁止し、性メディアも禁止すべきです。裸に近い格好で、痴漢にあったなどと、都合がよすぎます。
    または、積極的に戦争でも起こして男の人数を減らすかしかないと思います。
    そういった意味で、売春の合法化はよい方法と思います。
    平和というものの思わぬ副産物が、余ってしまった男達なので、とはいって戦争をおっぱじめるわけにもいかず、女性にアラビアのような格好をしろといっても無理だろうし、性メディアを徹底的に規制しても、闇社会が増長するだけです。
    売春を合法化し、闇社会の資金ソースを撲滅し、あり余ってしまった男達の鬱憤を晴らし、住みよい社会にして欲しいものです。

  70. “女性は徹底的に肌を露出しない、夫以外の男性と会話もできない、という風に規制しなければ、性犯罪が爆発的に増加してしまうことでしょう。”
    むしろ、そのように規制すればするほど、男の性欲は高まり、性犯罪も増えるというのが、本文の趣旨です。イスラム社会では、性犯罪がそれほど多くないという反論もあるかもしれませんが、イスラム社会では、女性がレイプされると、女性が男性を誘惑したということで、女性の方が死刑になることが多く、このため、被害女性は、被害を訴えることがありません。だから、イスラム社会における実際の性犯罪発生率は、不明なのです。

  71. 性とは聖だから売春はいけないと云う気持ち有るのではないのでしょうかね。
    其の昔日本では儒教が来る前には神社で神様の前で性交を行う事が有りました。
    性と聖であり汚してはいけないものなんですね。
    其れは今の世界の人にも共通の意識として有るのではないでしょうか。
    何しろ命の原点ですから其れを金儲けのネタや遊びに使うことは誰しも後ろめたさが有るのではないでしょうか。

  72. “其の昔日本では儒教が来る前には神社で神様の前で性交を行う事が有りました”
    そのとおり。実は、『ファリック・マザー幻想―学校では決して教えない永井俊哉の“性の哲学”』の58-78頁で、西欧の神聖娼婦や日本の遊女を取り上げたのですが、そこで書いたとおり、母権宗教においては、性と商品貨幣の交換は、交換媒体としての神の権威を高めるのであって、汚すわけではありませんでした。これを汚らわしいとして否定したのが、後に成立した父権宗教でした。「何しろ命の原点ですから其れを金儲けのネタや遊びに使うことは誰しも後ろめたさが有る」というのは、現代の父権宗教的な価値観ですね。

  73.  なぜ売買春はいけないのか。
     結論として値段が高いからである。ニートにはとても払う事が出来ない。ましてや親の金で女を買うなんてのは良心の呵責に食いつぶされてしまうのである。現代の弱者は画面に映る裸の女体を見ては擦り手を合わせて泣いているのである。
     このような現状において、結論として述べられた合法化された暁の価格の暴落により、ニート達に羽が生えてしまう事を世間は恐れているのである。
     斯くの如く人間は弱者を必要とする。どの時代にあっても下がいなければ歩く事もままならないのが普通の人たちであると私は思う。

  74. 世の中、生涯に30億円以上をセックスに使っている富豪もいますからね。世界の売春婦高額ランキング(YouTube 動画)によると、トップの娼婦は1回5万ドルとのことですが、日本ではもっともらっている人もいるようです。

    札束の布団を敷く男、セックスに30億円使った男……大金持ちの「信じられないカネの使い方」 | 現代ビジネス [講談社]

    [兜町の風雲児の側近は]マンションの一室に札束で『布団』を敷き、女性と乱痴気さわぎをしていたと聞きます。情事が済んだ後には、相手の女性に1000万円の札束をプレゼントしたとか。カネの魔力に魅せられ、女性は皆、喜んで抱かれたみたいです

  75. 本文・フィードバックにおける永井さんの言葉から質問させて頂きます。
    また以下に関するお薦めの書籍などもありましたら教えて頂けると嬉しいです。

    性道徳の背景には、人口増加を善とする思想がある。
    →何故ですか?また何故人口増加は善とされるのでしょう?

    不安こそが愛を燃え上がらせるのであり、安定は逆に愛を殺します。不倫が楽しいゆえんです。
    →どうしてでしょう?

    なぜセックスを「金には代えられないもの」「お金では買えないもの」にして、希少価値を持たせなければならないのかが問題
    →何故ですか?

    売春は、結婚と同様に、人類以外の霊長類でも観察される現象ですから、支配層が強制する人為的な制度といったものではないと思います。
    →どの種において観察されるのですか?

    それと、売春に限らず風俗嬢やキャバクラ嬢、高級クラブのホステスまでもが卑しい職だとされるのは何故なのでしょう?

  76. ヒトに限ったことではありませんが、どの生物種も、個体数の増加がかえって種の存続を脅かす場合を除いて、自分たちの個体数を増やそうとするものです。

    種を存続させるには、環境適応と変化適応の二つが必要であり、有性生殖が変化適応のためであることに関しては「有性生殖はなぜ必要なのか | 永井俊哉ドットコム」を御覧ください。セックスが変化適応のためなのだから、不安になると愛欲が燃え上がるというのは、合理的なことなのです。お金で安易に買えないようにする、つまり売買春をするときには法律違反というリスクを負わせるというのも、セックスのドキドキ感を高める一つの手段ということです。

    人間以外の売買春(食べ物を与える代わりに交尾を要求する慣行)に関しては以下の論文を参照してください。

    Gomes, Cristina M., and Christophe Boesch. “Wild Chimpanzees Exchange Meat for Sex on a Long-Term Basis.” Edited by Colin Allen. PLoS ONE 4, no. 4 (April 8, 2009): e5116. doi:10.1371/journal.pone.0005116.

    Humans and chimpanzees are unusual among primates in that they frequently perform group hunts of mammalian prey and share meat with conspecifics. Especially interesting are cases in which males give meat to unrelated females. The meat-for-sex hypothesis aims at explaining these cases by proposing that males and females exchange meat for sex, which would result in males increasing their mating success and females increasing their caloric intake without suffering the energetic costs and potential risk of injury related to hunting. Although chimpanzees have been shown to share meat extensively with females, there has not been much direct evidence in this species to support the meat-for-sex hypothesis. Here we show that female wild chimpanzees copulate more frequently with those males who, over a period of 22 months, share meat with them. We excluded other alternative hypotheses to exchanging meat for sex, by statistically controlling for rank of the male, age, rank and gregariousness of the female, association patterns of each male-female dyad and meat begging frequency of each female. Although males were more likely to share meat with estrous than anestrous females given their proportional representation in hunting parties, the relationship between mating success and sharing meat remained significant after excluding from the analysis sharing episodes with estrous females. These results strongly suggest that wild chimpanzees exchange meat for sex, and do so on a long-term basis. Similar studies on humans will determine if the direct nutritional benefits that women receive from hunters in foraging societies could also be driving the relationship between reproductive success and good hunting skills.

    この論文で取り上げているのはチンパンジーですが、ボノボもやっているらしい。類人猿で行われている食物配分は、子育ての見返りのためではなくて、交尾の見返りであることが多いようです。これに関しては、以下の論文を参照してください。

    Jaeggi, Adrian V., and Carel P. Van Schaik. “The evolution of food sharing in primates.” Behavioral Ecology and Sociobiology 65, no. 11 (November 2011): 2125–40. doi:10.1007/s00265-011-1221-3.

    The aim of this study is to explain the occurrence of food sharing across primates. Defined as the unresisted transfer of food, evolutionary hypotheses have to explain why possessors should relinquish food rather than keep it. While sharing with offspring can be explained by kin selection, explanations for sharing among unrelated adults are more controversial. Here we test the hypothesis that sharing occurs with social partners that have leverage over food possessors due to the opportunity for partner choice in other contexts. Thus, we predict that possessors should relinquish food to potential mates or allies, who could provide or withhold matings or coalitionary support in the future. We used phylogenetic analyses based on both maximum likelihood and Bayesian approaches in a sample of 68 primate species to test these predictions. The analyses strongly indicate that (1) sharing with offspring is predicted by the relative processing difficulty of the diet, as measured by the degree of extractive foraging, but not overall diet quality, (2) food sharing among adults only evolved in species already sharing with offspring, regardless of diet, and (3) male–female sharing co-evolved with the opportunity for female mate choice and sharing within the sexes with coalition formation. These results provide comparative support for the hypothesis that sharing is “traded” for matings and coalitionary support in the sense that these services are statistically associated and can thus be selected for. Based on this, we predict that sharing should occur in any species with opportunities for partner choice.

    違法でない限り「職業に貴賎なし」というのが建前ですが、AV出演疑惑で仕事を失う人がいることからもわかる通り、風俗関連の仕事に就くことはリスクが高い。これもセックスを日常的な平凡にしない倫理規範の結果です。

  77. ご丁寧にありがとうございます。
    またいくつか疑問が出てきました。

    〈頂いたFBより〉
    ヒトに限ったことではありませんが、どの生物種も、個体数の増加がかえって種の存続を脅かす場合を除いて、自分たちの個体数を増やそうとするものです。
    →その理由は解明されていないのでしょうか?また、子は不要だというヒトの存在はどう説明がつくのでしょう?

    風俗関連の仕事に就くことはリスクが高い。これもセックスを日常的な平凡にしない倫理規範の結果です。
    →キャバクラ嬢やクラブホステスは接客業であり、性的サービスを提供するわけではないのに、セックスワーカーと同種の蔑視を向けられますが、これは何故でしょう?
    (全てのキャバクラ嬢やクラブホステスがそうだとは言いませんが)色恋営業(というイメージ)だからでしょうか?だとすると、どうして色恋営業は蔑視に値するのでしょう?
    またパパ活には性行為の伴わないものもあるようですが、これはどういった位置付けだとお考えになりますか?

    〈本文より〉
    なぜ、ベテラン売春婦とは違って、セックス・テクニックが皆無で、ただマグロやっているだけの、しかも体が未熟でおいしくない素人の女子高生が高く売れるかといえば、それは多くのオヤジが、「素人の女子高生は処女だ」と信じているからである。現在、オヤジたちは、これが幻想に過ぎないことに気がつき、「本当の処女」を求めて女子中学生を漁り始めている。オヤジが、これだけ処女にこだわるのは、言うまでもなく、経験者よりも処女の方が、希少価値が高いからだ。
    →①普通、売春するような女を誰も処女だとは思わないのではないでしょうか?管見の及ぶ限りでは、彼らは処女を求めているのではなく、処女性(初心さ)を求めているのだと考えます。売春者に処女性を求めるなど馬鹿げているとは思いますが。
    また買春に限らず、男性は女性に処女性を求める性質を持つように感じます。ですがだとすると、それは何故なのでしょう?
    ②処女の方が高価値であるのは実感としてありますが、希少だからなのでしょうか?それは違う気がします。処女であれば身籠っていないことは確実であり、すぐに自分がその女を孕ませられる可能性が高いから、男性は生理的に処女を好むのでしょうか?
    永井さんのご意見をお聞かせください。

    戦前の日本では、妻が夫の買春を容認したために、公娼制度を作っても、あまり独身者を増やすことにはならなかったが、現在のように、妻が夫の不倫に寛容でなくなると、そういうわけにはいかない。
    →戦前の妻が夫の不倫に寛容であった理由、現在そうでない理由は何でしょう?

    売買春は、婚前交渉よりも成立が簡単で、それだけセックスの希少価値をより大きく下げるから、婚前交渉よりも嫌われる(要点だけ抜きました)
    →そうでしょうか?我々は希少価値が低いからとという理由でそのものを嫌ったりするのでしょうか?

  78. JD さんが書きました:

    子は不要だというヒトの存在はどう説明がつくのでしょう?

    「個体数の増加がかえって種の存続を脅かす場合を除いて」と書きましたでしょう。

    JD さんが書きました:

    キャバクラ嬢やクラブホステスは接客業であり、性的サービスを提供するわけではないのに、セックスワーカーと同種の蔑視を向けられますが、これは何故でしょう?

    セックスを猥褻として隠蔽すると、セックスを連想させる行為が二次的に猥褻になります。これについては「性的自己擬態の記号論」を参照してください。

    JD さんが書きました:

    普通、売春するような女を誰も処女だとは思わないのではないでしょうか?管見の及ぶ限りでは、彼らは処女を求めているのではなく、処女性(初心さ)を求めているのだと考えます。売春者に処女性を求めるなど馬鹿げているとは思いますが。また買春に限らず、男性は女性に処女性を求める性質を持つように感じます。ですがだとすると、それは何故なのでしょう?

    最初から処女でない女性などいません。女子高生など年齢の低い素人の女性を好んで買おうとする男には、やはり処女とやりたいという気持ちがあるのだろうと思います。「経験者よりも処女の方が、希少価値が高い」と書きましたが、その希少性とは非日常性と言い換えてもよいでしょう。経験を重ねたプロの売春婦にとってセックスは日常と化しています。エロティシズムが非日常的な規範の侵犯にその本質がある以上、それを最も燃え上がらせるのは、セックスを拒否し続けてきた処女を犯す時だと言えます。

    JD さんが書きました:

    処女であれば身籠っていないことは確実であり、すぐに自分がその女を孕ませられる可能性が高いから、男性は生理的に処女を好むのでしょうか?

    結婚相手を選ぶ時は、そういう理由に合理性がありますが、孕んでもらってはむしろ困る売買春の場合は、そういう理由ではありません。

    JD さんが書きました:

    戦前の妻が夫の不倫に寛容であった理由、現在そうでない理由は何でしょう?

    厳格な一夫一婦制はキリスト教によって世界に広められたもので、前文明的な社会では、今でも一夫多妻制が多く、形式的に一夫一婦制でも婚外交渉がごく普通に行われていることが多い。アメリカの人類学者、マードックは、人口の多寡を無視して、言語の種類によって社会の種類を区別して、それぞれの結婚形態を調べてみると、80-85%の社会が一夫多妻制を許容しており、厳密な意味で一夫一婦制、つまり複婚が罰せられる社会は、16%しかなかったと報告しています[G.P. Murdock(1967)Ethnographic Atlas,University of Pittsburgh Press]。

    JD さんが書きました:

    我々は希少価値が低いからとという理由でそのものを嫌ったりするのでしょうか?

    「低いから嫌い」というのはおかしい。「低くするから嫌い」と書くべきでしょう。

  79. 市場主義的に考えれば、売る人は相応の価格を提示して、買う人はその提示された金額を自分の意思で買う。だから売り手にも買い手にも利があり、それを正しいと考えると思います。また、自由主義的に双方の同意があれば、個人の選択及び決定を侵害するべきではないと考えると思いました。
    私としては、売春自体がいけないのではなく、同意に第三者が介入している状態(経営)がいけないのだと考えます。リプロダクティブ・ヘルス/ライツという概念が在りますが、経営を行う第三者が介入する事で個人の性への自由を侵害してしまっているのでは?ということです。しかし、これを言ったとすれば、個人の自由意思に元ずく職業選択として性を売っている人も居ると考えると思います。これに対して私は思うのですが、大富豪が自分から喜んで体を売ろうとするでしょうか?その必要があるのでしょうか?中にはいるかもしれませんね(笑)。何が言いたいのかと申しますと、貧困者が体を売る場合、自由意思で売るのではなく、生きるために財を得なければならないという強制力がはたらいている為、真に自由意思によるものではないということです。人権侵害だなんて極端な事は言いませんが、もし売春行為が貧困層に集中しているとすれば、貧困が生じる大元である格差の是正(無くならないと思う・・・)や、それを経営としている道徳性・倫理性を捨てた腐った人間をどうにかするべきなのではと考えました。ただ、本当にそれを生業としている人間がいた場合、仕事を奪う事になってしまいますね・・・。どうすればいいのでしょうか。
    あれ?貧困で売春するなら第三者の介入(経営者)が無くても起こり得ますね。どうなんだろうか・・・。経営のなかで売春する方が売る人も買う人もやりやすいのかな?すいません分からないです。
    あと、文字打ってって気が付きましたが売春と風俗の違いもいまいち分かってなかったみたいです。

  80. 続きです。風俗は正式に営業届けが出されているみたいですね。後、挿入行為も禁止されているみたいです。でも国で認められてるってことになりまして・・・。
    難しいです。ますます分からなくなりました。

  81. 連投すいません。風俗について少し調べてみました。
    単純に(風俗が)合法だから善(売春が)違法だから悪なんてのは思考停止になってしまいますね。
    営業届けをだして国で認められてるってことは、逆に女性を守る事に繋がるとも考えられました。制限を越えた即ち強姦の抑制に効果があり、生業とするなら女性にとっては売春よりは少し安全になるのではないかと。性病に関しては・・・オーラルxxxとかもありますし安全とは言えないですね。

  82.  国で管理できる範疇で合法としている。それが出来ない売春は違法とするのが妥当?
    風俗をこれらのもとで合法とするなら、条件として責任者である経営者が労働管理としてスタッフの観察が出来ていなければならないですね。
    労働基準局の監査が入らないようにするため?
    徹底するのであれば、スタッフも客も医師の診断書をもって、互いに性病でない事を確認できてから行為に及ぶ必要がありますね。

  83. 第三者が売買に介入しているとか、貧困でやむなく従事しているとかといったことは、他のほとんどの労働に当てはまることで、売買春禁止の理由にはなりません。安全性は、合法化して国が管理した方が担保されるでしょうから、法的に禁止してアングラ産業化させている現状の説明にはなりません。

  84. >>他のほとんどの労働に当てはまることで、売買春禁止の理由にはなりません。

    市場が確立し需要が増え価格競争が激しくなれば合法化しても結局アングラ化するのでは?
    今のブラック企業がそうでしょう。
    むしろ、原始的欲求に関わるだけにかえって一般職のブラック化よりも性質が悪くなるのは想像に難くないと思いますが。
    また、ブラック企業の場合、手口は違法ではなく脱法ですからもし売春で同じようなことされるとそれこそ手を出せなくなってしまいます。
    ドイツなんかあまりに泥沼化しすぎて合法化しても改善するどころかより性質の悪いものになっています。マフィアの力があまりに強すぎて
    「合意の上の売春だ」と言われたら警察であっても手を出せないという状態。
    強大なマフィアはデータ改ざん、文書偽造なんてお茶の子さいさいでしょうし。
    捜査で売春を足掛かりに捜査令状を取って武器密輸やテロを摘発するなんてのも難しくなる。

    >>合法化して国が管理した方が担保されるでしょうから

    一般職ですらブラックだなんだと騒がれて、管理がしっかり行き届いていないんですから。売春はなおさらでしょう。
    それに人間は反社会的なものに興奮を覚えます。合法化すればより大きな刺激を求める人も現れるでしょうから
    売春が減る代わりにスナッフ(拷問)やレイプが今度はアングラで確立されるのでは?

    意味ないとまでは言いませんが、一つの悪を封じ込めたらより性質の悪い悪が潜み始めるのは歴史的に観ても良くあることです。
    ブラジルでは麻薬を摘発するために捜査を厳しくしたら、マフィアが消えた代りに今度は汚職警官が薬の元締めを始めるなんてことがありましたね。

  85. ガスコインさんが書きました:

    市場が確立し需要が増え価格競争が激しくなれば合法化しても結局アングラ化するのでは? 今のブラック企業がそうでしょう。

    日本にブラック企業が多いのは、労働市場で市場原理が機能しているからではなくて、むしろ逆に機能していないからです。

    ガスコインさんが書きました:

    マフィアの力があまりに強すぎて「合意の上の売春だ」と言われたら警察であっても手を出せないという状態。強大なマフィアはデータ改ざん、文書偽造なんてお茶の子さいさいでしょうし。

    合意があったかどうかは、被害者の説明や被告人の供述のほか、客観的証拠に基づいて行います。そうした判断ができないというのなら、どんな強姦も和姦と言いくるめることができるのですから、強姦罪も成り立たないということになります。

    ガスコインさんが書きました:

    捜査で売春を足掛かりに捜査令状を取って武器密輸やテロを摘発するなんてのも難しくなる。

    別件逮捕などしなくても、通信傍受などの方法で武器密輸やテロを未然に防ぐことができます。

    売春が減る代わりにスナッフ(拷問)やレイプが今度はアングラで確立されるのでは?ガスコインさんが書きました:

    最近は、VR技術が進歩しているので、仮想世界でそういう体験をすることができるようになるでしょう。それで満足できる限り、違法あるいはアングラである必要はなくなります。満足できない人は犯罪に走るでしょうが、そういう人は今でもいます。

    ガスコインさんが書きました:

    意味ないとまでは言いませんが、一つの悪を封じ込めたらより性質の悪い悪が潜み始めるのは歴史的に観ても良くあることです。ブラジルでは麻薬を摘発するために捜査を厳しくしたら、マフィアが消えた代りに今度は汚職警官が薬の元締めを始めるなんてことがありましたね。

    かつてポルトガルでは、厳しい取り締まりにもかかわらず、国民の1%が薬物中毒でした。厳罰を与えても、事態は悪くなる一方であったため、ポルトガル政府は、個人の薬物保持を非犯罪化し、犯罪の取り締まりに費やしていた予算を、依存症患者の社会復帰に使うことを決めました。

    薬物服用を犯罪にすると、薬物依存症患者は誰もそれを正直に申告しません。非犯罪化したことで、政府は薬物依存症患者の実態を正確に把握することができるようになりました。そうした政府による資金援助もあって、依存症患者の社会復帰が順調に進み、その結果、ポルトガルにおける薬物服用が50%も減少しました。これは、売春の禁止に関しても参考になる事例です。

  86. >>日本にブラック企業が多いのは、労働市場で市場原理が機能しているからではなくて、むしろ逆に機能していないからです

    売春を合法化して市場がきちんと機能するという確証はどれほどあるのですか?
    産業として見るのなら売春は麻薬よりも兵器市場に近い。
    「セックス」と「暴力」は「支配欲」という最強の原始的欲求に直結しやすいため、麻薬とは質が異なります。
    (医学的に観ても麻薬依存症の方が簡単に治療できます)
    そのため両者共幾ら供給しても需要が満たされることはありません。故に悪党が介入する隙が大きいのです。
    アメリカは銃を合法化しているにもかかわらず、未だ泥沼の只中にいますからね。
    それにみんながみんなオランダのマネをしたら問題が循環すると思う。

    取り立て日本はそこまで性犯罪事情が酷いわけではありませんから。
    どうも合法化と言われてもピンときません。
    無論、状況が悪くなり過ぎればドイツの様に焼け石に水状態になるわけですが。
    あの国は犯罪抑止という部分に期待するのはやめて、潔く女性たちの身体保護に徹しています。                  
    私自身も「とりあえずは女性の身を守る」という部分に期待はしてはいますが、これで売春の母数が減るのか
    アングラ化を防げるのかという点にはあなたほど楽観的にはなれません。
    合法化しても規制が厳しければ違法化しているのと変わらないし、
    逆に規制を緩くしたらマフィアが堂々と商売できるようになってしまいます。

    また買春者の層も重要です。オランダがうまくいっている(本当にうまくいっているかどうかは置いといて)
    のは売春する側というより、買春する側の層が良いからだと思う。
    アメリカだと売春婦の死亡原因のトップ1が商売中の殺人です。そのため、売春婦は必ずと言っていいほど
    護身用に銃を隠し持っていますし、元締めも商売道具が殺されちゃかなわないんでボディーガードを雇うのは常識です。
    フランスが買春を違法化したのも似たような背景があるからだと思う。元々フランスはロシアンマフィアの巣窟ですから。

  87. ガスコインさんが書きました:

    売春を合法化して市場がきちんと機能するという確証はどれほどあるのですか?

    私は、ブラック化とアングラ化は同じではないという趣旨で書きました。解雇規制が厳しいと労働の流動化が妨げられるので、労働者は企業の理不尽な命令に服従せざるをえなくなり、かくして企業はブラック化しますが、買春業は終身雇用ではないので、ブラック企業で起きている問題は起きないということです。買春業界では、特殊な場合を除いて、売り手には移動の自由がありますが、商売自体が違法であるため、アングラになっているのです。

    ガスコインさんが書きました:

    産業として見るのなら売春は麻薬よりも兵器市場に近い。

    売春は、武器産業のような人を殺すための産業なのですか。

    ガスコインさんが書きました:

    「セックス」と「暴力」は「支配欲」という最強の原始的欲求に直結しやすいため、麻薬とは質が異なります。

    最も「支配欲」という最強の原始的欲求に直結している業界は政界です。政界は、売買春や兵器の密売以上のアングラ産業でしょうか。

    ガスコインさんが書きました:

    アングラ化を防げるのかという点にはあなたほど楽観的にはなれません。合法化しても規制が厳しければ違法化しているのと変わらないし、逆に規制を緩くしたらマフィアが堂々と商売できるようになってしまいます。

    1920年から1933年まで米国では禁酒法が施行され、酒の密売がマフィアの収入源になりました。それを取り締まろうとした警察とマフィアの間で激しい銃撃戦が起き、二千人以上が死んだと言われています。それで禁酒法は廃止になり、今では、未成年の飲酒を禁止するといった規制があるものの、酒の販売はマフィアの商売ではなくなり、酒の販売をめぐる銃撃戦もほとんど起きなくなりました。売春に関しても同じことが言えます。

    ガスコインさんが書きました:

    アメリカだと売春婦の死亡原因のトップ1が商売中の殺人です。そのため、売春婦は必ずと言っていいほど護身用に銃を隠し持っていますし、元締めも商売道具が殺されちゃかなわないんでボディーガードを雇うのは常識です。

    護身用に銃を携帯するのは米国ではよくある話で、買春業に特有の現象ではありません。

  88. >>護身用に銃を携帯するのは米国ではよくある話で、買春業に特有の現象ではありません。

    だから売春は安全だと言いたいのですか。もし、そうなら矢面で連続殺人鬼とヤルことになるかもしれないリスクに怯えている彼女たちには通じませんよ。
    また、相対的に危険じゃないという意味で言ったのであれば基準値がそもそもレッドゾーンということですよね。何れにしても安全という結論には至りません。

    >>酒の販売をめぐる銃撃戦もほとんど起きなくなりました。売春に関しても同じことが言えます。

    合法化というのは簡単に言うとレッドラインの定義を狭めて警察の仕事を減らしましょうということです。
    一種の誤魔化しです。マフィアの商売じゃなくなったというけど要はマフィアの定義を狭めただけです。
    同時にマフィアが法の庇護下に入るため警察がマフィアに介入しづらくなります。今ドイツで起こっている現象です。
    これも一種のアングラ化ですよ。

    >>最も「支配欲」という最強の原始的欲求に直結している業界は政界です

    市場の話をしているのに何故業界。それに政界は支配欲に直結しません。何故なら政治家になって権力を握るまでに長い下積みが必要になるからです。薬物にしたって違法云々以前にやっていることは普通の企業のやっている商売とあまり変わりません。薬を作り、売って、儲けて地位を挙げていく根本は同じです。いずれにせよ一朝一夕では手に入りません。

    しかし、銃は持っているだけで相手を屈服させる力を持ち、さらに防衛本能を刺激します。持っているとなんとなく安心するのはそのため。
    そしてセックスはその行為自体が原始的欲求であると同時に強い暴力性を持ちます。
    インスタントに生理的な支配力を直接やり取りできるのが銃とセックスに共通する決定的な要素です。

    くどいようですが原始的欲求は制御が難しいんです。比較的快感強度の低い食事ですら依存性は高いんですよ。ネズミに際限なくジャンクフードを挙げると際限なく食べるためほとんどが肥満になりますが、薬物やアルコールの様な非原始的な快感を与えた場合、それを与えられたグループのうち依存体質になるのは1割程度です。

  89. ガスコインさんが書きました:

    だから売春は安全だと言いたいのですか。もし、そうなら矢面で連続殺人鬼とヤルことになるかもしれないリスクに怯えている彼女たちには通じませんよ。また、相対的に危険じゃないという意味で言ったのであれば基準値がそもそもレッドゾーンということですよね。何れにしても安全という結論には至りません。

    小金井ストーカー殺人未遂事件(アイドルの冨田真由さんがファンに刺されて重症を負った事件)や、AKB48握手会傷害事件(握手会のイベントにおいて、のこぎりを持った男がグループのメンバー2人とスタッフ1人を負傷させた事件)などの例を挙げるまでもなく、殺人鬼と遭遇するリスクは、他の接客業にもあります。だからといって、こうした接客業をも禁止するべきなのでしょうか。

    また、ガスコインさんは、買春業を現在のような非合法なアングラ・ビジネスのまま放置するよりも、合法化した方が女性のリスクを少なくする上で有効なのではないかという問いに有効な反論をしていません。リスクをゼロにすることはできませんが、それは他の接客業も同じです。合法化に際して、接客室に監視カメラを設置することを義務付けし、問題行動がないかどうかを人工知能に監視させるようにすれば、リスクは大幅に下がることが予想されます。

    ガスコインさんが書きました:

    合法化というのは簡単に言うとレッドラインの定義を狭めて警察の仕事を減らしましょうということです。一種の誤魔化しです。マフィアの商売じゃなくなったというけど要はマフィアの定義を狭めただけです。同時にマフィアが法の庇護下に入るため警察がマフィアに介入しづらくなります。今ドイツで起こっている現象です。これも一種のアングラ化ですよ。

    酒の販売を合法化しても、マフィアが酒の販売を続けると言うのですか。そういう話は、日本はもとより海外でも寡聞にして知らないのですが、証拠があって言っていることなのですか。

    ガスコインさんが書きました:

    市場の話をしているのに何故業界。それに政界は支配欲に直結しません。何故なら政治家になって権力を握るまでに長い下積みが必要になるからです。薬物にしたって違法云々以前にやっていることは普通の企業のやっている商売とあまり変わりません。薬を作り、売って、儲けて地位を挙げていく根本は同じです。いずれにせよ一朝一夕では手に入りません。

    日本の政治は民主主義政治なので、権力者は選挙で決まります。そして選挙とは、立候補者が売り手で、有権者が買い手であるところの権力市場です。この市場に参入し、当選する上で、「長い下積み」は必須条件ではありません(地方選挙は特にそうです)。もちろん、選挙には金が必要ですが、買春でも、女を買うことができるほど金持ちになるには、「長い下積み」が必要なこともあります。銃も、日本で手に入れようとするなら、違法薬物の入手の時と同じで、一定の障害を乗り越えなければなりません。ですから、本質的な違いがあるとは思えませんが、違いがあるとして、そこに何か意味があるのですか。

    ガスコインさんが書きました:

    銃は持っているだけで相手を屈服させる力を持ち、さらに防衛本能を刺激します。持っているとなんとなく安心するのはそのため。

    この文章の「銃」を「政治権力」で置き換えてみましょう。

    政治権力は持っているだけで相手を屈服させる力を持ち、さらに防衛本能を刺激します。持っているとなんとなく安心するのはそのため。

    全然違和感がありませんね。では次に、ガスコインさんが「インスタントに生理的な支配力を直接やり取りできるのが銃とセックスに共通する決定的な要素」と言うので、銃とセックスが同じかどうかを、入れ替えテストでチェックしてみましょう。

    セックスは持っているだけで相手を屈服させる力を持ち、さらに防衛本能を刺激します。持っているとなんとなく安心するのはそのため。

    意味不明な文章になりました。銃や政治権力が支配するための手段であるのに対して、セックスは支配の結果という違いがあるから、こういうことになるのです。

    ガスコインさんが書きました:

    セックスはその行為自体が原始的欲求であると同時に強い暴力性を持ちます。

    暴力を伴わない優しいセックスもありうるのだから、セックスと暴力との間には必然的な結び付きはありません。セックスは、処女膜裂傷を伴いますが、合意のもとセックスを行う限り、傷害罪に問えないというのが日本の法律なので、セックスが常に強い暴力性を持つとは言えません。

    ガスコインさんが書きました:

    くどいようですが原始的欲求は制御が難しいんです。比較的快感強度の低い食事ですら依存性は高いんですよ。ネズミに際限なくジャンクフードを挙げると際限なく食べるためほとんどが肥満になりますが、薬物やアルコールの様な非原始的な快感を与えた場合、それを与えられたグループのうち依存体質になるのは1割程度です。

    食欲も性欲も原始的欲求で、制御が難しいから、ジャンクフードの販売も売春と同様に禁止しろということですか。本ページの主題は「なぜ売買春してはいけないのか」なのですが、ガスコインさんそれに対する説得力のある答えを出せていないようです。

  90. >>買春業を現在のような非合法なアングラ・ビジネスのまま放置するよりも、合法化した方が女性のリスクを少なくする上で有効なのではないかという問いに有効な反論をしていません。合法化に際して、接客室に監視カメラを設置することを義務付けし、問題行動がないかどうかを人工知能に監視させるようにすれば、リスクは大幅に下がることが予想されます。

    合法化してどうにかなる問題なのですか?
    合法化して対処可能なのは売春であって、買春は関係ないでしょう。
    それに自発的売春はどう管理するのです?
    合法化の際に国がして挙げられるサポートは医療方面だけですよ。
    監視カメラに人工知能って、そこまでやれば違法化しているのと変わらないでしょう。

    >>酒の販売を合法化しても、マフィアが酒の販売を続けると言うのですか。そういう話は、日本はもとより海外でも寡聞にして知らないのですが、証拠があって言っていることなのですか。

    あなたの提示した類推の話の話はしていませんよ。あくまで売春の話。上で言いましたよね「マフィアが力を持ちすぎて・・・・」

    >>殺人鬼と遭遇するリスクは、他の接客業にもあります。だからといって、こうした接客業をも禁止するべきなのでしょうか。

    上手いというかなんというか…、売春婦はあからさまな恰好で道をうろつき客引きしているんです。他の接客業と比べたら危険度が全然違います。また買春客が車で訪れた場合モーテルにしろ、ホテルにしろそこにつくまで車内で孤立状態になります。まあ車内でやる場合もありますが。文字通り命がけの商売です。

    >>選挙には金が必要ですが、買春でも、女を買うことができるほど金持ちになるには、「長い下積み」が必要なこともあります。

    まず、あなたは娼婦がVIPとセックスして高級娼婦としてのし上がっていくみたいな一昔前のハリウッドの脚本を信じ込んでいるようですね。芸能界と同じですよ。高級外車を3台購入できるほど売れる人もいれば、その日暮らしの人もいる。当然価格も違う。管理売春にしたって市場ができれば価格競争に陥るでしょうし、自発的にやっていたとしてもピンきりです。セックス=VIPの遊びというのは昔の話です。

    >>銃も、日本で手に入れようとするなら、違法薬物の入手の時と同じで、一定の障害を乗り越えなければなりません。

    日本ではね。それだけこの国は安全だということです。セックスもフィクションで描かれるような荒廃さはありませんから合法化するほど深刻なものじゃないでしょう。
    また上であなたが言っていたアダルトコンテンツの普及もありますから合法化する理由にはなりません。それでも破る人はいますが、それは合法化云々は関係ありません。オランダにしたって犯罪は減少しつつあるといっても凶悪犯罪率は日本のおよそ10倍です。ポルノコンテンツの影響も考えるとどこまで因果関係があるのか分りません。

    >>銃や政治権力が支配するための手段であるのに対して、セックスは支配の結果という違いがあるから、こういうことになるのです。

    言葉遊びに付き合うつもりはありません。普通に考えて銃やセックスの方が権力より簡単に手に入ります。
    結果か手段かは関係ありません。
    というかこの一連のくだりで需要と供給バランスを保てるという根拠にどう結び付くのです?
    結局のところあなたはセックスも銃も原始的な欲求ではないとは一言も主張していませんし。

    >>暴力を伴わない優しいセックスもありうるのだから、

    そういう話ではありません。あなたは上で売春と愛のあるセックスは区別が出来ないという趣旨のコメントをしていますよね。もっと言うのなら男性が女性に性的興奮を覚えるのは女性を支配できるモノとして認識した時です。風呂上がり妻のうなじに興奮する夫も、暑い夜をキャミソールで出歩く女性をみて興奮するレイプ魔もメカニズムは同じです。また女性側も和姦と強姦を区別できるように体は出来ていません。被害者調査によれば90%の被害女性はレイプ時に快感を感じていたというデータがあります。上でマッサージを引き合いに出していましたが心理的な意味では売春はモノのやり取りです。

    >>本ページの主題は「なぜ売買春してはいけないのか」なのですが、ガスコインさんそれに対する説得力のある答えを出せていないようです

    売買春はコントロールできないと主張しているつもりでしたが伝わりませんでしたか。
    それに私は売春は認めています。買春を認めていないだけで…。そういうあなたは類推とレトリックを織り交ぜて煙に巻いているだけでしょう。
    ソフトドラッグやアルコールを例にしたところで説得力なんてありませんよ。問題の深刻度が全然違います。
    ヘロインの成功例があるというのなら納得できますが。
    売春というのはお金でとっかえひっかえ相手を変えられる点が通常のセックスとは決定的に違います。
    男性は相手が変われば際限なくセックスが出来るという性質(クーリッジ効果)があり、女性も男性ほどではないにせよ同じ性質を持っている上に
    セックスの快感強度が男性より高くまた自分が主人公という優越感に陶酔しやすい。そのため両者とも性依存症に陥りやすい。
    性依存症の厄介な点は上でも言いましたが依存度の高さと何より薬物と違い治療法が確立していないところにあります。
    日本だと保険すらおりません。精々「意志の弱い底辺人間」程度の認識です。

    あなたこそ何故これこれこういう理由だから売買春はコントロール可能だと反論しないんです?
    ジャンクフードやタバコみたいに売春婦を大量生産できるとでもいうのですか?

  91. ガスコインさんが書きました:

    あなたこそ何故これこれこういう理由だから売買春はコントロール可能だと反論しないんです?

    私は「売買春はコントロール可能だ」とは言っていないし、そうするべきだとも思っていません。政府は基本的に民間のビジネスに介入するべきではなく、市場原理に任せるべきだというのが私の考えです。

    但し生命や安全を守る目的のためなら、政府は、情報の非対称性(これがあると、市場原理は機能しない)を是正する措置を取らなければなりません。監視カメラの話をしたのは、そういうことです。

    ガスコインさんのこれまでの話を聞いていると、「なぜ売買春してはいけないのか」という本ページの主題とは無関係に、性欲あるいは売買春をコントロールできないという主張をしているように見えるのですが、そういうオフ・トピックな議論をしたいのなら、他の場所に行ってやるべきでしょう。

    本題に戻って議論を続けるのか、場違いであることを自覚して議論を止めるのか、どちらを選びますか。

  92. >>“女性は徹底的に肌を露出しない、夫以外の男性と会話もできない、という風に規制しなければ、性犯罪が爆発的に増加してしまうことでしょう。”
    むしろ、そのように規制すればするほど、男の性欲は高まり、性犯罪も増えるというのが、本文の趣旨です。イスラム社会では、性犯罪がそれほど多くないという反論もあるかもしれませんが、イスラム社会では、女性がレイプされると、女性が男性を誘惑したということで、女性の方が死刑になることが多く、このため、被害女性は、被害を訴えることがありません。だから、イスラム社会における実際の性犯罪発生率は、不明なのです。

    ⇒犯罪が増えるかどうか、まで考えが及ばない過去の指導者的男性が、この規制を持ち出したでしょう。
    規制の目的としては、争いが起こらないよう、支配対象についてルールを決めておくということなのではないかと思います。
    結果として犯罪が増えたかどうかはさておき。
    規制目的は上記の通りとすると、
    売買春の、特に女がなぜ悪とされるかという問いには、男性社会において”自分たち指導者である男のルールに従わない者””支配されるべき者として、正当な振る舞いをしない者”であるからといえないでしょうか。
    男性への非難の度合いは、文化による差がありますが、以下のように男性社会でどう認識されるか?によるものではないかと。
    特に女だけ非難される社会においては、”ルールに従わない女を利用することは仕方ない”
    男も非難される社会においては、”社会のルールを乱すのに協力した者は非難される”

  93. ついでに、支配者側ではない女性もが”売買春は悪”と考える理由ですが、男性的思考に飼いならされているからです。
    男性に支配されるにあたって、男性的思考をなんの疑問も抱かず受け入れ、定められたリードの長さの中で生きるほうがかわいがられるのは明白です。リードを越えて行動しようとするペットより、少し後ろを邪魔にならないようついて行く従順なペットのほうがよいでしょう。
    上記のような、生存のための戦略によって、女性は男性的思考で女性を判断します。
    つまり、支配者の定めたルールから逸脱するものは悪、となるのです。
    あとは、自分はリードの範囲にきちんと収まっているのに、そうしていない奴が求められている気がして腹立たしいので貶めるということもあるでしょう。

    男性は争いを避けるために支配対象に対するルールを定めた、と言いましたが、以下による暗黙のルールも相まっているでしょう。
    →男性の満足度を出来る限り上げるため、支配対象は、他の誰からも支配されてはいけない。
    このルールだと、基本的にはどの男性も女性を所有しますので、男性全体の満足度を上げることができます。
    男性が支配欲をより満たすには、相手が誰からも支配されていないことが重要です。女は支配・所有される者として、支配者を満足させる振る舞いをするべきです。そのため、誰からも支配される女は、満足度を上げることに貢献しないので、悪とされます。

  94. さぁさんが書きました:

    男性が支配欲をより満たすには、相手が誰からも支配されていないことが重要です。女は支配・所有される者として、支配者を満足させる振る舞いをするべきです。そのため、誰からも支配される女は、満足度を上げることに貢献しないので、悪とされます。

    嫉妬がおんなへんであることからもわかる通り、女にも配偶者に対する支配欲や所有欲はあります。しかし未婚の男女間では、他人の恋人を奪うことは違法ではないし、不倫とすらいえません。未婚の男女間でも売買春が法律で禁止されている理由を考えてみてください。

  95. なぜ格差と市場原理が強まるとブラック企業が減るのですか
    むしろそこにしがみつく人が増えたりしないのですか

  96. 売春防止法は自由の侵害なので一部改正するべきだと思います(ルールーや範囲を設けた上で合法にできるものはする)
    売春は他の職種より危険を伴うというのは事実だと思います、しかし「それが規制に相当する理由」になるとは思えません
    例えば格闘技やスタントマン、高所での仕事、警察官など危険性の高い仕事はいくらでもあります、またロッククライミングなどの趣味も危険が伴いますがそれを規制するのは過度なパターナリズムです
    フェミニストは自分達の思想を女性に押し付け管理したがります、これも支配形態の一つです

    さぁさんの言っている事は極端すぎて私には受け止められません
    >このルールだと、基本的にはどの男性も女性を所有しますので、男性全体の満足度を上げることができます。

    なぜ男性全てが女性を「所有する」という見方をされるのか?男女がツガイになった場合、お互いに相手に束縛されますがそれを所有と言うなら男性も女性に所有されていることになります
    フェミニストは男女の力関係をいかなる場合でも 男>女 と定義していますがこれは事実に反します

  97. 大変分かりやすく、説得力のある内容でした。
    少子化対策などと言って、無駄に税金を使うよりも、売春とエロコンテンツと自慰行為を禁止して徹底的に取り締まった方が確実に成果が出そうですね。経済的な影響は分かりませんが、人口も増えるのですから長期的にはプラスになりそうです。そもそも、男たちが夜な夜なエロコンテンツを漁る時間を自分磨きやパートナー探しに当てるのであれば、生産性も上がり経済も回るでしょう。
    売春とエロコンテンツの禁止を掲げる政治家がいれば、後援したいですが、自分の息子や娘たちにもこのことを刷り込んでいく方法を考えます。
    国にとっては知りませんが、家にとっては子宝に恵まれることが、繁栄の必要条件だと思いますので。

  98. 少子化対策が必要かどうかに関しては、「少子高齢化は悪なのか」で議論しているので、もしよろしければ、それも参照してください。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */