2月 272006
 

北マリアナ連邦では、闘鶏ギャンブルが合法的に行われています。サイパンやテニアンほど本格的ではありませんが、ロタ島でも一部のマニアが闘鶏に金を賭けて興じています。いかにもローカルな感じのロタ島での闘鶏の様子を、動画付きで紹介しましょう。

ロタ島での闘鶏の写真

ロタの人々は、食肉用以外にも、闘鶏用に、鶏を三角形の板小屋や梯形状のケージに入れて、飼っています。

これが闘鶏場です。子供たちまでが見物に来ています。先進国のように「青少年に有害な影響を与える」とかいって、禁止したりはしないようです。

鶏の蹴爪(けづめ)には、相手に致命傷を負わせるために、スパーと呼ばれるナイフを取り付けます。

うれしそうに、スパーを取り出して見せるおっさん…動物愛護団体から苦情が来そうです。

さて、闘鶏が始まりました。闘鶏は、一方が死ぬか動けなくなるまでやります。

このページをフォローする
私が書いた本

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */