1月 012011
 

2011年より、新しいブログサイト、システム論ブログを開設します。このサイトは、永井俊哉ドットコムの後継ブログです。これまでのブログが、ブログソフトとして、商用ソフトである MovableType を使用していたのに対して、システム論ブログは、海外で主流となっている、オープンソースの WordPress をブログソフトとして使用しています。WordPress は、テーマやプラグインが豊富なので、便利です。

image
MovableType で構築していた旧永井俊哉ドットコム

MovableType は、静的ページをデフォルトで生成するので、システム論アーカイブのように、一度構築したページをサーバーに負荷をあまりかけずに保存する上で便利です。他方で、WordPress は、動的ページをデフォルトで生成するので、アクセスが増えるとサーバーに大きな負荷をかけ、ページの表示も遅くなります。一応、WP Super Cache というプラグインをインストールして、この負担を軽減し、ページの表示を高速化するようにしていますが、我慢できないほど重い時は、知らせてください。

また、Apple iPhone/iPod touch、Google Android、Blackberry Storm といったタッチベースのスマートフォンにも対応するために、WPtouch というプラグインをインストールしました。また、狭い画面でも見ることができるようにと、本文の横幅を680ピクセルに抑えました。しかし、私自身スマートフォンを持っていないので、本当にスマートフォンで見ることができるかどうかわかりません。不具合がありましたら、知らせてください。

このサイトのブログ記事は、システム論システムでバックアップされます。システム論ブログとシステム論システムは、伝統的なアカデミズムにおけるジャーナルと書籍の関係にあり、システム論ブログが最新記事を配信して、読者からのコメントを求めるのに対して、システム論システムは、既存の記事を集めて、加筆・修正を加え、整理するための作業場で、内容が常に変化する可能性があるため、コメントはページ単位では受け付けていません。これに対して、システム論ブログは、コメントを受け付けるために、原則として内容を変更しません。ブログソフトが時系列重視型データベースに基づいているのに対して、ウィキソフトは追記修正対応型データベースに基づいているのだから、こうした役割分担がふさわしいと思います。

新しく作ったばかりのサイトには不具合が付き物です。Windows XP + Internet Explorer/Fire Fox という環境下で基本的な確認を済ませていますが、私のパソコンとは異なる環境でどのように見えるかのチェックは行っていません。不具合の報告、ウェブサイトのデザインや運営方法に対する要望や提案などがありましたら、このページのコメント欄、もしくは、専用フォーラムに投稿してくださいますようお願い申し上げます。

このページをフォローする
私が書いた本

  2 コメント

  1. これは、管理人が、ログアウトした状態で投稿したテストコメントです。このテストが示すように、ユーザー登録やログインをしなくても、コメントを投稿することができます。皆さんの御意見、ご質問、御批判を募集します。“Name(投稿者の名前)”、“E-mail(投稿者のメールアドレス)”、“URI(投稿者のウェブサイトのURL)”は、空欄でもかまいませんが、できれば、ペンネームでよいので、“Name”には何か名前を書いてください。

    WordPress のコメントでは、以下のように、a 要素によるリンクはもちろんのこと、blockquote 要素による引用も可能です。

    2011年より、新しいブログサイト、システム論ブログを開設します。このサイトは、永井俊哉ドットコムの後継ブログです。これまでのブログが、ブログソフトとして、商用ソフトである MovableType を使用していたのに対して、システム論ブログは、海外で主流となっている、オープンソースの WordPress をブログソフトとして使用しています。WordPress は、テーマやプラグインが豊富なので、便利です。

    Source: 新ブログ開設のお知らせ » システム論ブログ

  2. システム論ブログは、2013年10月より、更新情報を以下のように Facebook, Google+, Twitter, LinkedIn, Tumblr の五つのソーシャルネットワークを通じて配信することにしました。

    SNS 配信方法

    ここでのコメントは、私以外の者による投稿も含めて、システム論ブログのフェイスブックページに自動投稿されるので、予めご了承をお願いします。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */