5月 262012
 

フォーラムから“幽霊やゾンビは怖ろしいか”を転載します。

image

投稿者:永井俊哉.投稿日時:2012年5月26日(土) 12:46.

ホラーの世界では、幽霊やゾンビが生きている人間を殺すというストーリーがよく見られる。こうしたストーリーは、ホラーの作品の製作者が視聴者にそう思わせようとしているような恐ろしいものなのだろうか。

ホラー映画あるいは漫画の製作者たちは、幽霊やゾンビの形相を恐ろしくすることで、視聴者/読者の恐怖心を煽ろうとする。それに成功すると、気が付かなくなりやすいのだが、実は、彼らが作り上げるホラーの世界の前提は、死に対する恐怖を引き下げてしまう。

というのも、もしも人が死んでも、幽霊として意識を維持できるなら、ましてやゾンビのように肉体までも維持できるなら、そして生きている人を殺すなど、現実の世界に影響を与えることができるなら、その状態は生きている時とあまり変わらないから、死というものが大きな意味を持たなくなるからである。

かつて、宗教が人の心を支配していた時代では、人々はあの世の存在を信じて疑わなかったが、宗教よりも科学が信用されるにつれて、死後の世界や幽霊の存在を否定する人が増えてきた。人は死ねば無となるという無神論的な考えは味もそっけもないが、実は幽霊やゾンビが跋扈するホラーの世界よりはるかに恐ろしいのである。

では、ホラーの世界が事実上死というものを否定する楽観的なものであるにもかかわらず、私たちがホラーの世界を恐ろしいと感じるのはなぜなのか。死ぬと、ホラー映画に出てくる幽霊やゾンビのように容姿が醜くなることをたんに恐れているだけなのか。あるいは、あの世がこの世よりも居心地が悪いと思っているからなのか。ホラー作品の制作者はそう思わせようとしているようだが、そもそもあの世に行ったことがないのだから、どちらの世界が良いかについて誰も判断できないはずである。

娯楽作品に関しては、あまりまじめに考える必要はないのかもしれない。人間は、他のすべての生物と同様に、死を回避するようにプログラムされており、宗教家が洗脳しても、この本能を変えることは困難なのだから、フィクションと分かっているホラーの作品でもそれは変わることなく維持され、幽霊やゾンビはその本能を脅かす野獣などと同等の扱いで恐ろしいと思われているだけなのだろう。

関連ページ

Re: 幽霊やゾンビは怖ろしいか

投稿者:くわひろ.投稿日時:2012年5月27日(日) 23:17.

ある種の病気では攻撃的な人格に変わってしまう事もあるようですが、そのように、現状の意識(考え方の指向)を持った自分が、それを否定する意識状態に変わってしまうかもしれない(=自分でなくなるのに、他者から見ると自分の延長とみなされる)事への危惧であるように思います。 ゾンビになればあちらの仲間ですが、今の自分からすれば、現状の自己の位置を形成している、“主要な他者”から否定されたくない、のような。 人類が勝ち取った知性は、本能の要請を受け、死を、単なる肉体の死ではなく、現状の意識の死(=自分でなくなる)まで拡大しているということでしょうか? 稚拙な文、すみません。 あと、ちょっと違うかも知れませんが、私は医療で麻酔を受ける時にとても不安になります。本来なら痛いはずなのに、痛くなくする(=本来の感覚ではなくなる)ことが、本来の自分でなくなる事のように思えて。。 パラノイアでしょうか?(笑)

Re: 幽霊やゾンビは怖ろしいか

投稿者:永井俊哉.投稿日時:2012年5月28日(月) 08:05.

幽霊とゾンビを一緒にして議論したのがまずかったようです。標準的なフィクションの設定では、ゾンビは生前の意識を失って行動するので、その場合、ゾンビになることを恐れている人は、自分の肉体をコントロールすることができなくなることを恐れているのだと説明できます。これに対して、幽霊は、生前の恨みを抱いているのだから、生前の意識を維持していることが前提となっています。だから、なぜ死んで幽霊になることを恐れるのかに関しては、別の説明が必要になります。

あの世がどういう所か直接わからないにしても、この世よりも良い場所なら、死者が幽霊となってこの世に戻ってきて、自分を殺した人を恨んだり、復讐したりすることはないはずだという推理をする人もいるかもしれません。しかし、幽霊は、死そのものではなくて、生前受けたひどい仕打ちを恨んでいることが多く、また恨みという感情を持つことなく、たんにこの世に思い残すところがあって、この世を徘徊しているということもあるので、この推理は必ずしも妥当とは言えません。

Re: 幽霊やゾンビは怖ろしいか

投稿者:くわひろ.投稿日時:2012年5月28日(月) 21:21.

なるほど。映画のゾンビのイメージしか浮かんでいませんでした。思い込みは怖いですね。

幽霊で考えますと、死後の世界は体験することが不可能ですから、例え天国が待っていると信じているとしても、人間にとっては常に未知で、不確定性から考えるとMaxだと思います。動物にとっても人間にとっても死を回避するプログラムの判断基準は不確定性ということになりますでしょうか? そして理性の中においては極度の不確定性が恐怖として顕れるというのは如何でしょうか?

Re: 幽霊やゾンビは怖ろしいか

投稿者:永井俊哉.投稿日時:2012年5月29日(火) 12:34.

よく「住めば都」と言いますが、なぜ都落ちを嫌がっていた人が、田舎を都と同じように感じるようになるかと言えば、田舎に行く前は不確定であったことが確定するからでしょう。人間は、いったん慣れ親しんだものはなかなか手放さないもので、英語にも“They that be in Hell ween there is no other Heaven”、和訳すると「地獄にいるものは、そこ以外に天国はないと思っている」という諺があります。

このページをフォローする
私が書いた本

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */