1月 012013
 

おかげさまでこのブログも2年目を迎えました。2012年では、2011年とは異なり、サイト・インフラの整備よりもコンテンツ制作により多くの時間を割くことができました。2013年には、コンテンツ制作にさらに力を入れ、更新速度を向上させたいと思います。また、2012年には、遅まきながら、Twitter, Facebook, Google+ といったソーシャル・メディアを利用した更新通知を試験的に始めました。メルマガからソーシャル・メディアへ、デスクトップ・パソコンからモバイル端末へという時代の流れに取り残されないようにサイト運営の方もしっかり行いたいと思います。

1 : 2012年のアクセス状況

以下のグラフは、2012年におけるシステム論ウェブサイト(アーカイブ、ブログ、フォーラム、システム)への訪問数の推移を週単位で示したものです(私のサイトへのアクセス数は週末に減るので、ノイズを除去してトレンドを見るには週単位にする方がよい)。1週間の平均訪問数は1万8862回でした。

Visits per week in 2012

縦軸は週単位の訪問者数。横軸は2012年の週の通し番号。一番上の水色のグラフが4サイトの合計値。青色のグラフはアーカイブだけの値。

システム論アーカイブへの訪問数が全体の 96.7% を占めています。年間のページビュー数で見ても、アーカイブが 131万1858 PV であるのに対して、フォーラムは 7万4325 PV、システムは 2万3121 PV、ブログは 2万1676 PVで、アーカイブが 91.7% を占めています。また、回帰直線を見てもわかる通り、訪問数は減少傾向にあります。ただ、この一因には統計上の不備もあって、去年の1月に WPtouch というプラグインを導入した際、スマートフォンからのアクセスをカウントするトラッキングコードを入れ忘れ、そのため、今年1年間、スマートフォンからのアクセス・データが除外されていました。本日この不備を修正したので、2013年には、スマートフォンからのアクセスを加えた統計を出すことができるでしょう。その数字を見た上で、アクセス傾向を分析し直そうと思います。

2 : 2013年の予定

1年前に書いた「2011年の回顧と2012年の展望」で、私はこう書きました。

2012年は、2011年に引き続き、科学史の哲学的考察を中心に研究を進めていきます。特にシステム論にとって中心的な概念であるエントロピーに関しては、詳しく取り上げたいと思っています。

研究の遅れから、今年も同じことを書かなければいけないのは残念なことですが、寄り道にもそれなりの成果があったと思います。

情報発信上の戦略に関しては、ソーシャル・メディアを利用した更新通知に昨年を昨年から始めました。これまで更新通知はメールマガジンでしか行わなかったのですが、メールマガジンは時代遅れであり、今後は、Twitter, Facebook, Google+, FeedBurner といった、より新しいデリバリ・システムを使うことに力を入れたいと思います。

もちろん一番力を入れなければいけないことがコンテンツの更新速度の向上であることは分かっています。過去2年間のシステム論ブログの平均的な投稿速度は2か月に1本で、とても「ブログ」とは言えないような割合です。当方、いろいろ雑用があって、忙しいのですが、今後は、研究の質を下げることなく、更新頻度を少しでも向上させるべく努力したいと思いますので、今年もよろしくお願いします。

このページをフォローする
私が書いた本

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Facebook
Facebook
Google+
Google+
https://www.nagaitoshiya.com/ja/2013/website-statistics-2012
LinkedIn