8月 122017
 

このページでは、私の著作『浦島伝説の謎を解く』の書誌情報、販売場所、概要、冒頭抜粋、改訂履歴をまとめます。誤字脱字の指摘、内容に関する質問などありましたら、このページのコメント・フォームに投稿してください。

1 : 表紙画像

image
横幅500ピクセルに圧縮した『浦島伝説の謎を解く』表紙画像

2 : 書誌情報

  • Title :: 浦島伝説の謎を解く
    • Furigana :: ウラシマデンセツノナゾヲトク
    • Romaji :: Urashima Densetsu no Nazo o Toku
  • Author :: 永井俊哉
    • Furigana :: ナガイトシヤ
    • Romaji :: Nagai, Toshiya
  • Author bio :: 著作家。インターネットを主な舞台に、新たな知の統合を目指す在野の研究者。専門はシステム論。1965年8月、京都生まれ。1988年3月、大阪大学文学部哲学科卒業。1990年3月、東京大学大学院倫理学専攻修士課程修了。1994年3月、一橋大学大学院社会学専攻博士後期課程単位修得満期退学。1997年9月、初めてウェブサイトを開設。1999年1月、日本マルチメディア大賞受賞。電子書籍以外に、紙の本として『縦横無尽の知的冒険』(2003年7月, プレスプラン)、『ファリック・マザー幻想』(2008年12月, リーダーズノート)を出版。
  • Language :: jpn
  • Page :: 294ページ
  • Release Date :: 2017-08-11
  • Identifier (Publisher)
    • ISBN :: 9781310767760 (Smashwords, Inc.)
    • ASIN: B074QVR8LK (Nagai, Toshiya)
    • GGKEY :: P1ECYJ7P5F2 (Nagai, Toshiya)
    • 楽天商品番号 :: 1230001792911 (Nagai, Toshiya)
  • BISAC :: Book Industry Standards and Communications
    • Nonfiction » Social & Cultural Studies » Social Science » Folklore & Mythology
    • Nonfiction » Literary criticism » Asian » Japanese
    • Nonfiction » History » Civilization
    • Nonfiction » Health & Well Being » Psychology » Psychoanalysis
    • 社会科学 » 民間伝承&神話
    • 文芸批評 » アジア » 日本
    • 宗教 » 歴史
    • 心理学 » 運動 » 精神分析
  • Tags :: キーワード
    • Japanese :: 民俗学、宗教学、精神分析学、歴史学、フロイト、ラカン、ミステリー、御伽噺、胎内回帰、蓬莱、去勢
    • English :: folklore, psychoanalysis, history, fairy tale, womb phantasy, phallic mother, castration, Penglai, Freud, Lacan

3 : 販売場所

販売価格は小売店によって異なります。リンク先で確認してください。

4 : 短い概要

浦島伝説には不可解な謎がある。なぜ竜宮は水の中にあるのか、なぜ竜が登場しないのに竜宮なのか、なぜ玉手箱を開けると年を取るのか。これらの謎を解明しながら、個人史的にも人類史的にも忘れ去られた太古の記憶を甦らせ、さらに、なぜこの記憶が抑圧され、忘れ去られるようになったのか、個体発生的かつ系統発生的にそのフラクタルなプロセスを明らかにする。

5 : 長い概要

本書は、三つの章から成る。本書は、浦島伝説について語る本であるが、本書の語り自体が浦島伝説と同じ筋書きになっているというフラクタルな自己相似性を持つ。

第1章で、本書は読者を竜宮の世界に招待する。子宮から生まれた子供が子宮に戻るような気持ちで、読者は現在から過去に思いを馳せてほしい。ここで語られるのは、個人史的にも人類史的にも忘れ去られた時期である。

第2章では、読者は、竜宮から元の場所へ戻る。個人史的には、それは去勢体験の時期であり、人類史的には、それは、キリスト教、イスラーム教、仏教といった父権宗教が成立し、地母神崇拝が忘れ去られ、抑圧される時期である。

第3章では、玉手箱を開け、あっという間におじいさんになってしまったような境地で、個人史と人類史の全体を回顧する。そこで、読者は、浦島伝説の謎を解くことを通じて、個人史と人類史が、精神分析学的に類似の過程を経ていたことを理解するであろう。

6 : 本書解題

本書は、2004年3月に『縦横無尽の知的冒険』の続編となる本の出版を出版社から打診され、協議の結果、「人類の歴史を人の一生になぞらえた性の歴史」というテーマで本を書くと約束したことをきっかけに執筆したものです。当時(2004年3月1日)、私は、メルマガで「浦島物語の起源は何か」という記事を書いたところ、評判が良かったので、これを敷衍して、単行本化しようという構想を抱いていました。

構想から二年弱で書き上げたのが、本書です。出版社は、しかしながら、本書の出版に難色を示し、結局、本書は採用されず、代わりに『ファリック・マザー幻想―学校では決して教えない永井俊哉の“性の哲学”』が、2008年に出版されました。私がまとまった本を書こうとしたのに対して、出版社はバラバラなコラム集を好むという嗜好の違いがあって、こうなったまでで、どちらも「ファリック・マザー幻想」という同じテーマで書いた本です。

私の「ファリック・マザー幻想」論は、フロイトとラカンの精神分析学に負う所が大きいのですが、彼らの議論は、ヨーロッパ文化の影響から、父の役割を過大評価していると感じました。ユダヤ教やキリスト教では父の果たす役割が大きいですが、自然民族では必ずしもそうではなく、日本では母の果たす役割が小さくありません。例えば、日本では、去勢は母の愛が父に向かうことによってよりも、後から生まれてきた弟妹に向かうことで起きます。そこで、こうした非父権的な文化を理解するためには、彼らの理論を修正し、独自理論を打ち立てる必要があると考えました。その結果生まれたのが、本書と『ファリック・マザー幻想』です。

よく知られているように、フロイトは、女児はペニスがないことに劣等感を抱き、男児はペニスを失うことに恐怖を感じるようになる一方、ペニスを持たない母を軽蔑するようになるという説を考案しました。女はペニスの代替を欲しがり、髪を長くしたり、子供を産もうとしたりするというのです。この説は、男尊女卑的であるとしてフェミニストから激しく非難されているのですが、女児にペニス羨望があるとか、男児が去勢に怯えるとかといった事実はあると思います。但し、私は、その理由をフロイトとは異なるところに見出しました。

すなわち、幼児は、ペニスを臍の緒の代替と見做しており、さらには臍の緒を母子一体の象徴と見做しているがゆえに、それを欲望しているということです。ペニス羨望と言っても、女児はペニスというたんなる肉の塊を欲望しているのではありません。一般に母は女児よりも男児を好むことが多く、女児は、男児には臍の緒のようなペニスがあるがゆえに母から愛されていると思い込み、臍の緒の代替としてのペニスを欲望しているのでしょう。幼児は、三歳ぐらいまでなら、胎内にいた幸せな時のことを覚えており、臍の緒を母子の絆の象徴として見做しているということです。

フロイトやラカンはペニスあるいはファルスに欲動の起点を求めましたが、私は起点をもっと前の胎内記憶の中に求め、無意識へと抑圧された最も根源的な欲動は、母子相姦ではなくて、胎内回帰に向けられていると考えます。私が、フロイトやラカンと異なる立場を採るのは、私が日本人であることと無関係ではないでしょう。フロイトはユダヤ文化圏で、ラカンはカトリック文化圏で育ち、父権宗教的な価値観を自明視しています。しかし、日本の文化は去勢以前の特徴を色濃く残しているので、私は、ファルス中心主義に囚われることなく、胎内回帰を重視した欲動論に到達したのだろうと思っています。

7 : 改訂履歴

このページをフォローする
私が書いた本

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Facebook
Facebook
Google+
Google+
https://www.nagaitoshiya.com/ja/2017/book-urashima
LinkedIn