このウェブサイトはクッキーを利用し、アフィリエイト・リンクを含んでいます。サイトの使用を続けることで、プライバシー・ポリシーに同意したとみなします。

『カントの超越論的哲学』を出版しました

2014年12月4日

私の著作『カントの超越論的哲学』の解説動画、書誌情報、販売場所、概要、読者との質疑応答などを掲載します。本書に関してコメントがありましたら、このページの下にあるコメント・フォームに投稿してください。誤字脱字の指摘から内容に関する学問的質問に至るまで幅広く受け入れます。

1. 解説動画

投稿者:永井俊哉.投稿日時:2020年01月15日.
では、私の著作『カントの超越論的哲学』の要点を解説します。カント哲学の意義はどこにあるのか、なぜ物自体と現象とを区別するべきなのか、超越論的哲学および批判哲学とはどのような哲学なのか、そしてカントの哲学には社会哲学的にどのような含意があるかについて語ります。

2. 出版告知

投稿者:永井俊哉.投稿日時:2014年12月04日(木) 15:59.

本日、Google Play のストアにて、電子書籍『カントの超越論的哲学』を出版しました。2014年12月11日までの期間限定で、無料でダウンロードできます。電子書籍は初めてという方も、一度試してみてはいかがでしょうか。Google Play Books の電子書籍は、業界標準の epub 形式を採用しており、Android/iOS のモバイル端末はもちろんのこと、パソコンで読むこともできます。

本書は、1997年以来ウェブで無料公開している『カントの超越論的哲学』の改訂版で、導入節を全面的に書き換えた他、現代科学の観点から、第1章第3節の「超越論的弁証論」と第3章第2節の「客観的合目的性」のアップデートを行いました。

電子書籍は、販売店がサービスを停止すると、読めなくなると評判がよくありません。しかし、それは、DRM(Digital Rights Management デジタル著作権管理)で保護されている場合の話です。この電子書籍は、DRM フリーなので、コピーや他のフォーマットへの変換が自由にできるので、一生所有することができます。

この電子書籍をダウンロードするには、Google でアカウントを持つ必要があります。まだアカウントがない人はこのページで作成しましょう。アカウントを作成したなら、ログインし、Google Play ブックスの売り場 に行って、『カントの超越論的哲学』をライブラリに追加します(追加する途中で、購入と出ることもありますが、0円と表示されている限り課金されません)。追加後、「読む」ボタンをクリックすれば、ウェブ上でそのまま読めます。

電子書籍をローカルにダウンロードするには、表紙の右上にあるオプション・ボタンをクリックし、プルダウンの中から「epub をダウンロード」を選びます。ダウンロードした epub ファイルは、Firefox のアドオン、EPUBReader で読むことができます。またこれを使って、任意のディレクトリにファイルをダウンロードし、それを、例えば、 Amazon Kindle や楽天 Kobo など他のイーブック・リーダーにアップロードして読むこともできます。

スマホやタブレットなど、汎用モバイル機器で読むには、Google Play ブックス専用アプリをインストールします。Android では、このアプリがデフォルトで入っているはずなので、これを開いて読みます。アップルの iPhone、iPod touch、iPad で読むには、iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Google Play ブックス をインストールします。

カントの超越論的哲学』を epub 以外のフォーマットに変換したいのであれば、オープンソースの電子書籍管理ソフト、Calibre を使うことをお勧めします。

3. 表紙画像

画像
横幅360ピクセルに圧縮した『カントの超越論的哲学』の表紙画像(クリックすると拡大できます)

4. 書誌情報

  • Title :: カントの超越論的哲学
    • Furigana :: カントノチョウエツロンテキテツガク
    • Romaji :: Kant no Choetsuronteki Tetsugaku
  • Author :: 永井俊哉
    • Furigana :: ナガイトシヤ
    • Romaji :: Nagai, Toshiya
  • Author bio :: 著作家。インターネットを主な舞台に、新たな知の統合を目指す在野の研究者。専門はシステム論。1965年8月、京都生まれ。1988年3月、大阪大学文学部哲学科卒業。1990年3月、東京大学大学院倫理学専攻修士課程修了。1994年3月、一橋大学大学院社会学専攻博士後期課程単位修得満期退学。1997年9月、初めてウェブサイトを開設。1999年1月、日本マルチメディア大賞受賞。電子書籍以外に、紙の本として『縦横無尽の知的冒険』(2003年7月, プレスプラン)、『ファリック・マザー幻想』(2008年12月, リーダーズノート)を出版。
  • Language :: ja
  • Page :: 320ページ
  • Publisher :: Nagai, Toshiya
  • ISBN :: 9781311722218 (Smashwords, Inc.)
  • BISAC :: Book Industry Standards and Communications
    • Philosophy / Criticism
    • Philosophy / Epistemology
    • Philosophy / Ethics & Moral Philosophy
  • Tags :: キーワード
    • Japanese :: 認識論, 時間論, 人間原理, 目的論, 倫理学, 形而上学, コスモロジー
    • English :: philosophy, metaphysics, ethics, cosmology, epistemology, anthropic principle, teleology, immanuel kant, transcendental idealism, noumenon

5. 販売場所

販売価格は小売店によって異なることもあります。リンク先で確認してください。

6. 短い概要

超越論的哲学は、超越的哲学や経験的哲学とどう異なるのか。超越論的哲学における超越とは、どこからどこへと超越することなのか。理論理性と実践理性は別なのか。イマヌエル・カントの構成主義を行為論として解釈し、その行為の目的を問いつつ、『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書全体を超越論的哲学という観点から再構築する。

7. 長い概要

たんに感性的所与を記述しただけの「今、私には、かくかくのように見える」という命題は、間違うことはない。また「AかつAでないということはない」という矛盾律も絶対的に正しい。なぜならば、それは誤謬を誤謬と判断する基準そのものであるからだ。しかし、こうした「真理」は、真理の名に値しない最も貧しい真理である。真理の名に値する真理を獲得するには、確実だが、狭い真理の領域から《超越》しなければならない。そのような超越が可能かどうかを論じる哲学が、超越論的哲学である。

超越論的哲学の源泉となったイマヌエル・カントの哲学では《超越論的 transzendental》は《超越的 transzendent》から区別される。ドイツ語の接尾辞“-al”には、「…に関する」という意味があり、したがって、超越論的哲学における認識とは超越に関する認識ということになる。全知全能の存在者が限界を持たず、したがって限界を認識することもないので、端的に超越的であるのに対して、有限な存在者は自己の限界を意識せざるをえず、その認識の様態は超越論的になる。

ソクラテスは、「無知の知」ゆえに、すべてを知っていると僭称する他の人々よりも優れていた。「生兵法は大怪我の基」という諺にある通り、自分の能力の限界を知らない人ほど、大失敗をするものだ。自分の無知を心得ている人は、無理をしないし、その限りでは利口なのである。この意味で、自分の認識に限界があると認識できる人は、実は自分の認識の限界を超越している。限界の内部にいる人には、限界が見えない。限界を超越して初めて、限界を認識することができる。カントもまた、「無知の知」ゆえに、たんなる無知以上の智者だった。

カント以前の哲学者たちは、認識とは物自体の認識であると考えていた。大陸における合理論的哲学者たちは、それが可能であるとする独断論的主張を行い、英国における経験論的哲学者は、それを疑問視する懐疑論的な結論を下した。カントは、合理論的独断論者と経験論的懐疑論者が共有していた「認識とは物自体の認識である」という大前提を否定し、物自体から区別された現象を認識の対象とすることで、アプリオリな総合判断が可能であると考えた。

私たちは、不完全であっても、世界を理性的に認識しようとするし、道徳法則に従って理性的に行為しようとする。理論的ならびに実践的な意味で人間理性によって理性的に創られた現象界は、理性を究極目的としているとみなすことができる。この歴史観は、人間原理の哲学バージョンと名付けることができる。人間原理とは、宇宙において人間に特殊な地位を与えない宇宙原理とは対照的に、観測可能な宇宙における観測者に特別な地位を与える原理である。マルチバース全体を物自体、観測可能なこの宇宙を現象界なぞらえるなら、人間原理とカントの超越論的哲学との間に類似性を見出すことができる。したがって、カントの超越論的哲学は、超越論的目的論として特徴付けることができる。

8. 質疑応答

本書の内容に関する読者からの質問への私の返答をここに転載します。

本書全体に関して
kokichan(2009年11月27日 11:04 AM)

いつもお世話になっています。ご迷惑でなければカントに関する次の諸点についてついでの折にでもご教示頂けないでしょうか。

  1. カントは「この世のことは統一された一つの精神があればこと足りる」と言った。
  2. カントは「人間は誰もが宇宙の中心に位置している」と言った。
  3. カントの定言命法とは「あなたの意志の格率が常に同時に普遍的な立法の原理として妥当しうるように行為せよ」を指す。
  4. カントの墓碑銘には「我が上なる星空と、我が内なる道徳法則、我はこの二つに畏敬の念を抱いてやまない」と刻まれている。
  5. 上記1-4の文脈はカント倫理学の異なる表現と理解して宜しいか。
  6. 上記1-4の文脈は永井さんの『一般システム学』における情報縮減の結論と一致すると受け取って宜しいのか。
  7. カントは政治哲学の書として『永遠平和のために』を著しているが、これはカント哲学を集大成した現実世界に向けた提案とみなしてよいのか。
永井俊哉(2009年11月28日 12:31 PM)
  1. カントは「この世のことは統一された一つの精神があればこと足りる」とは言っていません。
  2. カントは「人間は誰もが宇宙の中心に位置している」とは言っていません。これは、シェーラーの主張に近いでしょう。カントが言う超越論的主体は、経験的な人間とは異なります。
  3. カントの定言命法には、いくつかのバージョンがあります。
  4. そのようです。
  5. 理論理性と実践理性は区別して考えた方が良いでしょう。
  6. 一致するところもあれば、一致しないところもあると思います。
  7. 『永遠平和のために』は、『人倫の形而上学』の続きと見ればよいでしょう。
kokichan(2009年12月10日 1:29 PM)

カントに関する前回の質問にご教示をいただき厚くお礼申し上げます。それに関連する次の質問やコメントについても宜しくお願い申し上げます。
『カントの超越論的哲学』のページ冒頭に「三批判書全体を、全体部分関係論としてのシステム論の視点から、再構築する」とありますが、この一文に注目しています。

  1. 三批判書はそれぞれ認識上の真、倫理上の善、美学上の美つまり真善美に対応していると理解して宜しいか。
  2. カントによれば真の認識を通して善の実践に至る順序のようですが、これはむしろ逆でデカルトのように我から始めて外延的に展開されるべきと思われますが。
  3. 超越論が認識を巡る理性の限界を指すとすればそれは認識論のみが対象と思われます。もっともカントは哲学とは「全ての哲学的認識のシステム」と言ったそうですが、これは同義反復です。つまり哲学は現実問題に何も応えていないように感じられます。
  4. この文脈において三批判書とシステム論の対応関係については重大な関心を寄せています。ここで熱力学や脳科学を巡る最新知見は示唆に富むと思われます。
  5. 貴著作並びにサイト全体を拝読した結果として上記論題に対する接近は『人間原理とは何か』からの展開が最も妥当ではないかと私なりの印象を受けています。それはカント哲学と宇宙進化論と人間原理の緩やかで速やかな結合可能性を意味します。
永井俊哉(2009年12月10日 3:57 PM)
  1. そういう対応は、従来からよくなされています。ただし、『判断力批判』後半の崇高なものについての分析は、狭義の美とは異なるので、真・善・美・聖という四つの価値が論じられているという見方もできるかと思います。
  2. カントの場合、理論理性によってその認識を断念した物自体的理念が、実践理性によって要請されるわけですから、『純粋理性批判』の後に『実践理性批判』が出版されたことは不自然ではありません。なお、カントの哲学は徹頭徹尾自我の哲学です。また、経験的自我と超越論的自我を区別しなかったデカルトとの単純な比較はできません。
  3. カントの理論哲学は超越論的ですが、実践哲学は超越的です。そして、倫理学に関して限界を見出さなかったところに、私はカントの限界を見出しました。
  4. カントは、自分の哲学を経験科学によって説明されることを望まなかったでしょう。
  5. 私はまだまだ不勉強なので、このテーマについて機会があれば、もう一度よく勉強した上で、考え直したいと思います。
第二章 第三節 倫理学的弁証論
Y.M.さん(1999年)

私は今現在パリ政治学院に慶応大学からの塾生派遣(交換留学です)で勉強に来ています。国際政治専攻で、カントの「永遠なる平和のために」を読むべく、背景知識を得ようとホームページを探していました。残念ながら、認識論に立ち入る余裕が今はなく、ホームページも国家にかかわる部分のみしか読んでませんが。(カントの認識論を理解せず国家は語れない、との批判はしないで下さい…)また時間をみつけて ホームページを読ませていただきます。

永井俊哉(1999年)

カントの国家論を理解する上で重要なのはカントの倫理学だと思います。カントは国家と市民社会を区別することなく、倫理的共同体の延長線上で国家を考えていたからです。カントの倫理学は、行為を功利的視点から評価するのではなく、普遍化不可能なエゴイズムを理性の立場から否定するところに特徴があります。今の国際秩序はパクス・アメリカーナだと言えるでしょうが、アメリカの外交はプラグマティックで、カントが生きているならきっと評価しないでしょう。アラブ諸国に対してイスラエルを擁護したかと思うと旧ユーゴではムスリムを擁護したり、日本の銀行を潰せと言っておきながら、自分の国のヘッジファンドの救済には公的資金を投入したりといったダブルスタンダードは、正義よりも自国の利益を重視した戦略的外交の産物であるわけですが、カントならきっとアメリカに「汝の格率が普遍的法則となることを汝が同時にその格率によって意志しうる場合にのみ、その格率にしたがって行為せよ」と言ったでしょう。