このウェブサイトはクッキーを利用し、アフィリエイト・リンクを含んでいます。サイトの使用を続けることで、プライバシー・ポリシーに同意したとみなします。

『現象学的に根拠を問う』を出版しました

2015年1月5日

私の著作『現象学的に根拠を問う』の解説動画、書誌情報、販売場所、概要、読者との質疑応答などを掲載します。本書に関してコメントがありましたら、このページの下にあるコメント・フォームに投稿してください。誤字脱字の指摘から内容に関する学問的質問に至るまで幅広く受け入れます。

1. 解説動画

現象学的に根拠を問う

2. 表紙画像

画像
横幅300ピクセルに圧縮した『現象学的に根拠を問う』表紙画像

3. 書誌情報

  • Title :: 現象学的に根拠を問う
    • Furigana :: ゲンショウガクテキニコンキョヲトウ
    • Romaji :: Genshogakutekini Konkyo o To
  • Author :: 永井俊哉
    • Furigana :: ナガイトシヤ
    • Romaji :: Nagai, Toshiya
  • Author bio :: 著作家。インターネットを主な舞台に、新たな知の統合を目指す在野の研究者。専門はシステム論。1965年8月、京都生まれ。1988年3月、大阪大学文学部哲学科卒業。1990年3月、東京大学大学院倫理学専攻修士課程修了。1994年3月、一橋大学大学院社会学専攻博士後期課程単位修得満期退学。1997年9月、初めてウェブサイトを開設。1999年1月、日本マルチメディア大賞受賞。電子書籍以外に、紙の本として『縦横無尽の知的冒険』(2003年7月, プレスプラン)、『ファリック・マザー幻想』(2008年12月, リーダーズノート)を出版。
  • Language :: ja
  • Page :: 296ページ
  • Publisher :: Nagai, Toshiya
  • ISBN :: 9781311035363 (Smashwords, Inc.)
  • BISAC :: Book Industry Standards and Communications
    • Philosophy / Criticism
    • Philosophy / Movements / Phenomenology
    • Philosophy / Ethics & Moral Philosophy
  • Tags :: キーワード
    • Japanese :: フッサール、シェーラー、現象学的還元、哲学的人間学, ルサンチマン、価値論、数学基礎論
    • English :: philosophy, ethics, moral, husserl, phenomenology, epistemology, value, philosophical anthropology, ressentiment, scheler

4. 販売場所

販売価格は小売店によって異なることもあります。リンク先で確認してください。

5. 短い概要

現象学は、従来にない豊かな可能性を哲学にもたらした。現象学的に根拠を問う時、人は、現象の相関項としての超越論的主観の存在を自覚する。しかし、学の基礎付けはそれで十分なのだろうか。本書は、第一章でエトムント・フッサールの現象学的哲学を、第二章ではマックス・シェーラーの現象学的倫理学を批判的に検討しつつ、第三章で、現象学的還元・構成・破壊をモデルにした目的論的還元・構成・破壊による、現象学、とりわけ実質的価値倫理学の超越論的基礎付けを試みる。

6. 長い概要

現象学は、客観的な認識対象とも主観的な認識作用とも異なる認識内容としての現象を扱う哲学である。それは、人間の意識を経験論的ないし客観的に対象化する心理主義とは異なるが、新カント学派のような規範主義とも異なる第三の立場の哲学である。エトムント・フッサールの現象学は、様々な変遷を経たが、認識を直観的な理解に基礎付けようとする点では一貫している。フッサールから現象学を学んだマックス・シェーラーは、経験主義的な快楽主義あるいは功利主義でもなければ、カントの倫理学のような形式主義的な規範倫理学とも異なる、現象学的な、つまり直観に基づく実質的価値倫理学を提唱した。しかし、現象学は、認識を基礎付けてはいるものの、認識の妥当性の基礎付けは行っていない。認識を正当化するには、私たちの認識行為を含めたあらゆる行為の究極目的を認識しなければならない。本書はこの問題意識から、現象学的還元・構成・破壊自体を還元・構成・破壊するメタレベルの目的論的還元・構成・破壊を提唱する。

7. 質疑応答

本書の内容に関する読者からの質問への私の返答をここに転載します。

第一章 第一節 超越論的現象学の基礎的構図
偽和光(2005年10月21日 6:23 PM)

志向的本質と志向的質料の違いがよく分からないのですが。変動する「質料」を同一的に統一する「本質」が、「部分と全体の関係にある」とは具体的にはどういう状況を考えればよいのでしょうか?

永井俊哉(2005年10月22日 8:48 AM)

類は種を外延的に包括しているということです。

偽和光(2005年10月22日 10:49 PM)

なるほど。しかし、実的成素(reeller bestand)が、レアールなレベルというのはどういうことなのでしょうか。たしかフッサールはrealとreellは区別されるのですよね。あと、表の「相関性」とは何でしょうか。・・・素朴な質問ですみません。

永井俊哉(2005年10月22日 11:12 PM)

レアールとレエール、イデアールとイデエールは、ノエマとノエシスの関係にあります。相関性とは能動と受動の相関関係のことです。

偽和光(2005年10月23日 12:34 AM)

有難うございます。・・・というか先の私の投稿はBestandが大文字になってなかったり、ダメダメでした。出直してきます。

国会くん(2006年1月16日 6:43 PM)

Bestantを辞書で引くと「存立」と出てきます。ということは実的成素はactual state of beingで良いのでしょうか?

永井俊哉(2006年1月17日 9:06 AM)

英語でどう訳されているかは知らないので、Ideas: General Introduction to Pure Phenomenology でも読んで、調べてください。ネットで調べると、“real make-up of the intentional experiences”などという表現で説明されているようです。

ドイツ語の“Bestand”の動詞は、“bestehen”で、「… から構成される」という意味と「固執する」という意味があります。前者の意味を強調すると「成素」(日常言語的には「在庫」)という意味になるし、後者の意味を強調すると「存立」という意味になります。フッサールの場合、志向的体験が感覚与件と統握から構成されているという意味で、「成素」と訳されます。

国会くん(2006年1月18日 12:30 PM)

永井先生はノエシス・ノエマ構制によってイデア性とレアール性をそれぞれ二重化さていると理解してよいでしょうか。そうなると志向的統握は四重化されることになりますね。愚見ながら申し奉り候。

永井俊哉(2006年1月23日 3:56 PM)

統握やノエシスは、作用全体を意味する広い概念ではありません。作用と内容が、イデアールとレアールで四重化されるというのならわかりますが、このページを読んでいただければわかるように、現象学の区分はもっと複雑です。

第一章 第三節 間主観性の超越論的位相
国会くん(2006年1月14日 12:39 PM)

統握 Auffassung/Erfassung という概念は厳密に定義するとしたらどういうことになるのでしょうか? ノエシス的な作用であることはなんとなく分かるのですが。

永井俊哉(2006年1月14日 3:38 PM)

Auffassung とは、実的成素をレエールに把捉する知覚作用のことです。

国会くん(2006年1月15日 5:52 PM)

実的成素は英語またはドイツ語でどう表記されますか。また成素とは何を意味しますか教えてくだされば幸甚です。

国会くん(2006年1月16日 12:14 PM)

レアールとレエールの決定的な違いを教えてください。気になって眠れません。お願いします。

永井俊哉(2006年1月16日 12:48 PM)

レアールとレエールの違いは、認識対象と認識作用に対応していると考えてよいでしょう。レエール/イデエール(ドイツ語 reell/ideell)は、フランス語の“réel/idéel”をドイツ語化した形容詞で、フッサールの現象学では、レアール/イデアールと区別された特殊な意味を持ちます。すなわち、志向的体験において呈示される感覚与件とそれに意味付与する統握がレエールな成素(der reelle Bestand 実的成素)と呼ばれます。レエールな成素が志向的体験に内在しているの対して、レアール(実在的)な対象は、それを超越しています。私たちの志向的体験では、同一の対象が知覚において与えられたり、想起において与えられたりしますが、それらが同一の対象であるのは、イデアールな同一性があるからで、そのイデアールな対象の意識に内在する体験は、イデエールであると言われます。