『社会システム論の構図』を出版しました

2015年5月21日

このページでは、私の著作『社会システム論の構図』の書誌情報、販売場所、概要、冒頭抜粋、改訂履歴をまとめます。誤字脱字の指摘、内容に関する質問などありましたら、このページのコメント・フォームに投稿してください。

1 : 表紙画像

image
横幅300ピクセルに圧縮した『社会システム論の構図』表紙画像

2 : 書誌情報

  • Title :: 社会システム論の構図
    • Furigana :: シャカイシステムロンノコウズ
    • Romaji :: Shakai System Ron no Kozu
  • Author :: 永井俊哉
    • Furigana :: ナガイトシヤ
    • Romaji :: Nagai, Toshiya
  • Author bio :: 著作家。インターネットを主な舞台に、新たな知の統合を目指す在野の研究者。専門はシステム論。1965年8月、京都生まれ。1988年3月、大阪大学文学部哲学科卒業。1990年3月、東京大学大学院倫理学専攻修士課程修了。1994年3月、一橋大学大学院社会学専攻博士後期課程単位修得満期退学。1997年9月、初めてウェブサイトを開設。1999年1月、日本マルチメディア大賞受賞。電子書籍以外に、紙の本として『縦横無尽の知的冒険』(2003年7月, プレスプラン)、『ファリック・マザー幻想』(2008年12月, リーダーズノート)を出版。
  • Language :: jpn
  • Page :: 293ページ
  • Publisher :: Nagai, Toshiya
  • ISBN :: 9781310767760 (Smashwords, Inc.)
  • BISAC :: Book Industry Standards and Communications
    • Science / System Theory
    • Social Science / Sociology / General
    • Philosophy / Social
    • 社会科学 > 社会学 > 一般
    • 哲学 > 社会哲学
  • Tags :: キーワード
    • Japanese :: フロイト、ラカン、レヴィ=ストロース、フーコー、バタイユ、ブルデュー、クーン
    • English :: anthropology, capital, communicaion, exchange, paradigm, psychoanalysis, social philosophy, structuralism, system theory, theory of sociology

3 : 販売場所

販売価格は小売店によって異なります。リンク先で確認してください。

4 : 短い概要

社会秩序は、いかにして、万人の万人に対する戦いである無秩序から人々を救い出し、社会秩序を可能にするのか。この問題は、社会学の永遠の課題である。本書は、ニーチェ、マルクス、フロイト、ラカン、レヴィ=ストロース、フーコー、バタイユ、ブルデュー、クーンなど、ヘーゲル以降の現代思想の流れを踏まえつつ、社会秩序の問題を、社会システム論の立場から考察する。

5 : 長い概要

社会システムとは、ダブル・コンティンジェンシー、すなわち、自己の選択と他者の選択が相互に相手の選択に依存している二重の不確定性を縮減する機能である。パーソンズも、ルーマンも、ダブル・コンティンジェンシーがいかにして縮減されるのかを根源的に説明しておらず、彼らの説明は、畢竟「社会システムが存在するから、社会システムは存在する」という循環論法を越え出るものではなかった。ルーマンの社会システム理論は、オートポイエーシス論と称して、その循環論法に居直ったが、社会システム理論をオートポイエーシス論に限定することは、たんなる視野狭窄しかもたらさず、それをシステム理論のパラダイム転換と評価することはできない。

ダブル・コンティンジェンシーがもたらす囚人のディレンマから抜け出すには、高資本の媒介的第三者が必要である。媒介的第三者は、言語、貨幣、刑罰などのコミュニケーション・メディアを通じて、社会的エントロピーを縮減するのだが、従来の社会システム理論では、こうした媒介的第三者の役割が正しく評価されていなかった。本書は、市場や資本の概念を、経済システムにおいて適用される狭義の概念から、家族システム、文化システム、政治システムにおいても適用される広義の概念へと拡張し、結婚市場、言語市場、政治市場での交換による評価のメカニズム、身体資本、文化資本、社交資本の非対称な蓄積のプロセス、支配のロジックと物象化の問題点を社会システム論の立場から幅広く考察する。

本書は、この問題意識に基づき、第一章で、交換としての認識、交換としての結婚、交換としての復讐を取り上げ、これらの交換が、貨幣というコミュニケーション・メディアを通じた経済的交換と同一の構造を持つことを示し、文化システム、家族システム、政治システムにおけるコミュニケーション・メディアの役割と資本蓄積の格差について説明する。第二章では、家族システムにおける父、政治システムにおける権力者、文化システムにおける神といった抑圧的な存在として君臨する媒介的第三者を描き、第三章では、反逆を鎮圧する暴君としてではなく、人々を自発的に服従させ、訓育し、支配する現代の権力のあり方を論じる。

6 : 改訂履歴

本書は、私が一橋大学大学院博士後期課程に在籍中に書いた以下の論文を材料にしています。

  • “「包摂」について”.『哲学の探求』第19号. 34-43頁. 全国若手哲学研究者ゼミナール. 1991年12月1日.
  • “復讐の経済学”.『思想と現代』通巻29号. 130-140頁. 白石書店. 唯物論研究協会編集. 1992年5月10日.
  • “マルクス主義のパラダイム転換とパラダイム論のマルクス主義的転回”.『唯物論』通巻66号. 30-39頁. 梓出版社. 東京唯物論研究会編. 1992年10月1日.
  • “フーコーにおける権力の弁証法”.『思想と現代』通巻37号. 133-142頁. 白石書店. 唯物論研究協会編集. 1994年9月30日.
  • “結婚の経済学”.『唯物論』通巻68号. 68-80頁. 梓出版社. 東京唯物論研究会編. 1994年10月1日.

私自身は、マルクス主義者ではありませんでしたが、私が所属していた社会思想研究室は、マルクス主義がメインであったため、私も唯物論研究協会や東京唯物論研究会に入会し、マルクス関係の論文を書いていました。

その後、1997年9月に、これらにオリジナル・コンテンツを加えて、『社会システム論の構図』というタイトルの著作としてウェブ上に公開しました。現在、システム論アーカイブ書籍編で公開している同名の書は、当時のものと内容は大きく変わりません。本書は、当時と同様に、全五巻の『超越論的システム論』の最終巻に当たります。

  • 1.0(1997年09月):: ウェブサイト「超越論的システム論」の第五巻『社会システム論の構図』として、ウェブ上で公開。
  • 1.1(2005年01月):: ブログ「永井俊哉ドットコム」の書籍編の第五巻『社会システム論の構図』として、ウェブ上で公開。
  • 2.0(2015年05月):: 電子書籍として出版。全般的な内容のアップデートを行う。
  • 2.2(2016年03月):: 金子圭亮さんが指摘した間違いの修正。