5月 212015
 

このページでは、私の著作『社会システム論の構図』の書誌情報、販売場所、概要、冒頭抜粋、改訂履歴をまとめます。誤字脱字の指摘、内容に関する質問などありましたら、このページのコメント・フォームに投稿してください。

1 : 表紙画像

image
横幅300ピクセルに圧縮した『社会システム論の構図』表紙画像

2 : 書誌情報

  • Title :: 社会システム論の構図
    • Furigana :: シャカイシステムロンノコウズ
    • Romaji :: Shakai System Ron no Kozu
  • Author :: 永井俊哉
    • Furigana :: ナガイトシヤ
    • Romaji :: Nagai, Toshiya
  • Author bio :: 著作家。インターネットを主な舞台に、新たな知の統合を目指す在野の研究者。専門はシステム論。1965年8月、京都生まれ。1988年3月、大阪大学文学部哲学科卒業。1990年3月、東京大学大学院倫理学専攻修士課程修了。1994年3月、一橋大学大学院社会学専攻博士後期課程単位修得満期退学。1997年9月、初めてウェブサイトを開設。1999年1月、日本マルチメディア大賞受賞。電子書籍以外に、紙の本として『縦横無尽の知的冒険』(2003年7月, プレスプラン)、『ファリック・マザー幻想』(2008年12月, リーダーズノート)を出版。
  • Language :: jpn
  • Page :: 293ページ
  • Publisher :: Nagai, Toshiya
  • ISBN :: 9781310767760 (Smashwords, Inc.)
  • BISAC :: Book Industry Standards and Communications
    • Science / System Theory
    • Social Science / Sociology / General
    • Philosophy / Social
    • 社会科学 > 社会学 > 一般
    • 哲学 > 社会哲学
  • Tags :: キーワード
    • Japanese :: フロイト、ラカン、レヴィ=ストロース、フーコー、バタイユ、ブルデュー、クーン
    • English :: anthropology, capital, communicaion, exchange, paradigm, psychoanalysis, social philosophy, structuralism, system theory, theory of sociology

3 : 販売場所

販売価格は小売店によって異なります。リンク先で確認してください。

4 : 短い概要

社会秩序は、いかにして、万人の万人に対する戦いである無秩序から人々を救い出し、社会秩序を可能にするのか。この問題は、社会学の永遠の課題である。本書は、ニーチェ、マルクス、フロイト、ラカン、レヴィ=ストロース、フーコー、バタイユ、ブルデュー、クーンなど、ヘーゲル以降の現代思想の流れを踏まえつつ、社会秩序の問題を、社会システム論の立場から考察する。

5 : 長い概要

社会システムとは、ダブル・コンティンジェンシー、すなわち、自己の選択と他者の選択が相互に相手の選択に依存している二重の不確定性を縮減する機能である。パーソンズも、ルーマンも、ダブル・コンティンジェンシーがいかにして縮減されるのかを根源的に説明しておらず、彼らの説明は、畢竟「社会システムが存在するから、社会システムは存在する」という循環論法を越え出るものではなかった。ルーマンの社会システム理論は、オートポイエーシス論と称して、その循環論法に居直ったが、社会システム理論をオートポイエーシス論に限定することは、たんなる視野狭窄しかもたらさず、それをシステム理論のパラダイム転換と評価することはできない。

ダブル・コンティンジェンシーがもたらす囚人のディレンマから抜け出すには、高資本の媒介的第三者が必要である。媒介的第三者は、言語、貨幣、刑罰などのコミュニケーション・メディアを通じて、社会的エントロピーを縮減するのだが、従来の社会システム理論では、こうした媒介的第三者の役割が正しく評価されていなかった。本書は、市場や資本の概念を、経済システムにおいて適用される狭義の概念から、家族システム、文化システム、政治システムにおいても適用される広義の概念へと拡張し、結婚市場、言語市場、政治市場での交換による評価のメカニズム、身体資本、文化資本、社交資本の非対称な蓄積のプロセス、支配のロジックと物象化の問題点を社会システム論の立場から幅広く考察する。

本書は、この問題意識に基づき、第一章で、交換としての認識、交換としての結婚、交換としての復讐を取り上げ、これらの交換が、貨幣というコミュニケーション・メディアを通じた経済的交換と同一の構造を持つことを示し、文化システム、家族システム、政治システムにおけるコミュニケーション・メディアの役割と資本蓄積の格差について説明する。第二章では、家族システムにおける父、政治システムにおける権力者、文化システムにおける神といった抑圧的な存在として君臨する媒介的第三者を描き、第三章では、反逆を鎮圧する暴君としてではなく、人々を自発的に服従させ、訓育し、支配する現代の権力のあり方を論じる。

6 : 改訂履歴

本書は、私が一橋大学大学院博士後期課程に在籍中に書いた以下の論文を材料にしています。

  • “「包摂」について”.『哲学の探求』第19号. 34-43頁. 全国若手哲学研究者ゼミナール. 1991年12月1日.
  • “復讐の経済学”.『思想と現代』通巻29号. 130-140頁. 白石書店. 唯物論研究協会編集. 1992年5月10日.
  • “マルクス主義のパラダイム転換とパラダイム論のマルクス主義的転回”.『唯物論』通巻66号. 30-39頁. 梓出版社. 東京唯物論研究会編. 1992年10月1日.
  • “フーコーにおける権力の弁証法”.『思想と現代』通巻37号. 133-142頁. 白石書店. 唯物論研究協会編集. 1994年9月30日.
  • “結婚の経済学”.『唯物論』通巻68号. 68-80頁. 梓出版社. 東京唯物論研究会編. 1994年10月1日.

私自身は、マルクス主義者ではありませんでしたが、私が所属していた社会思想研究室は、マルクス主義がメインであったため、私も唯物論研究協会や東京唯物論研究会に入会し、マルクス関係の論文を書いていました。

その後、1997年9月に、これらにオリジナル・コンテンツを加えて、『社会システム論の構図』というタイトルの著作としてウェブ上に公開しました。現在、システム論アーカイブ書籍編で公開している同名の書は、当時のものと内容は大きく変わりません。本書は、当時と同様に、全五巻の『超越論的システム論』の最終巻に当たります。

  • 1.0(1997年09月):: ウェブサイト「超越論的システム論」の第五巻『社会システム論の構図』として、ウェブ上で公開。
  • 1.1(2005年01月):: ブログ「永井俊哉ドットコム」の書籍編の第五巻『社会システム論の構図』として、ウェブ上で公開。
  • 2.0(2015年05月):: 電子書籍として出版。全般的な内容のアップデートを行う。
  • 2.2(2016年03月):: 金子圭亮さんが指摘した間違いの修正。
このページをフォローする
私が書いた本

  2 コメント

  1. 永井先生お久し振りです。
    かなり間が空いてしまって申し訳なかったのですが、電子書籍版「社会システム論の構図」を読み終えたので、見つけた誤字や気になった点をここに報告いたします。お役立て下さい。

    「パリの7区で生まれた-フランスを支配している大部分の人が実際にそうなのだが-人は、」の箇所でマイナス記号の「-」が使われていますが、ここではダッシュ記号の「―」を「――」のように二つ繋げて用いた方がよいかと思われます。文脈から考えれば間違いようがないとはいえ、「-人」では「一人(ひとり)」のように見えてしまう虞があります。

    「グランド・ゼコール卒」とありますが、「グランゼコール」表記の方が一般的なように思われます。どちらが実際の発音に近いのでしょうか。以前「システム論研究序説」の方で、私は『raison d’etreの片仮名表記としては「レゾンデートル」の方が一般的ではないでしょうか。』と提言したところ、永井先生より実際の発音はレゾンデトルの方が近いと教えて頂きました。私は外国語の片仮名表記はできるだけ原語の発音に近づけるべきだと考えているので、レゾンデトルはレゾンデトル表記のままの方がよい気がします。今回の「グランド・ゼコール」はどうなのでしょうか。

    本書を通して「とき」と「時」という表記に関してゆらぎが生じています。例えば「進化したとき、統制経済から市場経済へ移行した時」という文章中では同文中に両者が使われています。「異なった階級間の結婚が可能になったとき」のように平仮名表記のときもあれば、「服従を既成事実化する時」、「主人と奴隷が承認をめぐる争いをする時」、「批判の基準自体が批判されるべき当のパラダイムである時」、「この時革命が起こり」のように漢字表記のときもあり、どういった規則で使い分けされているのかよく分かりません。個人的には平仮名表記で統一した方がよいのではと思いますが、如何でしょうか。

    「メディアの愛自身は感情ではなくて、コミュニケ-ション・コードである」の箇所で、ケとシの間の長音がハイフンになってしまっています。

    「と命じてAを咎めるであろう」の箇所は「Bを咎めるであろう」の誤りでないかと思われます。またこのページの殆どのA及びBの後に不要なスペースが差し挟まれており、それが原因かは不明ですが、本文をコピー&ペーストすることが困難になっています。

    「抽象的人間苦痛の持続時間?-この主題は次節で扱うことにしよう。」という箇所ですが、疑問符の後ろが一マス空いておらず、ダッシュ記号でなくマイナス記号が使われています。ダッシュ記号は二つ重ねて使い「抽象的人間苦痛の持続時間? ――この主題は次節で扱うことにしよう。」とした方がいいかと思われます。また本書を通して三点リーダやダッシュ記号が二つ一組で使われておりません。以前にも同様な指摘をさせて頂きましたが、些細なことでも本書の完成度を少しでも高めるために注意を払った方がいいと思います。参考までに以下のサイトを提示しておきます。
    http://www.gakkai.ne.jp/jss/bulletin/guide1.php

    「加害/復讐の程度の測定基準である「抽象的人間苦痛の持続時間」は」という箇所ですが、半角ではなく全角のスラッシュが使われています。「支配/服従の構造的関係から言っても」、「(消費者/生産者としての)属性と共に」という箇所も同様です。本書を通して殆どの箇所で半角のスラッシュ記号が使われているので、上の三箇所も半角に統一するか、個人的にはすべて全角表記にした方が、他の文字とサイズが統一され、読みやすいかと思われます。

    「「初期ブルジョジーのイデオローグ」であるジェレミィ・ベンサムは」ブルジョワジーがブルジョジーになっています。

    「フィシャー版フロイト全集の編集者は」フィッシャーがフィシャーになっています。

    「小文字の他者a’に向けられている」及び「a-a’ における」という箇所を見比べてみて頂きたいのですが、後者のアポストロフィーの後ろにはスペースがありますが、前者のそれにはありません。前者のaが半角であるのに対し、後者のaは全角です。他のアルファベット記号やアポストロフィー記号が使われている箇所も含めて、表記は統一した方がよいかと思います。

    「ニーチェには、エディプス・コンプレックスがあったと言ってよい。」、「エディプス・コンプレクスの男の子が去勢のリスクを犯しながら父親の権威に挑む時」、「男根期の去勢コンプレックスによるナルシスティックな」、「「奴隷の自己意識」とはエディプス・コンプレクスであることが分かる。」という様に「コンプレクス」と「コンプレックス」と表記上のゆらぎが生じています。

    「前著で、発展途上国(周縁/反周縁)での社会主義諸国での誕生は」とありますが、ここの「反周縁」は「半周縁」の誤りではないでしょうか。また「社会主義諸国での誕生は」という部分は「社会主義諸国の誕生は」の誤りかと思われます。

    「なるほどニーチェは近代民主主義ををも糾弾した。」という箇所ですが、「ををも」とタイプミスがあります。

    「ニーチェは『ツァラトストラかく語りき』の冒頭で」「ツァラトストラ」は「ツァラトゥストラ」表記の方が一般的ではないでしょうか。

    「は通常見過ごされている!」感嘆符の後ろにスペースがありません。「- 偶然自身は、創造的な衝動が相互に衝突し合うことに過ぎない。」ここもマイナス記号の代わりに「――偶然自身は」という様に二重ダッシュ記号を用いるべきでしょう。

    「全体者- あるいは神-」ここでもマイナス記号が使われていますが、「全体者――あるいは神――」と表記した方がよいでしょうか。

    「この世界は権力への意志だ。- そしてそれ以外の何物でもない!さらにまた君たち自身もこの権力への意志だ。- そしてそれ以外の何物でもない!」この文章もマイナス記号ではなくダッシュ記号を使い、感嘆符の後ろは一マス空け、「この世界は権力への意志だ。――そしてそれ以外の何物でもない! さらにまた君たち自身もこの権力への意志だ。――そしてそれ以外の何物でもない!」とした方がいいでしょう。

    「…つまり貨幣自身もまた価格を持つのである」という箇所ですが、「……つまり貨幣自身もまた価格を持つのである」とした方がいいでしょう。この箇所以外の三点リーダが使われている箇所もすべて二つ一組の表記「……」に修正した方がよさそうです。

    不要と思われるスペースや不自然な空白を今回もいくつか見つけたので、ここにまとめておきます。
    「A=B 」、「情報M 」、「情報Y 」などのようにアルファベットの後ろにスペースがありますが、これは意図的なものでしょうか。
    「それ自体形式でないからこそ」の「式 で」
    「経済資本の蓄積には職業的能力が」の「は 職」
    「経済資本/ 文化資本の条件よりたぶん優先される」の箇所で、スラッシュの後に不要なスペースがあります。
    「社会的なプレスティージの高い肩書き/ 経歴の持ち主が」の箇所で、スラッシュの後に不要なスペースがあります。おそらくここ以外のスラッシュの後ろにも同様のスペースが発生している可能性があります。
    「向けられることを暴露する」の「る こ」
    「父親が権威であるように」の「で あ」
    「彼等が経営/管理労働によって」の「に よ」
    「個人[individu 個体]がないならば」の「な い」
    「他なる諸事物」の「る 諸」
    「以前そうであった状態とは異なろうとすること」の「そ う」
    「であるのに対して」の「の に」
    「教科書よりも古典的著作が」の「り も」
    「生命なるものは実在しなかった。」の「生 命」
    「実在したのは ただ諸々の生物だけなのだ。」の「は た」
    「金や銀などの商品貨幣がそうであったように」の「や 銀」
    「ただの紙切れとなるが」の「だ の」

    今回も長々としたものになってしまいましたが、校正作業の役に立てば幸いです。

  2. 御指摘ありがとうございます。

    金子圭亮さんが書きました:

    「パリの7区で生まれた-フランスを支配している大部分の人が実際にそうなのだが-人は、」の箇所でマイナス記号の「-」が使われていますが、ここではダッシュ記号の「―」を「――」のように二つ繋げて用いた方がよいかと思われます。文脈から考えれば間違いようがないとはいえ、「-人」では「一人(ひとり)」のように見えてしまう虞があります。

    昔の日本のワープロ専用機ではダッシュ記号は長かったから、間違えることはなかったのですが、外国産がデ・ファクト・スタンダードになってから、短くなり、紛らわしくなりました。それで、今ではできるだけ使わないようにしています。「パリの7区で生まれた人(フランスを支配している大部分の人が実際にそうだ)は」というように、ダッシュを使わない表現に改めることにしました。引用文など、どうしても必要な時には、御提案の “――” を使うことにします。

    金子圭亮さんが書きました:

    「グランド・ゼコール卒」とありますが、「グランゼコール」表記の方が一般的なように思われます。どちらが実際の発音に近いのでしょうか。以前「システム論研究序説」の方で、私は『raison d’etreの片仮名表記としては「レゾンデートル」の方が一般的ではないでしょうか。』と提言したところ、永井先生より実際の発音はレゾンデトルの方が近いと教えて頂きました。私は外国語の片仮名表記はできるだけ原語の発音に近づけるべきだと考えているので、レゾンデトルはレゾンデトル表記のままの方がよい気がします。今回の「グランド・ゼコール」はどうなのでしょうか。

    日本では「グランド・ゼコール」という表記法もありますが、「グランゼコール」の方がフランス語の発音、[ɡʁɑ̃.z‿ekɔl]に近いので、そちらに改めます。

    金子圭亮さんが書きました:

    本書を通して「とき」と「時」という表記に関してゆらぎが生じています。例えば「進化したとき、統制経済から市場経済へ移行した時」という文章中では同文中に両者が使われています。「異なった階級間の結婚が可能になったとき」のように平仮名表記のときもあれば、「服従を既成事実化する時」、「主人と奴隷が承認をめぐる争いをする時」、「批判の基準自体が批判されるべき当のパラダイムである時」、「この時革命が起こり」のように漢字表記のときもあり、どういった規則で使い分けされているのかよく分かりません。個人的には平仮名表記で統一した方がよいのではと思いますが、如何でしょうか。

    実質名詞が漢字でも、形式名詞として使う場合は、補助動詞や補助形容詞といった補助用言を平仮名で書くのと同じように、平仮名にするというのが慣習です。「時」に関して言えば、時間・時刻・時期という意味が明確にあるときは漢字で書き、場合というような意味のときは平仮名で書くのが一般的なルールです。但し両者の区別はそれほど明確ではなく、私もあまり意識しないでワープロの自動変換に任せていました。できるだけ慣習に従った書き方になるように見直します。

    金子圭亮さんが書きました:

    「と命じてAを咎めるであろう」の箇所は「Bを咎めるであろう」の誤りでないかと思われます。またこのページの殆どのA及びBの後に不要なスペースが差し挟まれており、それが原因かは不明ですが、本文をコピー&ペーストすることが困難になっています。

    修正しました。半角欧文と全角の日本語が混在するとき、見やすくするために、両者の間に半角スペースを入れることにしています。旧バージョンは全角アルファベットを使っていたので、半角スペースは入れていません。後で半角化しようとしたために、一貫性のない書式になってしまいました。今後気付き次第修正していきます。

    欧文では単語間を半角スペースで区切り、和文ではそうしないので、両者が混在するとき、どちらのルールを適用するのか迷う所ですが、私は見栄えを重視することにしています。本来、和欧文間スペースは、ブラウザなり電子書籍リーダーなりが自動的にレンダリングしてくれればよいのですが、そうなっていない以上、直観的に美しく見えるように、こちらで調節せざるを得ません。もっともフォントによっても見栄えが違うので、困ったものです。

    なお、和欧文間スペースの挿入でコピー&ペーストがしにくいという現象は私の方では再現されません。それが原因なら英語のテキストはすべてコピー&ペーストがしにくくなるはずですが、英語が標準言語である電子書籍でそういうことはないでしょう。

    金子圭亮さんが書きました:

    「抽象的人間苦痛の持続時間?-この主題は次節で扱うことにしよう。」という箇所ですが、疑問符の後ろが一マス空いておらず、ダッシュ記号でなくマイナス記号が使われています。ダッシュ記号は二つ重ねて使い「抽象的人間苦痛の持続時間? ――この主題は次節で扱うことにしよう。」とした方がいいかと思われます。また本書を通して三点リーダやダッシュ記号が二つ一組で使われておりません。以前にも同様な指摘をさせて頂きましたが、些細なことでも本書の完成度を少しでも高めるために注意を払った方がいいと思います。参考までに以下のサイトを提示しておきます。

    「抽象的人間苦痛の持続時間によってか。この主題は次節で扱うことにしよう」というように、ダッシュを使わない表現にしました。三点リーダーは文字化けの原因になるので、今では、“…”というように、三連続のピリオドで代替することにしています。

    金子圭亮さんが書きました:

    「加害/復讐の程度の測定基準である「抽象的人間苦痛の持続時間」は」という箇所ですが、半角ではなく全角のスラッシュが使われています。「支配/服従の構造的関係から言っても」、「(消費者/生産者としての)属性と共に」という箇所も同様です。本書を通して殆どの箇所で半角のスラッシュ記号が使われているので、上の三箇所も半角に統一するか、個人的にはすべて全角表記にした方が、他の文字とサイズが統一され、読みやすいかと思われます。

    全角よりも半角の方が文字化けしにくいでしょうから、半角で統一することにします。それ以外は単純ミスですから、ご指摘の通り修正します。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */