このウェブサイトはクッキーを利用し、アフィリエイト・リンクを含んでいます。サイトの使用を続けることで、プライバシー・ポリシーに同意したとみなします。

永井俊哉ドットコム復活のお知らせ

2015年8月1日

2015年8月1日より、私が運営する四つのサイトに掲載していたコンテンツを、新しい一つのドメイン nagaitoshiya.com のもとに集約することにしました。システム論アーカイブとシステム論ブログの URL は、ほぼすべて自動的に新しいサイトの該当 URL に転送されます。システム論フォーラムとシステム論ウィキに掲載していたコンテンツの移転はまだ行われておらず、この二つのサイトのすべての URL は、新サイトのホームページに自動転送されます。

画像の表示
新しい永井俊哉ドットコムのホームページ

1. 新しいウェブサイトの編集方針

新しいサイト、永井俊哉ドットコムは、試論編、書籍編、書評編、雑記編という四つのカテゴリーに分かれており、旧サイトとの対応は以下の通りです。

  • システム論アーカイブ :: 試論編は試論編に、書籍編は書籍編に、雑記編は内容に応じて書評編か雑記編に分類。
  • システム論ブログ :: 試論編に移転。お知らせの類は雑記編に編入。
  • システム論フォーラム :: 雑記編に移転する予定。
  • システム論ウィキ :: 本記事は試論編に移転する予定。

私は、2011年1月1日より、それまで単一ドメインで運営していた旧永井俊哉ドットコムを放棄し、複数のドメインによるサイト運営を始めました。その理由の一つは、旧永井俊哉ドットコムで使っていた CMS(コンテンツ管理システム)、MovableType の継続的な使用に限界が出てきたということでした。そこで、旧永井俊哉ドットコムを、システム論アーカイブとして、MovableType を更新することなく HTML ファイルのまま保存しつつ、新しいコンテンツは、オープンソースの三つの CMS(WordPress, MediaWiki, phpBB)で作成することにしました。

それから四年以上が経過してわかったことは、最も維持管理のコスト(お金ではなくて時間のコスト)が低いのは、WordPress であるということです。どの CMS を使う場合でも、新規にサイトを作るのは容易なのですが、過去のデータベースを引き継いでソフトをアップグレードすることは技術的に難しく、初期状態から離れているために原因の特定が困難なエラーが発生しやすくなります。WordPress はユーザが非常多いので、エラーが発生しても、ネットで調べればすぐに解決策が見つかります。しかし、MediaWiki と phpBB はユーザが少ないので、そういうわけにはいきません。

もちろん、時間をかけて試行錯誤を繰り返せば、エラーを解消し、アップグレートを完了させることもできるでしょうが、サイトの維持管理に時間をかけ、コンテンツの作成に時間をかけられないのは本末転倒です。そこで、維持管理のコストを最小にするために、すべてのコンテンツを WordPress で一元的に管理することにしました。コンテンツがあっちこっちに散らばっているよりも、一箇所にまとまっている方が、読者にとっても便利ではないかと思います。

最初からそうすればよかったと言う方もいるでしょうが、私が MovableType によるブログ更新を断念したのにはもう一つの理由があって、単純に WordPress に替えるという気にはなれませんでした。ブログだと記事が断片的になってしまうので、非時系列的なまとめサイトを作りたいという気持ちが当時強かったのです。そこで、当初 MediaWiki ですべてのコンテンツを整理しようとしたのですが、それだと最新記事がどれなのかわからなくなるので、WordPress でブログサイトを作り、また システム論アーカイブにコメントが付けられないので、phpBB で掲示板サイトを作りました。

しかし、その後電子書籍を出版するようになってから、私の執筆活動におけるウェブサイトの位置付けが大きく変わりました。ウィキサイトでやろうとしていたことが電子書籍で実現できるようになった以上、ウィキサイトは不要になりました。コンテンツの最終的なまとめではなくて、途中経過の発表であるなら、ブログで十分ということになったのです。今後、MediaWiki を HTML エディタとして使用し、それによって直接コンテンツを公開することはしないことにしました。これなら、アップグレードで悩むことはありません。

システム論アーカイブのコンテンツに WordPress を通じてコメントが付けられるようになったので、システム論フォーラムも不要になりました。WordPress には、bbPress というフォーラム設置のプラグインがあって、当初そこに旧コンテンツを移転させようとしたのですが、このプラグインは日本語への対応が十分ではなく、日本語で登録した投稿者の名前が管理人である私の名前に置き換えられるという不具合が発生するため、断念しました。今後手作業で旧コンテンツをブログ記事に移転させていく予定です。

以上のような次第で永井俊哉ドットコムが復活することになったのですが、単純に昔に戻るわけではありません。新しいドメイン

は、http ではなくて、https になっています。HTTPS のサイトは、サーバとの通信内容を暗号化するため、メンバー登録やメール・フォームへの投稿などで訪問者が提供する情報のプライバシーを守ります。また、ドメイン名のローマ字が訓令式ではなくて、ヘボン式です。なお、訓令式の旧ドメインは、ページランクが高かったためか、誰かが購入し、リンクサイトにしていますが、私は関知していません。

サイトの運営方針が二転三転して、読者の皆様にご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ありません。しかし、これも長期的に著作活動を続ける上での決断ですので、御理解を賜りますようお願い申し上げます。

2. 追記(2015年8月31日)

システム論フォーラムをそのままの形で保存した圧縮ファイルを用意しました。圧縮ファイルは、Box からダウンロードできます。リンクをクリックし、圧縮ファイルをダウンロードし、解凍後、"www.systemicsforum.com" フォルダを開き、index.html をクリックしてください(システム論ウィキのフォルダは、たんに外部呼出しの画像が入っているだけです)。後はブラウザでオンライン上と同様の操作ですべての投稿が閲覧できます。

また、サイトの名称の変更に伴い、以下のソーシャル・メディアの名称も変更いたしました。

  • Facebook Page(日本語): 永井俊哉ドットコム
  • Facebook Page(英語):Nagai Toshiya Dotcom
  • Google+ Page(日本語):永井俊哉ドットコム
  • Google+ Page(英語):Nagai Toshiya Dotcom
  • Twitter(日本語):永井俊哉ドットコム
  • Twitter(英語):Nagai Toshiya Dotcom

3. 追記(2021年5月10日)

半年ほどかけて、ウェブサイトを改築しました。まず、試論編、書籍編、書評編、雑記編という従来の区別を撤廃し、大半の記事を試論編化した上で、各記事を以下の20の学問分野別カテゴリーとお知らせに分類しました。

  • システム論:システム一般または学際的な主題に関する記事。
  • 数学:論理学、数学、コンピューター科学に関する記事。
  • 物理学:物理学とその技術的応用に関する記事。
  • 化学:化学とその技術的応用に関する記事。
  • 生物学:生物学とその技術的応用に関する記事。
  • 地学:地理学、地球科学、天文学、環境学に関する記事。
  • 工学:技術と技術革新による将来への影響に関する記事。
  • 言語学:言語学、記号学、修辞学、文献学に関する記事。
  • 哲学:哲学、倫理学、美学、思想史に関する記事。
  • 文化学:文学、芸術、宗教といった文化に関する記事。
  • 心理学:心理学、精神分析学、犯罪学、行動科学に関する記事。
  • 人類学:人間学、自然人類学、文化人類学、民俗学に関する記事。
  • 歴史学:先史時代から現代にいたる人類の歴史に関する記事。
  • 社会学:社会学、コミュニケーション論、メディア論に関する記事。
  • 教育学:教育全般(家庭教育、学校教育、社会教育)に関する記事。
  • 経営学:経営学、組織論およびビジネス一般に関する記事。
  • 経済学:経済、経済史、経済学、ゲーム理論に関する記事。
  • 法学:法律、立法、司法、法学、法哲学に関する記事。
  • 政治学:政治、外交、戦争、イデオロギーに関する記事。
  • 政策提案:政策提案および世の中を変えるための提言。
  • お知らせ:私の活動の報告と今後に関するお知らせ。

各記事にはタグも加えました。カテゴリーあるいはタグをクリックすることで、特定の学問分野あるいは特定の主題の記事を一覧表示できるようにしました。

また、各記事およびページには、1280px × 1280px のアイキャッチ画像(Featured Image)ならびに 1280px × 720px の OGP (Open Graph Protocol) 準拠画像を添付しました。こうすることで、ソーシャル・メディアでの引用が画像付きになるので、引用しやすくなったかと思います。

最後に、地味な話ですが、ユーザー・エクスペリエンスの改善にも力を入れました。ページ全体をキャッシュ化してCDNから配信することで、読み込みの速度を上げました。その結果、現在当サイトは、グーグルの「ウェブに関する主な指標テスト」にモバイル/パソコン双方で合格しています。

ページ全体のキャッシュ化には、他方で問題もあります。ページを更新しても、CDN のサーバーに古いキャッシュが残存することが多くなります。そうならないように、更新時にはキャッシュをパージするようにしますが、コメントを投稿しても、反映されていないと思う時は、ブラウザのリロードを試みてください。

今後もサイトの改善に努めたいと思いますので、不具合等あれば、教えていただければ、助かります。