6月 252006
 

試論編に掲載した「仏教はなぜ日本で普及したのか」には読みにくい漢字があるので、振り仮名付き版を作成しました。但し、作成した時期が古いので、試論編にあるページと内容は多少違います。

image
仏教公伝地図” by Pqks758 is licensed under CC-BY-SA

1. 仏教が日本に伝来したのはいつか

元興寺(がんこうじ)縁起(えんぎ)』や『上宮(じょうぐう)聖徳(せいとく)法王(ほうおう)(てい)(せつ)』によれば、日本(にほん)仏教(ぶっきょう)公式(こうしき)伝来(でんらい)したのは、(きん)(めい)天皇(てんのう)(つちのえ)(うま)(とし)西暦(せいれき)538(ねん))である。『日本書紀(にほんしょき)』は仏教(ぶっきょう)伝来(でんらい)(とし)(きん)(めい)13(ねん)(552(ねん))としている。(ただ)しいのはどちらだろうか。

百済(くだら)(せい)明王(めいおう)は、553(ねん)と554(ねん)日本(にほん)援軍(えんぐん)要請(ようせい)した。554(ねん)には、対価(たいか)として、五経(ごきょう)博士(はかせ)(とう)(けん)じているので、それに先立(さきだ)つ553(ねん)に、対価(たいか)(だい)(いち)(だん)として仏像(ぶつぞう)経文(きょうもん)(けん)じたということは、(じゅう)(ぶん)(かんが)えられる。日本(にほん)は、これに(むく)いるために、554(ねん)(せん)(にん)規模(きぼ)援軍(えんぐん)派遣(はけん)した。仏像(ぶつぞう)経文(きょうもん)(けん)じられた(とし)を、553(ねん)ではなくて、1(ねん)(まえ)の552(ねん)にしたのは、仏教(ぶっきょう)公式(こうしき)伝来(でんらい)という画期的(かっきてき)出来事(できごと)を、『日本書紀(にほんしょき)』を編集(へんしゅう)した当時(とうじ)末法(まっぽう)初年(しょねん)とされていた(とし)()てるためと(かんが)えられる。

しかし、大和(やまと)朝廷(ちょうてい)が、この(とき)(はじ)めて仏教(ぶっきょう)受容(じゅよう)したとは()えない。『日本書紀(にほんしょき)』によると、545(ねん)に、百済(くだら)が、天皇(てんのう)のために丈六(じょうろく)仏像(ぶつぞう)(つく)り、任那(みまな)日本(にほん)()(おく)っている。もしも天皇(てんのう)仏教(ぶっきょう)(きら)っているのなら、このようなプレゼントをするはずがない。だから、545(ねん)段階(だんかい)で、すでに天皇(てんのう)仏教(ぶっきょう)受容(じゅよう)していたということになる。そこで、通説(つうせつ)どおり、最初(さいしょ)仏教(ぶっきょう)受容(じゅよう)(とし)を538(ねん)としたい。

2. なぜ蘇我稲目は突然権力を握ったのか

仏教(ぶっきょう)は、その()(うえ)から(した)へと普及(ふきゅう)した。594(ねん)(ころ)から(おみ)(むらじ)らが(きそ)って(てら)(つく)(はじ)め、7世紀(せいき)になると、朝廷(ちょうてい)下級(かきゅう)豪族(ごうぞく)までが、こぞって一族(いちぞく)(てら)(つく)るようになった。(おお)くの歴史(れきし)()は、こうした仏教(ぶっきょう)日本(にほん)への伝来(でんらい)普及(ふきゅう)当然(とうぜん)のように(あつか)っている。しかし、よく(かんが)えてみると、天皇(てんのう)は、世俗(せぞく)(てき)権力(けんりょく)(しゃ)であっただけでなく、宗教(しゅうきょう)(てき)権力(けんりょく)(しゃ)でもあった。なぜ当時(とうじ)朝廷(ちょうてい)が、伝統(でんとう)(てき)神道(しんとう)本来(ほんらい)対立(たいりつ)するはずの仏教(ぶっきょう)()()れたのか。キリスト(きょう)は、封建(ほうけん)道徳(どうとく)(はん)するという理由(りゆう)で、江戸(えど)時代(じだい)弾圧(だんあつ)された。同様(どうよう)に、仏教(ぶっきょう)拒否(きょひ)されて当然(とうぜん)だったのではないのか。

よく()られているように、仏教(ぶっきょう)受容(じゅよう)(さい)して、物部(もののべの)()輿(こし)は「天皇(てんのう)(ふる)くから天神(あまつかみ)地祇(くにつかみ)(まつ)るべきであって、(ばん)(しん)などを信奉(しんぽう)されるとあらば、神々(かみがみ)(いか)りを(まね)くことは必定(ひつじょう)でありましょう」と()って反対(はんたい)した。しかし蘇我稲目(そがのいなめ)は、「西方(せいほう)諸国(しょこく)信奉(しんぽう)しているのに、()(くに)だけがどうして(そむ)けましょうか」と()()れに意欲(いよく)(しめ)したので、天皇(てんのう)(ため)しに稲目(いなめ)仏像(ぶつぞう)(あた)えて礼拝(れいはい)させることにした。

だが、「大臣(だいじん)蘇我稲目(そがのいなめ)が、仏教(ぶっきょう)信仰(しんこう)賛成(さんせい)したから、日本(にほん)でも仏教(ぶっきょう)普及(ふきゅう)するようになった」というのは、(こた)えになっていない。なぜなら、蘇我(そが)()自体(じたい)が、仏教(ぶっきょう)伝来(でんらい)(ころ)突然(とつぜん)権力(けんりょく)(おもて)舞台(ぶたい)()てきた新興(しんこう)勢力(せいりょく)だからである。

蘇我(そが)()は、物部(もののべ)()大伴(おおとも)()など、由緒(ゆいしょ)(ただ)しい()飛鳥(あすか)(だい)豪族(ごうぞく)とは(ちが)って、氏素性(うじすじょう)がはっきりしない。蘇我稲目(そがのいなめ)は、一応(いちおう)武内(たけうちの)宿禰(すくね)蘇我(そがの)石川(いしかわの)宿禰(すくね)満至(まち)韓子(からこ)高麗(こうらい)稲目(いなめ)という家系(かけい)(つら)なっていることになっているが、武内(たけうちの)宿禰(すくね)以外(いがい)先祖(せんぞ)正体(しょうたい)不明(ふめい)である。葛城(かつらぎ)()巨勢(こせ)平群(へぐり)などの名門(めいもん)始祖(しそ)である武内(たけうちの)宿禰(すくね)祖先(そせん)とすることは、()()がりものがよくやる家系(かけい)粉飾(ふんしょく)(かんが)えられる。

満至(まち)韓子(からこ)高麗(こうらい)といった名前(なまえ)から、蘇我(そが)()祖先(そせん)渡来(とらい)(じん)とする(せつ)がある。蘇我(そが)()起源(きげん)が、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)にあるのかどうかはともかく、蘇我(そが)()が、渡来(とらい)(じん)密接(みっせつ)関係(かんけい)()っていたために海外(かいがい)文化(ぶんか)(あか)るかったことは(たし)かだ。

ともあれ、蘇我稲目(そがのいなめ)には、伝統(でんとう)(てき)権威(けんい)はない。蘇我馬子(そがのうまこ)が、葛城(かつらぎ)子孫(しそん)自称(じしょう)していることから、馬子(うまこ)(はは)、つまり稲目(いなめ)(つま)葛城(かつらぎ)()()くと(かんが)えられるが、当時(とうじ)葛城(かつらぎ)()は、すでに権力(けんりょく)(うしな)っていた。「なぜ伝統(でんとう)(てき)権威(けんい)のない蘇我稲目(そがのいなめ)大臣(だいじん)になることができたのか」ということは「なぜ大和(やまと)朝廷(ちょうてい)は、神道(しんとう)伝統(でんとう)(てき)権威(けんい)否定(ひてい)することになる仏教(ぶっきょう)信仰(しんこう)()()れたのか」と同様(どうよう)に、歴史(れきし)(なぞ)である。

3. 535年の異常気象

この(なぞ)()(かぎ)は、蘇我稲目(そがのいなめ)大臣(だいじん)になった(せん)()元年(がんねん)西暦(せいれき)()うと、536(ねん)における(せん)()天皇(てんのう)(みことのり)(しょく)天下(てんか)(もと)である。黄金(おうごん)(まん)(がん)あっても、()えをいやすことはできない。真珠(しんじゅ)(いっ)(せん)(ばこ)あっても、どうして(こご)えるのを(すく)えようか」にある。『日本書紀(にほんしょき)』は、それまでは豊作(ほうさく)であったと()いている。それなのに、536(ねん)には、一転(いってん)して未曾有(みぞう)寒冷(かんれい)()による(だい)飢饉(ききん)発生(はっせい)したのである。

(じつ)は、(みことのり)()る1(ねん)(まえ)の535(ねん)から翌年(よくねん)にかけての時期(じき)は、世界(せかい)(てき)寒冷(かんれい)()(とし)であった。そのことは世界(せかい)各地(かくち)年輪(ねんりん)データから実証(じっしょう)されている。地域(ちいき)によって()があるが、535(ねん)から(すう)(ねん)場合(ばあい)によっては20(ねん)以上(いじょう)にわたって、年輪(ねんりん)(はば)異常(いじょう)(せま)くなっている。その(あいだ)()がほとんど生長(せいちょう)しなかったのだ。

さらにグリーンランドや南極(なんきょく)氷雪(ひょうせつ)分析(ぶんせき)してみたところ、6世紀(せいき)(なか)ごろの(ひょう)(こう)火山(かざん)噴火(ふんか)痕跡(こんせき)である硫酸(りゅうさん)(そう)大量(たいりょう)にあることが確認(かくにん)された。このことは、火山(かざん)噴火(ふんか)による大気(たいき)汚染(おせん)日光(にっこう)遮断(しゃだん)し、世界(せかい)(てき)気候(きこう)寒冷(かんれい)()をもたらしたことを意味(いみ)している。535(ねん)以降(いこう)異常(いじょう)気象(きしょう)による飢饉(ききん)疫病(やくびょう)人々(ひとびと)(くる)しんだことは、世界中(せかいじゅう)文献(ぶんけん)記載(きさい)されている。

日本(にほん)でも535(ねん)以降(いこう)同様(どうよう)天変地異(てんぺんちい)()き、このために伝統(でんとう)(てき)宗教(しゅうきょう)権威(けんい)(うしな)い、人々(ひとびと)現世(げんせ)利益(りやく)をもたらす(あら)たな信仰(しんこう)対象(たいしょう)(もと)めた。仏教(ぶっきょう)をはじめ大陸(たいりく)先進(せんしん)文明(ぶんめい)(つう)じていた蘇我(そが)()登用(とうよう)された背景(はいけい)には、大和(やまと)朝廷(ちょうてい)未曾有(みぞう)危機(きき)直面(ちょくめん)し、伝統(でんとう)(てき)手法(しゅほう)()()まったことがあったわけである。

ちなみに、仏教(ぶっきょう)そのものは、538(ねん)以前(いぜん)から日本(にほん)でもその存在(そんざい)()られていた。『扶桑(ふそう)略記(りゃくき)』によれば、522(ねん)司馬(しば)達止(だっと)中国(ちゅうごく)(なん)(りょう))から渡来(とらい)し、飛鳥(あすか)坂田(さかた)草堂(そうどう)(かま)仏像(ぶつぞう)礼拝(れいはい)したという。しかしこの当時(とうじ)日本人(にっぽんじん)は、(だれ)仏教(ぶっきょう)信仰(しんこう)しようとはしなかった。(ゆた)かな時代(じだい)には、人々(ひとびと)(あたら)しい宗教(しゅうきょう)()()れようとはしない。

一般(いっぱん)(てき)()って、社会(しゃかい)不安(ふあん)(ひろ)がると、(あたら)しい宗教(しゅうきょう)普及(ふきゅう)したり、宗教(しゅうきょう)改革(かいかく)(おこな)われたりする。バブル崩壊(ほうかい)()日本(にほん)でも、(ひろ)がる社会(しゃかい)不安(ふあん)背景(はいけい)に、様々(さまざま)新興(しんこう)宗教(しゅうきょう)跋扈(ばっこ)した。気候(きこう)寒冷(かんれい)()し、環境(かんきょう)悪化(あっか)すると(あたら)しい宗教(しゅうきょう)()まれると同時(どうじ)に、権力(けんりょく)集権(しゅうけん)()()きる。(あたら)しい宗教(しゅうきょう)は、しばしば(あたら)しく()まれた権力(けんりょく)(むす)()き、やがて形骸(けいがい)()し、腐敗(ふはい)していく。その体制(たいせい)(つぎ)環境(かんきょう)悪化(あっか)危機(きき)直面(ちょくめん)するとまた(おな)じことが()きる。世界(せかい)歴史(れきし)にはこうした現象(げんしょう)()(かえ)されているように()える。

このページをフォローする
私が書いた本

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */