6月 252006
 

試論編に掲載した「聖徳太子とは誰のことか」には読みにくい漢字があるので、振り仮名付き版を五つのページに分割して作成しました。このページは、冒頭の問題提起の節「なぜ聖徳太子の実在は疑われるのか」を扱っています。

image

1. なぜ聖徳太子の実在は疑われるのか

聖徳太子(しょうとくたいし)は、日本(にほん)史上(しじょう)(もっと)有名(ゆうめい)で、(もっと)尊敬(そんけい)されている人物(じんぶつ)一人(ひとり)であり、かつては1(まん)(えん)(さつ)(かお)でもあった。しかし、歴史(れきし)()(なか)には、聖徳太子(しょうとくたいし)実在(じつざい)(うたが)(ひと)(すく)なくない。その急先鋒(きゅうせんぽう)が、大山(おおやま)誠一(せいいち)である。

大山(おおやま)誠一(せいいち)は、

  1. (よう)(めい)天皇(てんのう)(あな)()()間人(はしひと)(おう)(あいだ)()まれた
  2. 601(ねん)斑鳩(いかるがの)(みや)(つく)って、そこに()んだ
  3.  現在(げんざい)法隆寺(ほうりゅうじ)のもととなる(てら)建立(こんりゅう)した

という属性(ぞくせい)()厩戸皇子(うまやどのみこ)厩戸王(うまやどのきみ))の実在(じつざい)(みと)めつつ、その(うまや)()(おう)

  1. 冠位十二階(かんいじゅうにかい)(さだ)めて、門閥(もんばつ)主義(しゅぎ)(はい)し、有能(ゆうのう)人材(じんざい)登用(とうよう)した
  2. 十七条(じゅうしちじょう)憲法(けんぽう)制定(せいてい)して、天皇(てんのう)中心(ちゅうしん)国家(こっか)理念(りねん)道徳(どうとく)提示(ていじ)した
  3. 小野妹子(おののいもこ)(ずい)派遣(はけん)し、(ずい)対等(たいとう)国交(こっこう)(ひら)くことに成功(せいこう)した
  4. 三経義疏(さんぎょうぎしょ)』を述作(じゅっさく)し、蘇我馬子(そがのうまこ)とともに国史(こくし)編纂(へんさん)(おこな)った

という属性(ぞくせい)()聖徳太子(しょうとくたいし)であったことを否定(ひてい)する。(よう)するに、厩戸皇子(うまやどのみこ)実在(じつざい)したが、聖徳太子(しょうとくたいし)実在(じつざい)しなかった。聖徳太子(しょうとくたいし)は、ヤマトタケルと同様(どうよう)に、『日本書紀(にほんしょき)』が捏造(ねつぞう)した、たんなる神話(しんわ)(てき)存在(そんざい)()ぎない。なぜなら、聖徳太子(しょうとくたいし)実在(じつざい)保証(ほしょう)する、信頼(しんらい)()史料(しりょう)(なに)もないからだと()うのだ。

聖徳太子(しょうとくたいし)(かん)する伝説(でんせつ)は、荒唐無稽(こうとうむけい)なものまで(ふく)めて、たくさんある。だが、あらゆる伝説(でんせつ)(もと)となった最古(さいこ)史料(しりょう)は、法隆寺(ほうりゅうじ)金堂(こんどう)薬師(くすし)(ぞう)光背(こうはい)(めい)釈迦(しゃか)(ぞう)光背(こうはい)(めい)中宮寺(ちゅうぐうじ)天寿(てんじゅ)(こく)繍帳(しゅうちょう)銘文(めいぶん)などの法隆寺(ほうりゅうじ)関連(かんれん)史料(しりょう)と『日本書紀(にほんしょき)』の(ふた)つに(かぎ)られる。通説(つうせつ)では、薬師(やくし)(ぞう)は607(ねん)に、釈迦三尊(しゃかさんぞん)(ぞう)は623(ねん)に、天寿(てんじゅ)(こく)繍帳(しゅうちょう)は622(ねん)以降(いこう)の7世紀(せいき)前半(ぜんはん)(つく)られたとされている。もしそれが(ただ)しいとするならば、720(ねん)完成(かんせい)した『日本書紀(にほんしょき)』よりも(ふる)い、したがって(もっと)信用(しんよう)できる史料(しりょう)ということになる。()たしてそうだろうか。

今日(こんにち)法隆寺(ほうりゅうじ)は、現在(げんざい)伽藍(がらん)より(ふる)若草(わかくさ)伽藍(がらん)(あと)発掘(はっくつ)されたことから、厩戸皇子(うまやどのみこ)建立(こんりゅう)したままの姿(すがた)でないと(かんが)えられている。もしも、『日本書紀(にほんしょき)』が(つた)えるように、厩戸皇子(うまやどのみこ)死後(しご)法隆寺(ほうりゅうじ)全焼(ぜんしょう)したとするならば、現在(げんざい)法隆寺(ほうりゅうじ)(ない)にある釈迦三尊(しゃかさんぞん)(ぞう)薬師如来像(やくしにょらいぞう)なども、推古(すいこ)(ちょう)時代(じだい)のオリジナルではないことになる。もちろん、仏像(ぶつぞう)複製(ふくせい)でも、銘文(めいぶん)当初(とうしょ)内容(ないよう)正確(せいかく)(つた)えているのなら、それによって、聖徳太子(しょうとくたいし)実在(じつざい)確認(かくにん)することができる。ところが、薬師(やくし)(ぞう)光背(こうはい)(めい)釈迦(しゃか)(ぞう)光背(こうはい)(めい)天寿(てんじゅ)(こく)繍帳(しゅうちょう)銘文(めいぶん)も、使(つか)われている言葉(ことば)(あたら)しさから、厩戸皇子(うまやどのみこ)時代(じだい)文章(ぶんしょう)とは(かんが)えにくい。

具体(ぐたい)(てき)()うと、薬師(やくし)(ぞう)光背(こうはい)(めい)天寿(てんじゅ)(こく)繍帳(しゅうちょう)銘文(めいぶん)には、「天皇(てんのう)」という称号(しょうごう)使(つか)われている。天皇(てんのう)という称号(しょうごう)最初(さいしょ)使(つか)ったのは、(とう)高宗(こうそう)で、674(ねん)のことである。これが日本(にほん)(つた)わり、689(ねん)飛鳥(あすか)(きよ)()(はら)(れい)において正式(せいしき)採用(さいよう)され、天武天皇(てんむてんのう)(たい)して最初(さいしょ)天皇(てんのう)(ごう)(ささ)げられた。この時代(じだい)(さかのぼ)る、「天皇(てんのう)」の()(しる)した木簡(もっかん)出土(しゅつど)されていない。『(ずい)(しょ)東夷(とうい)(でん)』が(つた)えているように、推古(すいこ)(ちょう)時代(じだい)天皇(てんのう)は、「大王(おおきみ)」と()ばれていたはずだ。釈迦(しゃか)(ぞう)光背(こうはい)(めい)には、「法皇(ほうおう)」という称号(しょうごう)()られるが、これは、「天皇(てんのう)」と仏典(ぶってん)釈迦(しゃか)(あらわ)す「法王(ほうおう)」との合成(ごうせい)()(かんが)えられるので、釈迦(しゃか)(ぞう)光背(こうはい)(めい)天皇(てんのう)(ごう)成立(せいりつ)以降(いこう)()かれたとみなすことができる。

この(ほか)、これら(みっ)つの法隆寺(ほうりゅうじ)関連(かんれん)史料(しりょう)には、「(ほう)(こう)(げん)」のような年号(ねんごう)推古天皇(すいこてんのう)和風(わふう)諡号(しごう)や「東宮(とうぐう)」「仏師(ぶっし)」など、当時(とうじ)使(つか)われていないはずの言葉(ことば)使(つか)われているという(てん)をも考慮(こうりょ)()れると、法隆寺(ほうりゅうじ)関連(かんれん)史料(しりょう)は、『日本書紀(にほんしょき)以降(いこう)成立(せいりつ)したと推定(すいてい)できる。実際(じっさい)、『日本書紀(にほんしょき)』は、これらの史料(しりょう)について、(なに)言及(げんきゅう)していない。

ゆえに、聖徳太子(しょうとくたいし)伝説(でんせつ)最古(さいこ)史料(しりょう)は、『日本書紀(にほんしょき)』ということになる。成立(せいりつ)時期(じき)詐称(さしょう)しているからといって、()かれていることがすべて間違(まちが)いというわけではないが、やはり信憑(しんぴょう)(せい)大幅(おおはば)()ちる。そこで、以下(いか)、『日本書紀(にほんしょき)』を主要(しゅよう)史料(しりょう)として、これまで聖徳太子(しょうとくたいし)偉業(いぎょう)とされてきた1から4までの業績(ぎょうせき)が、本当(ほんとう)聖徳太子(しょうとくたいし)のものであるのかどうかを、検討(けんとう)してみよう。

このページをフォローする
私が書いた本

  8 コメント

  1. 私も聖徳太子が、いたことに疑問を覚えました。

  2. まだ何か聖徳太子について情報でもあったら教えて~~!

  3. 字ばっかりであまり意味がわかりにくかった。
    字は大きくてよかったけど絵もついていたらもっとわかりやすくなると思います。

  4. これは、もともとメルマガに掲載した文だから、画像等はついていません。ところで、最近は、大学の教科書までがイラスト付きになっているようですね。時代の変化を感じます。

    分かりやすい教科書 大学全入時代に対応 イラスト満載、平易な文章 – MSN産経ニュース

    「大学全入時代」に事実上突入し、学力低下が懸念される大学生に対応しようと、イラストを満載し平易な文章で分かりやすく解説したテキストが誕生した。一連のシリーズを発案、監修する渡辺利夫拓殖大学長は「学生の学力に見合った教材が必要だが、実際に使われている入門書は難しい。大学テキスト界に革命を起こしたい」と述べ、既刊の政治学を皮切りに、さまざまな分野で計20冊以上発刊しようと意気込んでいる。

  5. すごいっすね!いい参考になりました。宿題が早~くおっわってしまいました♪ありがとうございましたぁ~♪

  6. 私は、聖徳太子が本当に実在していたと、信じています。

  7. 私も「聖徳太子」に相当する人物は実在したと思います。問題はそれが誰かということです。

  8. 私も聖徳太子はいると思う

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

/* ]]> */