9月 302000
 

よく記憶喪失に陥った(と称する)人が「私って、だぁ~れ?」ととぼけた質問をする。自分の名前まで忘れた人が、「私は…である」という文法形式の方はしっかり覚えているというのは、不思議なものであるが、「私」という言葉の使い方は、生得的ではなく、学習によって習得されるものである。多くの幼児は、自分のことを言及するのに、当初固有名詞を使う。「私」「ぼく」「おれ」といった一人称代名詞は、言語の使い方を学び始めて20ヶ月ほどたってからでないと習得されない難しい言葉なのである。では、私たちは、いつ、どのようにして、そしてなぜ一人称代名詞を使うようになったのだろうか。

image

1.「私」という言葉を正しく使うための条件

この問いに答える前に、「私」という言葉を正しく使える存在者には、どのような条件が必要なのかを考えてみよう。一般に、「私」の指示対象は、この言葉を使う主体であると考えられている。では次のような事例で使われた「私」は、どうだろうか。

ケース1.録音機に「私は録音機です」と吹き込んで、それを録音機で再生させた場合。

ケース2.コンピュータに、語彙と文法規則を与えて、自由に作文させたところ、コンピュータが「私はコンピュータです」という文を作った場合。

ケース3.幼女愛ちゃんが、自分のことを「愛」と呼び、それを見たアメリカ人が、「この子は、自分のことをアイと呼んでいるので、もうIの使い方を覚えたようだ」と誤解した場合。

ケース4.愛ちゃんが、学校で英語を教わり、先生から言われた通り、"I am a girl"と発音した場合。

どの場合も、「私」という言葉が理解されて使われていない。録音機やコンピュータには自己意識がないし、自己意識がない人間も「私」という言葉を正しく使えない。

しかし自己意識があるということは、「私」という言葉を正しく使うための必要条件であっても十分条件ではない。自己意識がある存在者が自己に言及するとき、「私」という人称代名詞を使わなくても、固有名詞を使えば、事足りる。例えば、「私はコンピュータを使っている」という代わりに、「永井俊哉はコンピュータを使っている」と言えば良いのである。

2. 「私」という言葉の特殊性

「私」という人称代名詞は、固有名詞とどう異なるのかを考えてみよう。「永井俊哉」という固有名詞は、話者が誰であれ、たった一つの対象しか指示しない。もちろん「永井俊哉」という名前を持った人間は他にもたくさんいる。しかし「1965年生まれの永井俊哉」というように限定をつけていけば、いくらでも固有化することができる。これに対して、人称代名詞「私」は使う人によって指示対象が異なってしまう。

その意味で、「私」は「今」や「ここ」とよく似ている。「今・ここ」という言葉は、時空上の特殊な一つの点を指示するが、どんな時空上の地点も「今・ここ」でありうるという意味で、普遍的な言葉でもある。もちろん「今・ここ」とは、「私が存在する時空上の点」であるから、「今・ここ」の最も特殊で、かつ最も普遍的という二面的性格は、その都度特殊な人物しか指示しないにもかかわらず、誰もが「私」でありうるという「私」の二面的性格へと還元できる。

3.「私」は「私」を否定するためにある

「私」には、「公」との対比で、エゴイズムを象徴する言葉のようなイメージがある。しかし「私」の指示対象が私的でも、「私」という概念自体は優れて公共的である。「私」という代名詞のおかげで、「自分にとって自分が私であるように、他者にとってその人は私なのだ」と、他者の立場に身を置いて、他者の感情を想像することが可能になる。だから、「私」を正しく使うためには、自己意識があることに加えて、間主観的な想像力が条件となる。

のどが渇いた愛ちゃんが、「愛はジュースが欲しいのぉー」とだだをこねるが、彼女の友人もジュースを欲しがっていて、かつジュースが一本しかないと仮定しよう。「愛はジュースを飲みたい」が「私はジュースを飲みたい」ならば、友人を押しのけて、ジュース一本を全部飲んでしまうことは、他者の立場に立った欲望、「私はジュースを飲みたい」を否定することになる。「私」の普遍性がエゴイズムを論理的自己矛盾へと追いやるのである。愛ちゃんが、「友人は、私と同様に、ジュースを欲しがっている」ということに気が付き、二人で一本のジュースを分け合って飲むとき、愛ちゃんは、はじめて「私」という言葉を理解して使うことができるようになるのである。

読書案内
書名<私>のメタフィジックス
著者永井 均
出版社と出版時期勁草書房, 1986/09
このページをフォローする
私が書いた本

  8 コメント

  1. 「だけど、山盛には今回の話はさっぱり分けわからん。ミゲールは馬鹿だし、英語もしゃべれん。だけど、小吾は、一人称代名詞はそげに難しい文章をあやつらんでも説明できる。」 もし、山盛・ミゲール・小吾を名乗らずに、上の話をしたら、3人の登場人物がいるように感じるはず。しかし「山盛→私」。「ミゲール→おいら」。「小吾→儂」。に置き換えたら、初対面の人間は話の内容はわからずとも、一人の人間が自分のことをしゃべっているのがわかる。よって一人称代名詞は巨大な社会では、便利で有用な手段であり、代名詞すべてに通ずる、自然発生原因だと思う。さらに、ぼくの勝手な想像ではありますが。もし、一人称代名詞のない言語族を念頭に書かれておられるなら、きっとその文明は小さな部族単位か、ごく少数民族ではないでしょうか。

  2. ご指摘の不便さを解消するだけならば、「この+固有名詞=一人称」という文法規則を作ればよいでしょう。つまり、「だけど、この山盛には今回の話はさっぱり分けわからん。このミゲールは馬鹿だし、英語もしゃべれん。だけど、この小吾は、一人称代名詞はそげに難しい文章をあやつらんでも説明できる。」 というよう発言すれば、「一人称代名詞のない言語族」には、発言者本人のことを言っているということがわかるはずです。さらに 「その+固有名詞=二人称」「あの+固有名詞=三人称」と決めれば、すべての人称代名詞を網羅することができます。もちろん代名詞を使った方が、短くてすむから、便利なのですが、「私」という概念の存在理由は、たんなる便利さではありません。

  3. 「この+固有名詞=一人称」の法則で不便さは一発で解消しました。しかし「その+固有名詞=二人称」は同列には扱えないと思います。見知らぬ人間に対しては適用外です。 本題の「私」という概念の存在理由ですが、スペイン語は主語を省いた口語が通常使われます。動詞を人称によって使い分けているから、主語がなくても意志が通じます。例えば一人称であれ二人称であれ、固有名詞も代名詞も必要とせず、「メールを書いている」だけで、事足ります。スペイン語では「私」等の代名詞も「山盛」という固有名詞も使わず、済ませてしまっています。
    「私」と「山盛」の区別がありません。 例えにあった、「愛はジュースを飲みたい」といったケースでも、主語がなくとも、「ジュースを飲みたい」としゃべれば、動詞から誰が欲しているかはわかります。「友人も私もジュースが飲みたい」としゃべるときも、やはり「ジュースが飲みたい」ですが、この二つの「ジュースを飲みたい」は動詞を使い分けることによって、単数形と複数形を表現します。愛ちゃんは自分が飲みたい場合。相手のことも考慮に入れて飲み物を欲する場合。この二つに「私」と「愛ちゃん」の使い分けをする必要はありません。よって、永井さんが仰るように「私」という概念の存在理由は見受けられません。

  4. 見知らぬ相手に呼びかけるときには、「おい、そこの人間!」と言えば、代名詞を使わなくてすみます。私はスペイン語をまったく勉強していないのですが、スペイン語の先祖であるラテン語ならある程度知っているので、ラテン語でお答えいたします。ラテン語の動詞も主語の人称や単複で形が変わるので、理論的には、代名詞の主格は必要ないはずです(主格以外の属格や対格などは必要です)。しかしラテン語にも、普段はあまり使わなかったようですが、一人称主格の代名詞 ego があります。ところで、スペインの幼児は、どうやって、人称による活用の変化を覚えるのでしょうか。やはり、言葉を教えてくれる相手の立場に立って、言葉遣いを模倣するという作業を行っているのではないでしょうか。一人称代名詞(に相当するもの)の習得を通して、間主観的想像力が可能になるという私の主張は、妥当と考えます。

  5. 人称の活用の変化を覚えるのに「私」という代名詞を覚える必要はない。自身につけられた「愛」という固有名詞を使える。もっと柔らかくいえば、難しい「私」の前に「愛」を覚え、それに従って動詞活用の変化を学習できる。 論点がずれてきた。スペイン語では「私」を使わなくても日常過ごせていける。だが、スペイン人も相手の立場に立って物事を考えられる。よって、「私」と「相手の立場に立っての発言」には終始一貫した関連性はない。言い換えれば、「私」であろうと「愛」であろうと、相手の立場に立った発言がスペイン語においては可能である。

  6. 「私」が隠れた主語ならば、動詞は1人称活用になるけれども、「愛」が主語なら、たとえ「愛」本人が使う場合でも、3人称の活用になるはずです。スペイン語ではどうかわかりませんが、ヨーロッパ系の言語ではそれが原則です。自分のことを3人称の固有名詞を使って客観的に記述することは、作家が時々使う手です。しかし仮に、固有名詞が主語でも動詞が1人称活用する言語が存在するとして、話を進めましょう。私が、「一人称代名詞(に相当するもの)」と言ったときの「相当するもの」には、「一人称活用」も含まれます。空集合も集合の一つであるように、主語がない文にもゼロ記号としての主語があります。こじつけと思うかもしれませんが、ソシュールが言うように、言語は示差的で、主語をおくことができるにもかかわらず、主語をおかないということは、積極的な意味合いを持つものなのです。他者の行為を、3人称活用の動詞ではなくて、相手の立場に身を置いて、1人称活用の動詞で記述する言語ゲームにおいて、その人は、ゼロ記号としての一人称代名詞の使い方をマスターするわけです。

  7. スペイン語のしゃべり言葉(前は口語と記述した)は普段主語を省いてしゃべる。主語を省いても動詞の人称活用により、会話中の人称区別を行っている。(文章にするときはちゃんと主語をおく。「私」も「愛」も使う。)最初に「言葉を覚えるのは文章より先」である。よって、スペイン語の動詞活用を覚えるのはしゃべり言葉による。そして、動詞の一人称活用を覚えるのに「私」より先に「愛」という固有名詞を使って覚えられる可能性がある。
    以上のことから、スペイン語では「私」と「愛」の区別を学習せずとも、一人称の会話を日常的に使い始めることができる。(スペイン語の会話では「私」も「愛」の相違を区別せずに会話が成り立っている。)使用方法も間違ってはいない。
    言葉は模倣から始まると永井さんも仰った。その通りである。「私」という単語もまねごとで覚えられる。そこに含まれる深い意味を学習する必要はない。子供は「叔父」と「伯父」の違いを学習せずとも、その人を「おじ」だと覚える。しかも「おじ」の用法に間違いは何も見つけられない。「私」の場合でも「愛」を代用する言葉であって、その言葉の裏に深い意味が、何かあると知るのはもっと後になってからとも考えられる。上記のスペイン語のケースがこれにあてはまる。
    ゼロは日本では小学生でも知っている。しかしゼロの概念をぼくは知らない。大学にでも行かないとわからないそうだ。ゼロはゼロなのだと、とにかく教えられた。「愛」や「私」も覚えたから使っている。その中に含まれる概念は後になって理解できるかもしれないが、その概念を知っていなくてもその言葉を使い、「概念に近い運用方法」を、度重なる体験で学習し、より概念に近づいていける。
    もうひとつ「なすには油粕が良い」と昔からお百姓さんは知っている。しかし「なすの生育には窒素養分が必要であり、油粕が窒素養分を多く含んでいる」という科学的証明を昔のお百姓さんが知っていたとは思えない。実践と経験により修得したものは、当然の事実だったのに、あとから学問上理由をつけられ、肯定された。
    「私」の言葉の概念は、ぼんやりとわかるような気がするが、全体ではどこか違和感があった。私の頭では難しくてややこしかったので、疑問を感じても、論点がずれていたと思う。今、お説を否定する気はない。しかし疑問は今も感じる。なぜなら、「私」のもつ概念を修得し使ったときに、はじめて正しい「私」を使ったことになる。というお説には、上記の理由から感情的に納得できないからです。「私」に概念があるがそれを知らなくても、使用上それは、間違はない。そして間違っていない物を、「正しくない」とはいえない。「正しい」と「正しくないとはいえない」の違い、これが感情的になる原因だとはっきりしました。「私」と「あなた」は表裏一体。あなたがあってこその私。「私」と「あなた」同様のことがいえると思えたが、理解には至りませんでした。

  8. 私は、幼児が言葉を概念的に理解して初めて、その言葉を正しく使えるとは主張していません。本文の最後を読んでいただければわかるように、相手の立場に立つという実践が、理解に先立つのです。山盛さんの議論は、ウィトゲンシュタインの言語ゲーム論によく似ています。言語ゲーム(Sprachspiel)とは、もっと日本語らしく訳すと、言葉遊びのことです。幼児が、ままごとをやるようなロールプレィングを通して、言葉と戯れながら、言葉の意味を理解していく、これが言語の原点だというわけです。論理的自己矛盾の回避というのは、後から概念的に分析すればの話であって、幼児が実際にそうした論理的分析をしているわけではないことは、もちろんです。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Facebook
Facebook
Google+
Google+
https://www.nagaitoshiya.com/ja/2000/first-personal-pronoun
LinkedIn