ラカンの鏡像段階論

2018年8月27日

「竹島の日」制定をきっかけに、韓国人の反日感情が燃え上がった。なぜ韓国の反日活動家は、これほどまでに日本人を嫌い、被害妄想を膨らませるのだろうか。福原泰平の『ラカン―鏡像段階』を手掛かりに考えてみよう。

image

1 : パラノイア的被害妄想

ラカンが、学位論文『人格への関係から見たパラノイア性精神病』で最も多くのスペースを割いて報告しているのが、ラカン自身が自ら診察し、治療した、エメ(仮名)という患者である[1]。エメは、幼少時代、母と親密な関係にあったが、就職と立身出世のため、故郷を離れる。エメは、母の代替物、すなわち鏡像的他者を、寄宿先にいる姉、さらには、職場の同僚で貴族趣味のあるC嬢、C嬢が口にしていた有名女優のZ夫人に求める。

エメは、最初の妊娠をしたとき、C嬢が新聞に悪口を書いたことでおなかの赤ちゃんが殺されるという被害妄想を抱き、実際に死産だったために、C嬢を強く憎しむようになる。小説を出版しようとして断られると、出版社を訴える。さらには、Z夫人が有名な小説家と共謀して、エメのことを小説の中で暴露しているとか、息子を殺害しようとしているといった妄想を抱き、Z夫人をナイフで襲って、逮捕された。

エメの病歴を見てくると、彼女の妄想の対象となる人は、上流階級の贅沢な暮らしをし、魅力的で世間から注目されている人々であり、実は彼女自身が憧れ、そうなりたいと思いながらなれなかった、彼女にないものを与える理想的な位置にある女性たちだったことがわかる。[2]

では、エメは、なぜ憧れの対象である鏡像的他者を憎しみ、殺そうとしたのか。

エメから喪失や解体の恐怖を取り除き、その肯定的感情と統一性を与えてくれた他者への同一化が、今度は逆に彼女が自らの主人たろうとするその権利を不当に奪い、これがエメの目には他者による彼女自身の主人性の略奪と映るのである。

当然、エメは自らの権利を不当に侵されたと訴えはじめ、自己の主人性を奪った他者に攻撃の矛先を向けていく。[3]

エメの妄想は、逮捕から三週間後に消滅する。

2 : 韓国人の日本コンプレックス

2005年03月16日、「竹島の日」をつくる条例案が、島根県議会本会議で採決され、賛成多数で可決、成立した。これに対して、韓国では異様な反日運動が起き、韓国政府は、「独島挑発など日本の行動に対しては、過去の植民地侵奪のと同じ枠内で認識し、対処する」「国際社会において、韓国の立場の大義と正当性を鮮明にし、日本の態度変化を促す」などの、「対日新ドクトリン」を発表した。

もっとも、韓国政府自身は、国際的な「韓国の立場の大義と正当性」にあまり自信がないようだ。

4月10日朝のフジ「報道2001」に出演した聖公会大学日本語学科のヤン教授は盧武鉉大統領の元ブレーンとのことだったが、竹島問題を巡り、元外務大臣の高村正彦から「国際司法裁判所で決着をはかってはどうか」と提案されると、国際的には韓国が不利だから国際司法裁判所に判断をゆだねるつもりはないと明言。[4]

国際司法裁判所で争って勝つ自信がないならば、黙って実効支配を続けた方が賢明なように思えるのだが、なぜだか韓国人の方が日本人以上に騒いでいる。韓国人は、過去に日本に領土を侵害されたという被害妄想を持っており、日本に報復するために、竹島を侵害し、そして、侵害することで侵害されたと訴えているかのようだ。

韓国にとって、日本は、鏡像的他者である。このことは、2005年3月1日に行われた盧武鉉韓国大統領の3.1節記念演説によく表れている。

私は拉致問題による日本国民の憤怒を十分に理解します。同様に日本も立場を替えて考えてみなければなりません。日帝36年間、強制徴用から従軍慰安婦問題に至るまで、数千、数万倍の苦痛を受けた我々国民の憤怒を理解しなければならないのです。[5]

日本が北朝鮮に対して拉致問題を指摘すると、日本も戦前に朝鮮民族を拉致したではないかと応酬する。しかし、鏡像関係はこれだけではない。

日本が戦前行った強制徴用は、北朝鮮が行った拉致とは異なり、当時は自分の国に相当する大日本帝国への奉仕だった。それは、韓国が徴兵制という形で、現在も自国民に対して実施している制度である。また、慰安婦制度は、韓国が主張するほど強制的な制度ではなかったし、朝鮮戦争の頃には、韓国軍も、日帝時代の制度を真似て、慰安婦制度を設けていた [6]

日本の鳥取県議会が「竹島の日」を制定すると、韓国の馬山市議会は「対馬の日」を制定する。石原東京都知事が「三流のやり方」と盧大統領の政治手法を批判すると、李明博ソウル市長は「四流、五流」と言い返す。韓国人は、まるで鏡像のように日本を模倣する。

2004年9月の中央日報による世論調査によると、韓国人が一番嫌いな国として挙げたのは日本で、2位の米国の倍近くあり、最も見習うべき国も日本がトップで、2位の米国の倍以上の割合だった。韓国人は、日本に憧れているのだが、だからこそ、日本人が憎い。韓国は、日本のようなアジア最高の先進国になりたがっているのだが、だからこそ、日本が目障りなのである。

先ほど引用した、エメの症例分析での「エメ」を韓国、「他者」を日本で置き換えてみよう。

韓国から喪失や解体の恐怖を取り除き、その肯定的感情と統一性を与えてくれた日本への同一化が、今度は逆に韓国が自らの主人たろうとするその権利を不当に奪い、これが韓国の目には日本による韓国自身の主人性の略奪と映るのである。

当然、韓国は自らの権利を不当に侵されたと訴えはじめ、韓国の主人性を奪った日本に攻撃の矛先を向けていく。

日本は、朝鮮半島を、清の桎梏から解放し、ロシアの脅威から守り、近代社会へと育て、そして、朝鮮人たちは自らを大日本帝国臣民に同一化しようとした。それが、第二次世界大戦後、日本に同一化できなくなると、日本を攻撃するようになるのである。

韓国人の反日言動は、憧れと憎悪という、相反する感情の複合体(コンプレックス)に基づいているのだが、韓国には、このコンプレックスを表す固有の言葉がある。恨(ハン)がそれである。

理想的な状態、あるべき姿、いるべき場所への「あこがれ」と、それへの接近が挫折させられている「無念」「悲しみ」がセットになった感情が、「ハン」なのである。[7]

面白いことに、盧武鉉大統領の経歴は、エメの経歴とよく似ている。貧しい家庭に生まれ、商業高校を卒業した後、独学で司法試験の勉強をし、判事、さらには弁護士になった。

彼は、突然、金持ちになろうとしたのです。それまでは考えられなかった贅沢な趣味を、彼は始めました。ヨットです。大統領になる前に、たった一度、彼は外国を訪れていますが、それはヨットレースで日本に行ったのです。[8]

盧武鉉大統領の人生は、韓国の歴史そのものを表していないだろうか。

3 : コンプレックスから抜け出すために

加害と被害の区別がつかない鏡像的な関係の中で、韓国人は、被害妄想をパラノイア的に膨張させ、自国の歴史を被害の歴史へと捏造し、そして日本が逆に歴史を捏造していると批判する。日本を攻撃する韓国に対して、日本はどう振舞えばよいのか。

日本人の中には、韓国人の挑発に乗って、感情的な反発をする人もいる。しかし、それでは、韓国人が仕掛ける鏡像的関係に引きずり込まれてしまうだけである。精神分析学では、分析家が、患者の鏡像的他者になってしまうことを転移というが、これは避けなければならない。

分析家がこうしないとき、二人はお互いの鏡像的自我で相手を映しあって対峙することになる。そうなると患者の要求はポトラッチ的にどんどん膨れ上がりエスカレートしていく。そして、両者は鏡像的な誘惑と憎悪の渦巻く情念の中にすっぽりと呑み込まれてしまい、結果、激しくぶつかりあうことになっていくとラカンは注意を喚起する。[9]

韓国人に限らず、コンプレックスは誰にでもある。精神分析学で一番有名なコンプレックスは、エディプス・コンプレックスである。息子は父との同一化を試み、それができないとわかると、父に殺意を抱く。息子をコンプレックスから救うには、自発的去勢が必要である。日本コンプレックスを持っている人に対しても同じ助言をしなければならない。

私は、韓国人の自我に向かって「未来志向の日韓関係」を呼びかける代わりに、韓国人のエスに向かって次のように語りたい。日本コンプレックスに固執する限り、いつまでたっても日本の劣化コピー以上のものになれない。日本など眼中にない独自の発展を遂げる国になって、初めて、韓国は自立した国になれる、と。

4 : 参照情報

  1. Jacques Lacan.
    De la psychose paranoïaque dans ses rapports avec la personnalité. Points (1980/4/1).
  2. 福原 泰平.『ラカン―鏡像段階』. 現代思想の冒険者たち. 講談社 (1998/02). p.42.
  3. 福原 泰平.『ラカン―鏡像段階』. 現代思想の冒険者たち. 講談社 (1998/02). p.44.
  4. 韓国大統領の元ブレーンが仰天発言」. チェ・ゲリラのメッタギリ時事評論. Accessed Date: 4/12/2005.
  5. 「政府報道資料」. Korean Missions Abroad A, Ministry of Foreign Affairs. Accessed Date: 4/12/2005.
  6. 朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表」.『朝日新聞』. 2002/02/23.
  7. あこがれと無念の情動 ハン」. 小倉紀蔵の私家版・韓国思想辞典.『統一日報』. Accessed Date: 4/12/2005.
  8. 櫻井よしこ. “「個人的怨念」で反日左翼路線を突き進む「盧政権」.”『櫻井よしこ オフィシャルサイト』. Accessed Date: 4/12/2005.
  9. 福原 泰平.『ラカン―鏡像段階』. 現代思想の冒険者たち. 講談社 (1998/02). p.81-82.